日本語版ニュースリリース

西武ドームにおける高密度かつ高品質な「スタジアムWi-Fiソリューション」を活用した新サービス“Lions Wi-Fi”の開始について


西武ドームにおける高密度かつ高品質な「スタジアムWi-Fiソリューション」を活用した新サービス“Lions Wi-Fi”の開始について

「楽しい、便利、共有」をコンセプトに新たなファン体験を実現

2013 年 3 月 26 日

株式会社西武ライオンズ(本社埼玉県所沢市、代表取締役社長:居郷 肇、以下西武ライオンズ)、西武鉄道株式会社(本社埼玉県所沢市、代表取締役社長:若林 久、以下西武鉄道)、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社(本社東京都千代田区、代表取締役社長:小林 忠男、以下NTT BP)、シスコシステムズ合同会社(本社東京都港区、代表執行役員社長:平井 康文、以下シスコ)、および株式会社ミライト(本社東京都江東区、代表取締役社長:鈴木 正俊、以下ミライト)は、西武鉄道所有の西武ドーム(埼玉県所沢市)において、高密度かつ高品質なWi-Fiアクセスを可能とする「スタジアムWi-Fiソリューション」の導入と、それを活用し、来場した観客に対して、西武ドームでしか体験できない様々なコンテンツを提供する新たなサービス“Lions Wi-Fi”を、3月29日のプロ野球公式戦開幕に合わせて提供を開始いたします。

昨今、スマートフォンやタブレット端末の急速な増加とSNS(ソーシャルネットワークサービス)の普及、さらに、写真、動画などビジュアルコンテンツの利用拡大によって、モバイルデータトラフィックが急増しており、これに対応するため、固定・携帯に続く「第3のアクセス」としてWi-Fiが注目されています(注)。特に、大勢の観客が集中するスタジアムにおいては、大容量かつ安定的な接続性を担保することが課題となっています。さらに、その上で新たなファンサービスや体験を提供することで、スタジアムの価値を高め、集客力の向上とさらなる収益向上を図ることが求められています。 このような背景から、今回、西武ドームに、スタジアムに最適化したWi-Fi環境を実現する「スタジアムWi-Fiソリューション」を導入するとともに、Wi-Fi経由による新たなサービス“Lions Wi-Fi”の提供を開始することとなりました。

導入ソリューションの概要および“Lions Wi-Fi”の内容等は以下の通りです。

<導入ソリューションの概要>

「スタジアムWi-Fiソリューション」は、1つ1つの無線LANアクセスポイント(AP)でカバーするエリアを小さくすることでその設置密度を上げ、数万人規模の観客が密集する環境でも快適な通信容量とカバレッジを確保する、スタジアムの環境に最適化したWi-Fiソリューションです。

主な特長は以下の通りです。

  • スタジアム専用設計の狭ビーム幅指向性アンテナにより、狙いを定めたカバレッジを実現
  • 大容量のWi-Fiネットワークを提供することで、観戦体験の向上と 3G/4G モバイルトラフィックのオフロードを円滑に推進
  • 高度な無線リソース管理(RRM)システムにより、高密度Wi-Fi環境下においてもネットワーク全体のパフォーマンスを最適化

<図>

「スタジアムWi-Fiソリューション」に関する詳細はこちらを参照ください。

<“Lions Wi-Fi”サービスの概要>

現在提供を予定している“Lions Wi-Fi”のコンテンツは以下の通りです。今後、お客さまの声なども踏まえ新しいメニューを随時追加していく予定です。

“Lions Wi-Fi”サービスロゴ

なお、本サービス内のCMS(デジタルコンテンツ管理・配信システム)については、株式会社ビーマップ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:杉野 文則)が、「リアルタイム対戦データ」については、データスタジアム株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:加藤 善彦)、並びに株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤 大輔)の協力の下、ご提供させていただきます。

<各社の役割>

西武ライオンズ:スタジアムの運営とファンサービスの提供
西武鉄道:スタジアムの提供とグループシナジーの実現
NTTBP:スタジアムWi-Fiサービスの提供と運用
シスコ:スタジアムWi-Fiシステムの開発と設計
ミライト:スタジアムWi-Fiシステムの設置、運営支援

また、本ソリューションにおいては、NTTBPが提供する共用型公衆無線LANアクセスポイントを採用しており、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの「docomo Wi-Fi」が新たにご利用いただけるようになります。

※ご利用にあたっては、公衆無線LANサービスをご契約していただく必要があります。詳しくは以下をご覧ください。
「docomo Wi-Fi」(株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ)

<今後の展開>

今後、外部ゲーム連携、スタンプ、ルーレット・スロット、アンケート、位置情報サービス、オーダリング、チケット予約・変更といったサービスメニュー追加の他、西武鉄道の各駅と連携したサービス展開等についても検討していきます。

注)「Cisco® Visual Networking Index (VNI) Global Mobile Data Traffic Forecast for 2012 to 2017」によると、世界全体のモバイル データ トラフィックは今後5年間に13倍増加し、2017年には月間11.2エクサバイト(年間134エクサバイト)に達すると推測されています。また、モバイル インターネット需要の拡大に対応するため、モバイル トラフィックを固定/Wi-Fiネットワークにオフロードする手法を模索するサービスプロバイダーが増加しています。 2012年には、モバイル データ トラフィック全体の33パーセント(429ペタバイト/月)がオフロードされました。2017年には、モバイル データ トラフィック全体の46パーセント(9.6エクサバイト/月)がオフロードされる見通しです。

株式会社西武ライオンズについて

1950年福岡にて西鉄クリッパースとして設立、1951年西日本パイレーツを合併し名称を西鉄ライオンズと変更。1979年本拠地を埼玉県所沢市に移転し西武ライオンズとなる。2008年にチーム名を「埼玉西武ライオンズ」に変更。前身の西鉄時代を含め、21度のパシフィック・リーグ優勝、13度の日本シリーズ優勝など、球界を代表する球団として、地域密着とファンから愛される球団を目指します。
http://www.seibulions.jp/

西武ドームについて

1979年西武ライオンズ球場として完成。同年4月14日こけら落とし。1998年客席のみ屋根が完成し、西武ドームに改称。1999年西武ドーム完成。2007年第T期改修工事、2008年第U期改修工事を経て、人工芝張り替え、Lビジョン、ダグアウトテラス、フィールドビューシートを設置。収容人員33,921人。
形状は中堅122m、両翼100m。

エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社について

NTTグループにおける無線LANの戦略会社として、無線LANのエリア拡大にむけた「Wi-Fiインフラ事業」、無線LAN関連のビジネス拡大にむけた「Wi-Fiクラウド事業」及び「Wi-Fi端末・アプリ事業」を通して、ワイヤレスブロードバンドを用いた新しいサービスの創造、実現を目指しています。NTTBPの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.ntt-bp.net

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/jp

株式会社ミライトについて

主に通信インフラ建設分野において、60有余年の歴史を持つ大明株式会社、株式会社東電通の2社は、事業運営におけるシナジーを創出し、これからもお客さまや社会の要請に的確かつダイナミックに応えて行くことを目指して、2012年10月1日、持株会社である株式会社ミライト・ホールディングスの下、株式会社ミライトへと生まれ変わりました。ミライトグループは、その名の由来であります「MIRAI(未来)+IT」が示すとおり、これまで培ってまいりました情報通信設備建設・総合設備事業における確かな技術を礎に、お客さまとともに新しい時代の新しい課題を解決するため、積極的に事業領域の拡大に挑戦し、お客さまのご期待に応える、「総合エンジニアリング&サービス会社」として、明日の社会に向けて貢献してまいりたいと存じます。
株式会社ミライトの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.mrt.mirait.co.jp/