日本版 ニュースリリース

Japan News






日本シスコ、

マルチメディア・グループ・プロジェクトの成果を発表

~マルチキャスト、RSVPの普及をめざす~

April 15, 1997
No. 9715


 1997年4月15日、日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長 松本孝利、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内三丁目2番3号TEL:03-5219-6000)は、1996年1月より、日本シスコと日本シスコへの出資パートナ企業を中心としたネットワーク関連企業、および研究機関との間で進めてきました、マルチメディア・グループ・プロジェクトの成果を発表しました。

 このプロジェクトは、インターネットワーキング環境でマルチメディア・データを取り扱うための先端技術について、評価、開発、運用実験を行い、その成果を製品やビジネスに展開していくことを目的としてきました。そうした技術評価および実証実験の結果発表を、日本シスコのプライベートフェアである、Networkers '97 Tokyo + CiscoWaveの会場において、デモンストレーションの形で行います。

 技術評価は、(1)特定のグループに対する同報通信を、ネットワークの帯域を効率よく使って行うマルチキャスト、(2)転送の品質を守るため、ネットワーク上で帯域を確保するRSVP(Resource reSerVation Protocol)、(3)リアルタイム送信におけるタイミングや同期を実現するRTP/RTCP(Real-time Transport Protocol/Real-time Transport Control Protocol)、(4)他地点間データ会議に関するITU-Tの標準であるT.120に関して行いました。

 また、これらの技術を実際の音声通信、情報配信、グループウェア、ゲームのそれぞれの分野で、アプリケーションと組み合わせて、以下の表にある実証実験を行うことによって、効果を確認するとともに、商用としての可能性について検討を行っていきます。なお、当プロジェクトは、本年度末まで続けられます。

プロジェクト テーマ

重点ネットワーク
マルチメディア分野
プロジェクト テーマ
グループウェアの分野
データ カンファレンス
ビデオ カンファレンス

ビデオ会議システム
データ/音声会議システム
情報配信の分野
コーポレート ニュース
教育
オンライン ショッピング
WWW

ビデオの配信システム
ビデオ オン デマンド
サーバーの負荷分散
ゲームの分野
多人数参加ゲーム
音声通信の分野
インターネット電話
インターネット電話
IPネットワーク上での音声技術

プロジェクトメンバーと実験で使用したアプリケーション

グループウェアの分野
ビデオ会議
システム
富士通株式会社
Team WARE Conference
データ・
音声会議
NTTデータ通信株式会社
リモートプレゼンテーション・システム
DataBeam Corp. neT.120
情報配信の分野
ビデオ・サーバー
日本電気株式会社
HYPERMS
株式会社東芝 プロトタイプ
三菱電機株式会社 プロトタイプ
Precept Software Inc. IP/TV
Starlight Networks Inc. StarCast
ファイル送信 StarBurst Communications Corp.
(伊藤忠テクノサイエンス株式会社)
MFTP(Multicast FTP)
音声通信の分野
電話
株式会社日立製作所
Talk Ware
沖電気工業株式会社 BS1100 COMSON
ゲームの分野
ネットワークゲーム
株式会社セガ・エンタープライゼス
慶應義塾大学 中村研究室
プロトタイプ

▲Return to Top
ニュースリリースINDEXへ戻る




All contents copyright (C) 1992--2003 Cisco Systems K.K.