日本版 ニュースリリース

Japan News






日本シスコ

LAN監視システム スイッチプローブを発表

April 10, 1996
No. 9618


 4月10日、日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長 松本 孝利、資本金 22億2千万円、東京都千代田区三番町5番地 TEL.03-5211-2800)は、LAN監視シ ステム SwitchProbe(スイッチプローブ)を発表しました。

 スイッチプローブをシスコスイッチの監視ポートに接続することによりLANスイッチ の稼働状況を監視し、ネットワークの障害対策を行います。

 スイッチプローブにより収集されたデータを元に、障害検出のためのアラーム値を設 定、ネットワークに異常が検出された場合には、ネットワーク管理者に通知を行いま す。ネットワークの障害を局所化しシステム全体の稼働率を向上し、ネットワーク管 理のコストを低減します。また将来のネットワーク拡張、変更に必要な基礎データも 収集できます。

本製品はLAN管理の標準であるRMONに対応しており、対応するLANは10Mbit/秒のイー サネットから100Mbit/秒の高速LAN FDDI、100BaseTXに対応しています。

日本国内出荷開始時期:1996年5月より

プロダクトライン

  • イーサネットモデル
  • トークンリングモデル
  • FDDIモデル
  • 100BaseTXモデル

▲Return to Top
ニュースリリースINDEXへ戻る




All contents copyright (C) 1992--2003 Cisco Systems K.K.