日本版 ニュースリリース

人事についてのお知らせ


人事についてのお知らせ

シスコシステムズ合同会社(アジア パシフィック アンド ジャパン シアタープレジデント:エザード・オーバービーク、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は本日2010年8月18日付けで、平井 康文(ひらい やすふみ)がシスコシステムズ合同会社 代表執行役員 社長に就任したことを発表しました。

平井は、2008年3月にシスコに入社し、副社長としてエンタープライズ、パブリックセクター、およびミッドマーケット事業部門を統括し、ボーダレス ネットワーク、コラボレーション、仮想化におけるアーキテクチャの重要性を市場に提唱する取り組みを力強く主導してきました。

この新たな職務を担い、シスコの日本におけるプレゼンスをさらに高めることができるリーダーとして、平井は適任だと言えます。平井の日本市場とビジネス需要に関する豊富な経験は、革新的なビジネス&テクノロジー アーキテクチャを通してトータルICTソリューション プロバイダーとしてのシスコの役割をさらに強固なものにする上で役立つことでしょう。平井新社長のもと、シスコは今後も新しい事業機会の開拓に努め、お客様の成功を支援すべく、たゆまぬ努力を続けていく所存です。

平井は今後もエザード・オーバービークに業務報告をします。オーバービークは現在、アジア太平洋地域(アジア パシフィックシアター) 並びに日本地域(ジャパン シアター)をプレジデントとして統括しており、急成長を続けるアジア地域での事業強化、ならびにアジア地域と日本市場との連携の強化に力を注いでいます。

シスコ入社以前、平井は、マイクロソフト株式会社で執行役専務としてエンタープライズビジネスを担当していました。また日本アイ・ビー・エム株式会社では20年間にわたり経営戦略、通信産業事業、ソフトウェアグループなどのマネージメント職に携わり、IBMのニューヨーク本社にも勤務していました。

シスコの各事業を統括している責任者(副社長 以上)は引き続き以下の通りです。

堤 浩幸(つつみ ひろゆき)は、2004 年 1 月にシスコに入社し、2009年より副社長として、サービスプロバイダー事業を統括しています。通信事業や放送事業を中心とした日本のサービスプロバイダーのお客様に向けたソリューションを提供しています。引き続きエザード・オーバービークへレポートし、役職および職責に変更はありません。

安田 誠(やすだ まこと)は、2008年にシスコに入社し、副社長として、パートナービジネス事業を統括し、パートナー企業とのエコシステムを構築し、高度なネットワークソリューションを提供することで、中堅中小企業のお客様も支援しています。引き続きワールドワイドチャネル率いるキース ・グッドウィンへレポートし、役職および職責に変更はありません。

2010年8月18日現在のシニアリーダーシップチーム(常務執行役員 以上)は以下の通りです。

1. 新任 (2010年8月18日付)(カッコ内は前職)

代表執行役員 社長:平井 康文(ひらい やすふみ)
(エンタープライズ&コマーシャル事業担当 副社長)

専務執行役員:岩崎 明(いわさき あきら)

シスコシステムズ合同会社 (2010年8月18日現在)

代表執行役員 社長:平井 康文

副社長:堤 浩幸

副社長:安田 誠

専務執行役員:石本 龍太郎

専務執行役員:入江 仁之

専務執行役員:岩崎 明

専務執行役員:徐 輔光

専務執行役員:木下 剛

専務執行役員:富田 泰正

常務執行役員:斎藤 英明

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)

お問い合わせ