日本版 ニュースリリース

Japan News






シスコシステムズ

インテグレーテッド・ネットワーク社のDSLを買収

August 5, 1997
No. 9725


1997年7月28日、カリフォルニア州サンノゼ発-シスコシステムズはインテグレーテッド・ネットワーク社 (以下INC社)のダガズxDSL事業部門を約1億800万ドルで買収することに最終合意し、 xDSL事業のオプションプランはシスコの株の約23万株(7月25日終わり値79.6875ドルで約1650万ドル相当) との推計を発表しました。

ニュージャージ州ブリッジウォータに拠点を置くINC社は、既存の銅線ケーブルによる電話回線で 高速データ伝送を可能にする製品を提供する広帯域通信網の会社です。
買収条件により、シスコはINC社のダガズxDSL製品、知的所有権、人材、および xDSL関連資産を得ることになります。シスコでは、今回の買収で1998年度第1四 半期決算において1株当たり8~11セントの純利益と推計しています。
 今回の買収は各社取締役会の承認を得ており、Hart Scott Rondino独占禁止法の認可など を含む締結の諸条件は8月中に完了する予定です。

インターネット、グラフィックス多用のウェブサイト、ネットワークによる電子 商取引、テレワーキングと音声統合、ビデオおよびデータサービスなどを利用し た高速データ伝送の需要が急増しているなか、xDSLは既存の電話システムを利用 して、このようなネットワークの活用の高速アクセスを可能にする一方で、公衆 交換電話網には負担をかけることのないテクノロジと言えます。サービスプロバ イダは、xDSLの余裕のあるメカニズムによって帯域幅不足が補われ、多額の費用 を費やさずに新しい高速ネットワークサービスの提供が可能になると考えています。

US WEST Interprise社の取締役社長Joe Zell氏は「NEBSに準拠したxDSLを使用する シスコの端末方式には大きな可能性があります。今日のニュースでも取り上げられ ている加入者リンクテクノロジにより、US Westは新しいxDSLサービスの市場参入 を果たし市場を活性化することができるでしょう。」とコメントしています。
また、GTEコミュニケーションズ社、取締役社長のLewis Wilks氏は「xDSLからダイ アルサービスや、全ての中継点にいたるまで、GTEはシスコ・パワード・ネットワ ークに大きく依存しています。キャリアや構内xDSLプラットフォームへ、シスコが 関ることにより、ビジネスにおいても家庭においても迅速なサービスを行うことが できます。シスコがダガズ事業を買収しxDSLを内部開発すれば、ユーザにはネット ワーク上でキャリアに応じた新しい高速伝送路が提供されることになるでしょう。」 とコメントしています。

このようにして得られた技術により、高密度のDSLセントラルオフィスの集線装置 (Jera)と加入者側ユニット(Thurisa)がシスコ製品のポートフォリオにもたら されます。セントラルオフィスサイトでは、ダガズのJeraがキャリアクラスのxDSL アクセスマルチプレクサ(DSLAM)として機能し、ATMベース・ネットワークへのト ラフィックを高速化してネットワークの輻輳を軽減することができます。
Jeraは高密度音声分割テクノロジによりさらに一歩進み、ネットワークへ流れ込む膨大なト ラッフィクが単一の伝送路に凝集されるようになります。DSLAMは、モデム技術の 標準が決まるまでの投資保護を行うアップグレード可能なラインカードの提供も行 います。

現在、シスコは加入者サイトでxDSLを提供するためのオプションも用意しています。
ダガズは最近、Thurisa xDSLのカスタマの構内デバイスがまもなく使用可能になる こと発表しました。 またCisco 700シリーズでは、世界中にある7億以上の電話回線 を介してLANとほぼ同等の速度で、ネットワーク・アプリケーションとエンドユーザ とを接続することができるxDSLを提供しています。

約30名のダガズ社員はニュージャージで業務を続けた後、最終的にはマサチューセッ ツ州Chelmsfordにあるシスコに移動する予定です。ダガズ社取締役社長兼COOのDev Gupta氏をはじめ全社員が、シスコのサービスプロバイダ・ビジネスラインの副社長 兼ゼネラルマネージャであるKevin Kennedyの統括するNetwork to User Bisiness Unitに移籍する予定です。

INC社について
INCは1985年ベル・システムの幹部により設立され、 音声、データ、およびビデオサービスなどの高度の機能に関してネットワークレベル での研究を行っています。INC社ではダガズ事業部門の収益を利用して、セントラル オフィス製品を供給するネットワークアクセス部門と、Odin3000などのビデオおよび フルサービスネットワーク製品を供給するOdinグループの2部門のための運営費と 財源に当てている。 INC社のダガズxDSL事業では、小規模ビジネスやリモートオフィス、家庭などの市場にまで展開するネットワークで あるLast Mile Networkなどの一連の製品により、広帯域マルチメディアに取り組ん でいます。ダガズの製品によって既存のネットワーク品質が強化されると同時に、 音声、ビデオ、データなどの広帯域マルチメディアの利用をエンドユーザにまで広 げるための、スケーラブルで費用効率の高いメディア独立方式が実現します。

▲Return to Top
ニュースリリースINDEXへ戻る


Toolbar-jp

All contents copyright (C) 1992--2003 Cisco Systems K.K.