日本版 ニュースリリース

シスコとネットアップ、小規模システム向けインフラソリューション「ExpressPod」の発売開始と、データセンターソリューション「FlexPod」の拡充を発表


シスコとネットアップ、小規模システム向けインフラソリューション「ExpressPod」の発売開始と、データセンターソリューション「FlexPod」の拡充を発表

中堅中小企業のITの効率化と簡素化を実現するExpressPod
FlexPodにストレージ クラスタリング機能とOracle RACへのサポートを追加し、拡張性の高い運用を実現

2012年12月5日

シスコシステムズ合同会社(本社東京都港区、代表執行役員社長:平井 康文、以下シスコ)とネットアップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩上 純一、以下ネットアップ)は、中堅中小企業向けのパッケージ化された事前検証済みソリューションであるExpressPodを発表しました。また併せて、検証済みデータセンター プラットフォームであるFlexPod(注1)アーキテクチャに、FlexPod検証済みソリューションとして新たに「clustered Data ONTAP®」(旧称:Data ONTAP® 8 Cluster-Mode)によるストレージ クラスタリング機能と、VMware環境でのOracle® Real Application Cluster(RAC)サポートを追加したと発表しました。

中堅中小企業向けのインフラ ソリューションであるExpressPod

ネットワーク、ストレージ、コンピューティングの仮想化を導入する中堅中小企業の数はますます増えており、そのような企業向けにパッケージ化された事前検証済みのソリューションがExpressPodです。ExpressPodは、シスコのCisco UCS® Cシリーズ ラック サーバと、NetAppのFAS2220、またはFAS2240ストレージ、Cisco Nexus® 3048スイッチで構成され、低コストで導入が簡単なインフラ ソリューションとして、シスコとネットアップの共同販売パートナーを通じて提供されます。また、ExpressPodは、オープンな管理やハイパーバイザのソリューションをサポートしています。

FlexPodの拡張性、キャパシティ、パフォーマンスを強化

大規模企業が運営するデータセンターをサポートするため、FlexPodアーキテクチャ向けに、VMware vSphere®環境でのネットアップのストレージOS「clustered Data ONTAP」のパフォーマンス検証を実施し、この組み合わせが新たにFlexPod検証済みソリューションとして追加されました。

拡張されたFlexPodの主な特長は以下の通りです。

  • ストレージ機器をFlexPodアーキテクチャに追加するだけで、仮想化環境下のストレージ全体にわたる大規模なストレージ プールを作成することが可能になり、ほぼ無限にストレージ リソースを拡張することができます。
  • プール化されたストレージ リソースをダイナミックに割り当てることができると同時に、割り当てたリソースはマルチテナント環境下でそれぞれが独立しているため、高い安全性を実現します。
  • ネットアップが提供するストレージ クラスタリング機能により、数百におよぶ仮想マシン(VM)でもデータ移行をスムーズに実行できると同時に、稼働しているアプリケーションを止めることなく、負荷分散、システム メンテナンス、デバイスのアップグレードを実行できます。

さらに、シスコとネットアップはOracle RACデータベースをVMware vSphereやvCenter™で仮想化している企業向けに、導入事例資料などの検証済みアーキテクチャに関するサポートを提供します。Oracle RACは、VMware環境でのFlexPod検証済みソリューションとして、安全性の高いマルチテナント、アプリケーションとデータの機動性、統合的なデータ保護、自動プロビジョニングなどの機能を備えています。これらの機能を通じて、より少ない作業時間とスペースで大量のデータベースを管理できる、事前検証済みの仮想化ソリューションを提供します。

2012年11月でFlexPodは発表から2年を迎え、現在では35カ国で1,600以上の組織がFlexPodを活用してクラウド基盤への移行を加速しており、さらに多くの顧客がストレージ クラスタリング機能による革新的なメリットを高く評価しています。

チャネル パートナーへのサポート

シスコとネットアップは、ExpressPodの取り扱いを希望するパートナーが、中小規模の顧客向けにコンサルティングを実施するためのサポートを提供します。シスコとネットアップから、わかりやすい導入ガイドやトレーニングに加え、業界最高水準のサポート、マーケティング、顧客の要望に沿った資料などのサポートが提供され、パートナーは世界中のIT担当者にこのインフラ ソリューションを提案し、構築を行うことができます。パートナー向けのExpressPodの導入ガイドは現在利用可能です。詳細は、シスコまたはネットアップの販売パートナーまでお問い合わせください。

今回のExpressPodの提供開始に対して、パートナーより以下のコメントをいただいています。

株式会社ネットワールド 代表取締役社長 森田 晶一様:
「ネットワールドは、このたびのExpressPodの発表を歓迎いたします。仮想化環境を導入する企業はその規模や業種を問わず拡大しています。パッケージ化された事前検証済みの仮想化基盤であるExpressPodは、特に中小規模のシステム向けに低コストかつ簡単に導入できるインフラ ソリューションとして、幅広く受け入れられると確信しています。ネットワールドは、多くのFlexPod導入の経験を活かし、引き続きシスコシステムズおよびネットアップとのパートナーシップを通じて、パートナー様のご支援とユーザー様のITシステムの効率化と簡素化をトータルにサポートするとともに、さらなるメリットを提供します」

注1) FlexPodについて

  • FlexPodソリューションは、Cisco UCSコンピューティング プラットフォーム、シスコのネットワーク スイッチ、およびData ONTAP® ソフトウェアが動作するNetAppユニファイド ストレージ システムが採用されています。
  • FlexPodは、ネットワーキング、コンピューティング、ストレージを組み合わせて共有インフラストラクチャにまとめた、事前テスト済みのアーキテクチャ設計であり、導入の迅速化やリスクの軽減、所有コストの低減に役立ちます。
  • FlexPodは、顧客やパートナーがクラウドへの移行を迅速化・簡素化するために役立つ各種のアプリケーションやワークロードをサポートしています。柔軟性と拡張性に優れたこの共有インフラストラクチャは、導入リスクを低減し、データ センターの効率性を高め、柔軟性ある共有インフラストラクチャを構築できるように事前検証されています。
  • シスコとネットアップは、パートナー各社がFlexPod事業の加速でさらに成果を上げられるよう、事業発展と利益拡大、顧客の成功支援に役立つ幅広いトレーニングの提供でパートナー各社と協力しています。

関連リソース

  • ExpressPod [写真] :シスコとネットアップの共同販売パートナーを通じて本日より提供を開始いたします。詳細については、こちら [英語] をご参照下さい。
  • FlexPodに関する詳細
  • FlexPodソリューション販売パートナーの詳細に関しては、こちら [英語] をご覧ください。
  • FlexPod向けストレージ クラスタリング機能(clustered Data ONTAP):2012年内に提供開始予定です。
  • Oracle® Real Application Cluster(RAC)サポート:Oracle® Real Application Cluster(RAC)サポートは、現在利用可能です。

ネットアップ株式会社について

ネットアップは、優れたコスト削減を実現し企業競争力を高めるストレージ製品とデータ管理ソリューションを提供する米NetApp, Inc.の日本法人です。製品、ソリューション、サービスの詳細に関しては、www.netapp.com/jpをご覧ください。

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*NetApp、NetAppロゴ、Go further、fasterは、米国および他の国におけるNetApp, Inc.の登録商標です。その他全てのブランド名や製品名は、それを所有する企業の商標または登録商標であり、法律によって保護されています。

**Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1005R)