日本語版ニュースリリース

シスコ、CCNAを「CCNA Routing and Switching」と改訂し、アソシエイトレベル認定を刷新


シスコ、CCNAを「CCNA Routing and Switching」と改訂し、アソシエイトレベル認定を刷新

今日のネットワークエンジニアに要求されるスキルに対応するため、認定試験とトレーニングを改訂

2013 年 3 月 28 日

米国シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は本日、業務で即戦力となるトレーニング、ベストプラクティス、およびネットワーキングソリューションの最新情報を提供し続けていくため、エンジニア向けのCCNA® 認定を「CCNA Routing and Switching」認定に改訂、そして、シスコアソシエイトレベル認定プログラムを刷新することを発表しました。

この世界に存在するモノの 99 % 以上は、いまだにインターネットにつながっていません。しかし、「Internet of Everything」時代の到来によって、新たな人やモノ、システムがインターネットにつながり、これまで想像すらできなかった様々なことが、もうすぐ実現されようとしています。ネットワークが進化と変化を遂げ、より高度なものになるにつれ、ネットワークエンジニアの職務も変化しています。 今回発表する「CCNA Routing and Switching」認定では、進化する業務に合わせて認定試験およびトレーニングのカリキュラムが改訂され、ネットワークエンジニアが最新のネットワークソリューションを適切に管理するために必要なスキルを提供します。

概要

  • この刷新により、CCNA Routing and Switching、CCNA Voice、CCNA Security、CCNA Wireless、CCNA SP Operations、CCDA などの各トラックに特化したアソシエイトレベルの認定は、現在および将来のネットワーク業務に合致した内容となります。
  • CCENT(シーセント)認定および CCNA Routing and Switching 認定のICND1およびICND2 のトレーニングカリキュラムを改訂し、また、ICND1、ICND2、CCNA の試験も改訂しました。今回の改訂では、トラブルシューティング全般、IPv6 などのテクノロジー、最新版のシスコのルータやスイッチ用ソフトウェアなどが追加されています。
  • アソシエイトレベルプログラムの刷新により、受験者は CCENTと以下いずれかのトラックに合格すると、従来よりも短期間でアドバンスドテクノロジー認定の取得が可能になります。該当する認定試験は、次の通りです。
    • CCNA Security
    • CCNA Voice
    • CCNA Wireless
    • CCNA SP Operations
  • 次の認定を取得するためには、2 つの必須試験を受験し、合格することが必要となります。
    • CCNA Data Center
    • CCNA Video
    • CCNA Service Provider
  • CCDA 認定は、2013 年 10 月 1 日以降は、有効な CCENT 認定を取得していることが認定条件となります。 CCDA の職務要件を満たすためには、ルーティングとスイッチングの基礎知識がますます重要になってきています。

本発表に関するコメント

Learning@Cisco バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャ、ジーン・ベルヴューダン(Jeanne Beliveau-Dunn)
「今『Internet of Everything』という新たな時代が始まろうとしています。これからはすべてのモノがネットワークにつながり、またその処理能力は向上し、ネットワークはさらに優れたものになっていきます。このネットワークが生産性を高め、ネットワークによって必要なサービスが必要な時に提供されます。ビジネスソリューションやネットワークの進化に伴い、それらはより複雑になっています。このため、ネットワークの基礎知識だけではもはや十分ではありません。今日においてネットワークエンジニアは、統合セキュリティ、ワイヤレス、音声機能、データセンター、ビジネスアプリケーションを含むネットワーキングシステムについて理解している必要があります。シスコでは、学習プログラムの水準をトップレベルに高め、可能な限り最高の認定プログラムを提供するよう努めています。 CCNA Routing and Switching 認定の改訂を通じて、今日求められるスキルと知識を受講者に提供し、受講者自身だけでなく所属する組織に対してもさらなる価値を提供いたします」

提供開始時期

英語版新試験と新トレーニングは、2013 年 3 月 26 日から提供されています。認定試験の受験をご希望の方は、シスコの試験提供パートナーである Pearson VUE を通して申込み下さい。トレーニングコースは、シスコ認定ラーニングパートナーが提供します。シスコ認定ラーニングパートナーは、シスコ認定インストラクターのみが講義を行う、シスコ IT トレーニングのための唯一の認定機関です。新試験及び新トレーニングについては、日本語化を予定しており近日中にリリース日を発表致します。

関連リソース

現在提供されている改訂されたアソシエイトレベル認定プログラムおよびトレーニングについては、こちらをご覧ください。

  • 新試験を受験する方々のために、シスコは認定ラーニングパートナーを通じてクラス形式のトレーニングカリキュラムを引き続き提供します。
  • 新しくなった Cisco CCNA Routing and Switching 認定向けの 3 つのセルフスタディ製品が、シスコラーニングネットワークストアでご利用いただけるようになりました。 また、ICND2 v2.0 向けのラボ、模擬試験、および Eラーニングは、2013 年 5 月後半にシスコラーニングネットワークストアからリリースされる予定です。
  • 英語版シスコプレスでは、授業形式またセルフスタディによる試験準備を支援するための、さまざまな正規製品をご用意しております。新しい製品は、以下の通りです。
    • 基礎および認定に関する案内書と電子書籍
    • プレミアムエディションの電子書籍と模擬試験
    • ビデオチュートリアル
    • ネットワークシミュレータ

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1005R)

**当資料は、米国3月26日に発表されたリリースの抄訳に日本独自の情報を追加したものです。
Cisco Evolves Associate-Level Certifications, Redesigns CCNA Routing and Switching Certification to Support Next-Generation Job Roles