日本版 ニュースリリース

Japan News






日本シスコ、

Fast Hub 100+シリーズを発表

ネットワーク管理機能付 スタッカブルファーストイーサネットハブ

November 27, 1996
No. 9646


1996年11月27日、日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長 松本孝利、 資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内三丁目2番3号 TEL:03-5219-6000)は、 スタッカブル、ネットワーク管理機能付のFast Hub 100+シリーズを発表しました。

Fast Hub 100+シリーズは16ポートの100BaseTXを持つFast Hub116T+と15ポートの 100BaseTX、1ポートの100BaseFXを持つFast Hub116C +があり、16ポートの拡張モ ジュールを挿入する事により最大32ポートまで構成でき、システムの拡張が容易で 最大4台までを積み重ねて使用することができます。

オプションでRMONによるネットワーク管理モジュールを装備することができ、ネット ワーク稼働状況のを監視しネットワークの稼働率を上げます。1台のワークステーシ ョンから複数のFast Hub+シリーズを管理できるのでネットワークの運用コストを抑 えることができます。 Fast Hub+シリーズはネットワーク管理機能にIOS (Internet- working Operating System)を装備しているので、シスコのルータ、LANスイッチ統合 して管理することができます。

▲Return to Top
ニュースリリースINDEXへ戻る





All contents copyright (C) 1992--2003 Cisco Systems K.K.