日本版 ニュースリリース

Japan News






シスコ,

LANスイッチ技術と販売で IBMと提携

May 9, 1995 No. 9524

 5月5日,シスコシステムズ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ,社長兼CEOジョン・チェンバース)とIBMは,ワークグループLANスイッチ分野で技術移転、共同製品開発ならびに製品販売を行うことに合意したと発表しました。

 この新しい合意は,1994年10月にシスコ社が買収したLANスイッチベンダー カルパナ社とIBMとの間で1994年に交わされたイーサネットとトークンリングのスイッチング技術の交換および共同開発に関する合意を拡張したものです。この新たな合意は初期の関係の結果に双方が満足したということを反映しています。

 シスコの社長兼CEO ジョン・チェンバースは「企業ネットワーク業界の2つのキーベンダーがこの合意に達したということは、お客様にできるかぎり効率的なスイッチング・ソリューションを提供したいという私どもの思いの現れです。この合意は両社が他ベンダーと築いてきた関係と同様に、両社の現在の製品ラインを充実させるでしょう。」と語っています。

 またIBMのネットワーク・ハードウェア部門の部長、B.J. ジョンソン氏は「私達の開発合意はワークグループLANスイッチ製品のリーダーシップの出現でクライマックスに達しました。この新しい合意は私達のお客様に完全なソリューションを提供するために必要な技術と製品へのアクセスを両社に与えることとなります。」と語っています。

   これまでにシスコとIBMはつぎのような提携関係があります。
 シスコとIBMは,高性能「スパイグラス」チップセットを用いたトークンリング・ルーター・カードの開発に協力し合いました。シスコはIBMのESCONとバスとタグチャンネル技術をライセンスし、コンパチブル・テストにIBMの設備を利用しています。シスコはIBMのAPPNソース・コードをライセンスしAPPN搭載セミナーの活動をしています。シスコはNetView/6000協会の会員で、同プラットフォームのためのシスコワークス・アプリケーションを提供しています。IBMのフィールド・サービス組織はシスコ製品のサポートとサービスをしています。そして最近シスコはIBMカナダ社の関連会社であるセレスティカ社へ大きな生産契約を認めました。

                                     以上


▼本ニュースリリースに関するお問い合わせは,弊社マーケティング本部
 前田・松田(Email info-jp@cisco.com, FAX. 03-5211-2820)までお願いいたします。

▲Return to Top
ニュースリリースINDEXへ戻る




All contents copyright (C) 1992--2003 Cisco Systems K.K.