日本版 ニュースリリース

三機工業とシスコが共同でビルの第4のインフラを提供


三機工業とシスコが共同でビルの第4のインフラを提供

統合ネットワークでビルの資産価値向上

2010 年 2 月 25 日

三機工業株式会社(社長:有馬 修一郎、住所:東京都中央区、以下三機工業)とシスコシステムズ合同会社(社長:エザード・オーバービーク、住所:東京都港区、以下シスコ)は、IPによりBA環境を統合し、IT環境を含めた統合ネットワークを、空調・給排水・電気に続く第4のインフラとして提供する事業を共同で取り組むことに合意しました。

三機工業は情報通信事業を含めた総合エンジニアリング会社であり、永年培った建設設備工事や、省エネルギーのノウハウと、シスコが保有するネットワーク技術を融合することで、建設・運用コストの削減や省エネを実現し、さらなる顧客満足度の向上ならびに新たな市場開発を図ります。

近年、ITは建築設備においても重要な基盤となっており、コストの削減や運用性能向上、テナント向けサービスの拡大といった新たな価値の創造が期待されています。

また、不動産業界では、供給過多などからビルのテナント空室率が上昇している一方、入居テナントからは、付加価値の高いビルに入居したいというニーズが強くなっています。さらに、温室効果ガス低減を目指すグローバルな取り組みの広がりや、環境に対する意識の高まりから、それらに配慮したビルに入居するテナントが増加傾向にあります。

今回、両社が提供する統合ネットワークは、両社の得意分野を融合した「第4のインフラ(注1)」と位置づけており、ビルの基本設備として組み込まれます。これは、ビル設備をIPで統合するとともに、IT環境で展開するシステムや、管理アプリケーションと省エネアプリケーションを統合することで、さらなる省エネルギーを実現するソリューションなど、環境対策、生産性向上といった付加価値を創出し、建物の効率化を実現します。これら新しいインフラの価値をビルオーナーやテナントに提供することを目的としています。

三機工業は、建設設備業界での幅広い実績とともに、情報通信分野を含め、設備全般の技術や省エネルギー対策のノウハウを保有している総合エンジニアリング企業です。また、シスコは、不動産において新しい資産価値を生み出す、「シスコ・コネクテッド・リアルエステート」を提唱しており、生産性の向上 、安全性の確保、コスト削減、環境対策につながるソリューションを提案しています。三機工業とシスコでは、両社の強みを融合させた今回の統合ネットワークにより、従来の設備毎にネットワークを構築した場合にかかるイニシャルコストと比較して、約50%の構築コストの削減を実現、また、同時に省エネソリューションを導入することによって、オフィスで消費する情報機器の電力量も約30%削減できると試算しています。

三機工業は、今後、シスコと協力し、ビルの新築およびリニューアル工事をメインマーケットとした事業展開を図っていくとともに、建設業界に新たな市場を創出し、日本経済活性化の一端を担うことができるよう、社内に新たな組織を編成し、統合ネットワーク事業の推進体制を強化していく予定であり、24時間対応の保守体制はすでに整備しています。

現在、統合ネットワークならびに関連するソリューションによる受注を目指して、不動産業界のお客様や、生保、損保といった金融業界のお客様へ営業を開始しており、具体的な案件で提案をおこなっております。三機工業では、初年度においては約10億円、3年後の2012年度では50億円の受注を目標にしています。

(注1)第4のインフラとは
従来、設備毎に構築されていたネットワークを統合し、空調、給排水、電気に続き統合ネットワークを第4のインフラと位置づけています。オフィスビルやホテル、学校、病院などの建物において、ビルシステムをIPで統合しIT環境を整備します。音声やビデオ、データ通信ばかりでなく、照明や空調、監視カメラ、セキュリティーゲートへのアクセスを一つのネットワークで管理できるようにするものです。

コンセプト概要

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)

お問い合わせ