日本版 ニュースリリース

Japan News






シスコシステムズ、

ベンダー10社とタグ・スイッチング技術の 標準化作業を開始

November 11, 1996
No. 9641


シスコシステムズ(カリフォルニア州サンノゼ、社長兼CEOジョン・チェンバース)は ベンダー10社と共に、急速なるインターネットの普及と企業によるイントラネットの拡大に向け、タグ・スイッチング技術をオープンなIETF( Internet Engineering Task Force ) 標準として規格策定する作業を開始すると11月4日に発表しました。

シスコのタグ・スイッチング技術の業界標準化作業に参加する企業はスイッチベンダー のオプティカル・データ・システムズ(ODS)社、ホワイトツリー社、ATMネットワークカードベンダーのアダプテック社、エフィシャント・ネットワークス社、オリコム社、ネットワーク管理⁄解析ツールベンダーのネット2ネット社、ネットワークゼネラル社、ラドコム社、ビデオ相互接続機器プロバイダーのAGコミュニケーション・システムズ社、NUKOインフォメーション・システムズ社です。

11月6日ボストンにて行われる会合では、これらのベンダーとユーザー企業、そしてサービスプロバイダーが集まり、本年9月にIETFヘ提出されたタグスイッチング技術仕様の草案に基づいて、IETF内にタグスイッチング作業部会の設立を検討し、今後は定例会を行う予定です。

タグ・スイッチング技術は、エンタープライズやサービス・プロバイダーのネットワー クの拡張性を向上させる新しいマルチレイヤー・スイッチング技術です。タグ・スイッ チングは交換網を今日のグローバル・ルーター・バックボーンと同様に拡張しつつ、こ れまで交換網でしか提供できなかった先進的なネットワーク上のトラフィック管理機能 をルーターに提供します。

タグ・スイッチング技術が市場に提供されるのは、Cisco 7500 シリーズ、Cisco LightStream 1010 Campus ATM スイッチ上で97年前期の予定です。なお、Cisco StrataCom BPX WAN ATM スイッチは97年後半の予定です。

IETF に提出したタグ・スイッチング技術仕様の草案は以下のFTPサイトでそれぞれの 提案別に入手可能です。

ftp://ds.internic.net/internet-drafts
draft-rfced-info-rekhter-00.txt (Tag Switching Architecture Overview)
draft-doolan-tdp-spec-00.txt (Tag Distribution Protocol specification)
draft-davie-tag-switching-atm-00.txt (Use of Tag Switching on ATM)
draft-baker-flow-label-00.txt (Use of IPv6 flow label to carry tag)

▲Return to Top
ニュースリリースINDEXへ戻る





All contents copyright (C) 1992--2003 Cisco Systems K.K.