日本版 ニュースリリース

シスコ、ExtendMedia社買収を発表


シスコ、ExtendMedia社買収を発表

米国シスコ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下 シスコ)は本日、株式非公開企業のExtendMedia社を買収する意向であることを発表しました。ExtendMediaは、メディアの有料化と広告利用のビジネスモデルを通してビデオコンテンツのライフサイクル全体を管理する、ソフトウェアベースのコンテンツ管理システム(CMS)を提供するリーディング プロバイダーです。マサチューセッツ州ニュートンに本拠を置き、社員の大多数がカナダのトロントに勤務しています。ExtendMediaの買収により、シスコは、サービスプロバイダーが市場のIPビデオへの移行に合わせてマルチスクリーン サービスを提供できるようサポートすることが可能になります。

「ビデオ市場の移行が進み、消費者のマルチスクリーンへの期待度が高まる中、サービスプロバイダーは充実したユーザ エクスペリエンスを提供するために、ビデオを管理しあらゆるデバイスに配信できるインフラストラクチャの強化を図っています。ExtendMediaの買収により、サービスプロバイダーがよりインタラクティブでパーソナルなエクスペリエンスを提供し、ユーザが動画を見るためのデバイス環境を最適化することが可能になり、IPビデオ サービス配信におけるシスコのポジションが強化されると期待できます」と、シスコのサービスプロバイダー ビデオ テクノロジー グループ担当シニア バイスプレジデント兼ジェネラル マネージャ、エンリケ・ロドリゲスは述べています。

今回の買収により、IPネットワーク経由のマルチスクリーン ビデオ配信の複雑さについて知識のある有能なソフトウェア チームがシスコに加わることになります。ExtendMediaのCMSソフトウェアは、シスコの既存のIPビデオ製品に統合され、シスコの次世代ビデオ アーキテクチャのコア コンポーネントとなります。シスコはExtendMediaと協力して、あらゆるデバイスから、あらゆるネットワークを使って、あらゆるコンテンツにアクセスできるようにすることで最高のコンシューマ エクスペリエンスを提供する、次世代のエンドツーエンド アーキテクチャを導入できるようサービスプロバイダーを支援していきます。

今回の買収に関わる金銭的条件は非公開となっています。ExtendMediaの買収は、標準的な完了条件に従い、シスコの2011会計年度上半期中に完了する予定です。買収契約の締結にともない、ExtendMediaチームの大部分はシスコのサービスプロバイダー ビデオ テクノロジー グループに、またセールス アンド プロフェッショナル サービス チームはシスコのセールス アンド アドバンスド サービス組織に統合される予定です。

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)
**当資料は、2010年8月26日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。
Cisco Announces Intent to Acquire ExtendMedia

お問い合わせ