日本版 ニュースリリース

KDDI、KDDI研、シスコ、新映像配信ビジネス開発に向けた共同技術トライアルを実施


KDDI、KDDI研、シスコ、新映像配信ビジネス開発に向けた共同技術トライアルを実施

急増する映像トラフィックに対応するネットワークの最適化を推進

2011 年 1 月 31 日

KDDI株式会社(代表取締役社長:田中 孝司、住所:東京都千代田区飯田橋、以下 KDDI)、株式会社KDDI研究所(代表取締役所長:秋葉 重幸、住所:埼玉県ふじみ野市大原、以下 KDDI研)、シスコシステムズ合同会社(代表執行役員社長:平井 康文、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は、急増する映像トラフィックに柔軟に対応するネットワークの構築および新たな映像配信ビジネス開発に取り組むため、2011年2月1日から3月15日まで共同技術トライアルを実施します。

近年、YouTubeTMを代表とする動画共有サイトや、インターネット放送、オンデマンド型動画視聴サービスなどの普及に伴いインターネットにおける映像トラフィックが著しく増加しており、シスコでは、2014年までに映像トラフィックの割合は世界のコンシューマ IPトラフィックの91%以上になると予測しています(注1)。 また、スマートフォンやタブレット端末などの急速な伸びやGoogle TV、Apple TVなどによるTVとインターネットの融合と相まって、今後、インターネット上の映像トラフィックの増加がより一層加速するものと考えられています。通信事業者にとって、このような爆発的な増加傾向にある映像トラフィックに柔軟に対応して、お客様へ効果的に映像を配信することが、重要かつ緊急な課題となっています。

このような課題解決のため、シスコは、増加する映像トラフィックに柔軟に対応できるインテリジェントなIPネットワークとしてメディアネット(注2)を構築し、KDDIとKDDI研は、映像をより効果的にお客さまに配信する新しいビジネスモデルを検討しています。今回は、これら取り組みの一環として、3社が協力し、次にあげる技術トライアルを共同で実施します。

トライアルの概要

2月1日から3月15日まで、実際のユーザの利用環境を想定し、東京および大阪で、今後普及が見込まれるアンドロイドOSのタブレット端末を使用して、テレビを見ながら関連情報、蓄積映像、ストリーミングなどをセカンドディスプレイ(PC、タブレットなど)で楽しむシーンを設定した技術トライアルを実施します。

本トライアルでは、コンテンツ配信システムとしてCisco CDS(Content Delivery System)、サーバプラットフォームにCisco UCS(Unified Computing System)を利用し、ビデオプラットフォームやポータル、トラフィックおよび視聴分析ツールなど複数の機器を組み合わせた実験環境を構築します。また、KDDI研が開発したブラウザ連携技術により、コンテンツ配信者が設定した任意のタイミングで、テレビ放送の関連情報をセカンドディスプレイのブラウザ上に表示させます。本トライアルにより、インターネット上の様々な環境変化(コンテンツ/端末/帯域増など)を踏まえた上で、放送事業者をはじめとするコンテンツプロバイダーからお客さまへより効果的に映像を配信する新たな映像ビジネスを検討するのに必要なノウハウの蓄積を行うとともに、コンテンツの特性に応じた最適なコンテンツ配信、運用手法の確立とそれによるネットワークに与える影響を検証します。

トライアルのイメージ

KDDI共同トライアルイメージ1

KDDI共同トライアルイメージ2

本トライアルの結果を受けて、KDDIは、増加傾向にある映像トラフィックに柔軟に対応できる国内外における最適なコンテンツ配信ネットワークの構築を目指し、さらにこのようなスマートなネットワークを活用し、コンテンツプロバイダーと連携するための仕組みの構築と新しい映像配信サービスの事業化への検討を進めていきます。また、移動通信・固定通信の両方を併せ持つ、総合通信事業者であるKDDIならではの強みを生かし、マルチスクリーンサービスや、映像配信ネットワークのホールセール、他事業者との連携を含めたグローバルでのビジネス展開を視野に入れ、将来に向けた事業強化と新たな価値創造を行っていきます。

※「YouTubeロゴ」と「YouTube」は、米YouTube,LLCの商標です。

(注1) 出典:Cisco Visual Networking Index (VNI):Cisco VNIは、全世界のIPネットワークの成長と利用状況を予測し、分析することを目的とした、シスコの継続的な取り組みです。
Visual Networking Index

(注2)メディアネット:シスコは、リッチメディアに最適化した次世代のIPネットワークとして「メディアネット」を提唱し、関連製品やソリューションの開発、強化を行う一方、世界中の通信事業者とともに、メディアネットの実現に向けた活動を実施しています。
メディアネットについて

KDDI株式会社について

KDDI株式会社は移動通信・固定通信の両方を併せ持つ、総合通信事業者として、時代の変革をリードする企業を目指しています。個人のお客さま向けには「au」ブランドのもと、移動体通信(au携帯電話)事業と固定通信(ブロードバンド・インターネット/電話)事業を展開し、FMBCの実現に貢献しています。また、法人のお客さまには、FMBCネットワークからデータセンター、アプリケーション、セキュリティ対策まで全てのICT領域でサービスを提供し、ビジネスを強力にサポートしています。KDDIは、あらゆるサービスにおけるお客さま満足度名No.1に挑戦するとともに、持続的な成長を遂げていくため、事業基盤の強化を図りつつ、KDDIならではの新たな価値創造へチャレンジしていきます。
KDDIの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.kddi.com

株式会社KDDI研究所について

KDDI研究所はKDDIグループの研究開発の中核として、次世代ネットワークや超高速無線伝送技術、セキュリティ、アプリケーション、固定・モバイル通信から放送までを融合・連携したFMBC技術といった幅広いテーマで情報通信技術の研究開発を進めています。お客様が意識せずとも、安心・安全・快適な生活ができる新たな「アンビエント社会」の実現を目指して創造への挑戦を続け、最先端の技術を提供していきます。KDDI研究所の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.kddilabs.jp/

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)

お問い合わせ