日本版 ニュースリリース

Japan News






日本シスコシステムズ

8ポートのマイクロ・ハブ「Cisco 1500シリーズ」を発表

August5, 1997
No. 9726


1997年8月5日、日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長 松本孝利、 資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内三丁目2番3号TEL:03-5219-6000 )は、スモールオフィスの拡張に対応可能なマイクロ・ハブ「Cisco 1500シリーズ」を発表しました。

Cisco 1500シリーズ・マイクロ・ハブは、SOHO向けのネットワーク装置で、8ポートの10BaseTイーサネットポートを持つ3種類のハブが用意されます。最大5台までスタックでき、インテリジェント・ハブとの組み合わせでは、1台のハブとして管理可能となります。 また、他のシスコ製の様々なルータとの組み合わせが可能ですが、特にアクセスルータCisco 1600シリーズと組み合わせることにより、小規模オフィス向けに最適なソリューションを提供します。

  • Cisco 1501 --- 8ポートのノンインテリジェント・ハブ。
  • Cisco 1502 --- 8ポートのインテリジェント・ハブで、Cisco 1503と接続してモニタリング、管理が可能。
  • Cisco 1503 --- 8ポートのインテリジェント・ハブで、コンソールポートを通じてのモニタリング、管理、また、CiscoWorks等のネットワーク管理ソフトが使用 可能。
ネットワーク機器にシスコ製品を使用されている多くの企業は、ネットワーク管理者の担当しているハブもシスコから購入したいという希望から、日本市場への販売を開始いたします。

1997年8月5日からの出荷となります。

▲Return to Top
ニュースリリースINDEXへ戻る


Toolbar-jp

All contents copyright (C) 1992--2003 Cisco Systems K.K.