日本版 ニュースリリース

Japan News






シスコ,LANスイッチ新製品2機種を発表

April 12, 1995 No. 9523


  4月12日,日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長 松本 孝利, 資本金22億2千万円,東京都千代田区三番町5番地 TEL. 03-5211-2800)は, LANスイッチの新製品2機種(Kalpana Prostack EtherSwitch Pro16 およ び Catalyst5000)を発表しました。両製品は,LAN環境のパフォーマンスとワ イヤリングの柔軟性を飛躍的に向上させることはもちろんのこと,ATMやFast Ethernetをサポートし,バーチャルLAN環境をも実現します。

 従来の標準的なLANでは,HUB装置を使ってパソコンやワークステーションなど といった端末装置のIEEE802.3(Ethernet)インターフェースを集線する形が取 られています。しかし,この形態では,10Mbpsという帯域幅をHUBに接続された 端末装置全員で共同利用することになり,パフォーマンスの低下は免れませんで した。

 これに対してシスコLANスイッチは,通信の相手先を瞬時に検出して専用の通 信経路を設定できます。そのため従来LANのHUB装置をシスコLANスイッチに置き 換えるという最小限の投資で,ネットワークのパフォーマンスを飛躍的に向上さ せることができます。

 また,従来LANでは端末の移設・移動のたびに,配線変更を余儀なくされてい ましたが,シスコLANスイッチにはバーチャルLAN機能が内蔵されているため,パ ソコン上のGUIを使って論理的なネットワークトポロジーを変更できます。

 さらにトラフィックの集中するバックボーンネットワークやサーバなどに接続 するための高速LANインターフェースとして,ATM(非同期転送モード)やFast Ethernetなど最新技術をサポートしています。

 今回発表された新製品の仕様はつぎの通りです。

Kalpana Prostack EtherSwitch Pro16
10BASE-T(10Mbps)を16ポートを標準装備。各種モジュールを挿入できる スロットを2つとEtherSwitch Pro16同士を最大8段までスタックする際 に用いる280Mbpsのオプションインターフェースが用意されています。
インターフェースモジュールにはつぎのものが順次用意されます。
 ATM(156Mbps)×1ポート
 100BASE-T(100Mbps)×1ポート
 10BASE-T(10Mbps)×4ポート

8段スタック時の最大構成例は以下の通り。
・10BASE-T×192ポート
・10BASE-T×128ポート+ATM×16ポート
・10BASE-T×128ポート+100BASE-T×16ポート
・10BASE-T×128ポート+ATM×8ポート+100BASE-T×8ポートなど。

出荷開始は95年7月。
価格は未定。

Catalyst 5000
100BASE-T(100Mbps)を2ポートを標準装備。各種モジュールを挿入できる スロットを4つ持っています。インターフェースモジュールにはつぎの ものが順次用意されます。
 ATM(156Mbps)×1ポート
 FDDI/CDDI(100Mbps)×1ポート
 100BASE-T(100Mbps)×12ポート
 10BASE-T(10Mbps)×24ポート
 10BASE-FL(10Mbps光)×12ポート

1台でとれる最大構成例は以下の通り。
・100BASE-T×50ポート
・FDDI/CDDI×4ポート+100BASE-T×2ポート
・ATM×3ポート+100BASE-T×2ポート+10BASE-T×24ポート
・ATM×1ポート+FDDI/CDDI(100Mbps)×1ポート
 +100BASE-T×14ポート+10BASE-T×24ポート など。

出荷開始は95年7月。
価格は\2,729,000より。

シスコは,4月12日づけでつぎの2製品も発表しました。

Cisco 7000シリーズ用Fast Ethernetインターフェースカード
Cisco 7000シリーズ・ルータがLANスイッチやサーバなどと Fast Ethernet(100Mbps)で通信できるようになります。 ポート数が1つまたは2つの二機種があります。 この新しいインターフェースの登場によって,Cisco 7000シ リーズは主要な3種類の高速ネットワーク技術(ATM,FDDI, Fast Ethernet)をすべて同時にサポートできる世界唯一のル ータ装置となりました。
出荷開始は95年6月。
価格は\2,389,000より。

統合ネットワーク監視ソフトウェアCiscoViewとVLAN View
シスコ社のネットワーク管理ソフトウェアCiscoWorksを拡張 して,ATMスイッチからルータ,LANスイッチに至るまであら ゆるインターネットワーク機器の統合管理を行えるようにす るアプリケーションソフトウェア。
・CiscoView:
各インターネットワーク機器をグラフィカル に監視するアプリケーション。
出荷開始は本年中旬。
価格は\454,000より。
・VLAN View:
バーチャルLANの管理を行うアプリケーション
出荷開始は95年7月。
価格は\682,000より。

(注)94年10月,米国Cisco Systems, Inc.はLANスイッチベンダー のKalpana社を買収しました。
これによりKalpanaは,Cisco Systems, Inc.の一事業部である Work Group Business Unitに統合されました。
Kalpanaの名前は今後も製品ブランドとして使用されます。

(注)文中の価格は,すべてメーカー希望小売価格です。

▼本ニュースリリースに関するお問い合わせは,info-jp@cisco.comまでお願いいたします。

▲Return to Top
ニュースリリースINDEXへ戻る


toolbar-jp