日本版 ニュースリリース

近畿大学、学内クラウド環境に Cisco Unified Computing Systemを採用


近畿大学、学内クラウド環境に Cisco Unified Computing Systemを採用

2010 年 1 月 29 日

シスコシステムズ合同会社(社長:エザード・オーバービーク、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は本日、学校法人近畿大学(学長:畑 博行、住所:大阪府東大阪市小若江、以下 近畿大学)が2010年4月に新設する「総合社会学部」の学内クラウド環境の構築ならびに教育研究基盤に、仮想化クラウド コンピューティングの基盤となるCisco Unified Computing System(以下 Cisco UCS)が採用されたことを発表しました。Cisco UCSを中心としたシステムの構築は、株式会社トーエネック、西日本電信電話株式会社 大阪支店と伊藤忠テクノソリューションズ株式会社が行います。

近畿大学では、2010年4月に「総合社会学部」(定員450人)を本部キャンパス(東大阪市)に新設します。総合社会学部は、多様な視点から現代社会が直面する課題に取り組み、自然科学と社会科学の双方の視点で、豊かな知識と行動力で新しい社会システムを構築できる人材を育成することを目的としています。文系・理系の学部や学科の枠を超え、蓄積されたノウハウを活用し、複合的に再集結させた社会貢献できる大学教育の新たな学びの場として、多様な学問分野の研究を集結します。総合社会学部は、総合社会学科のもとに「社会・マスメディア系」「心理系」「環境系」の3専攻を置く、1学科3専攻制としています。

近畿大学では、全学のITインフラに対する投資サイクルを10年と設定し、次期のITインフラおよび今回の総合社会学部の新設では、仮想化技術導入構想のプラットフォームの構築を検討していました。具体的には、総合社会学部のコンピュータ端末185台を対象に、Netboot型システムを採用し、柔軟にPC環境の入れ替えが行える教室システムの構築や汎用的な機能を、リソースを有効活用できる仮想化技術の上で構築するなど、仮想化環境に適したネットワークシステムで柔軟な管理、効率性を重視したソリューションの導入を検討していました。そして、これらを可能にする仮想化クラウド コンピューティングのプラットフォームとしてCisco UCSを中心にしたシステムの採用が決定、同システムは、2010年4月より本格稼動します。

Cisco UCSは、IEEEやANSIなどの業界標準のテクノロジーをベースに設計されており、サーバ、ネットワーク、ストレージ アクセスなどのクラウド コンピューティングに必要なリソースを1つのシステムとして統合管理できる次世代プラットフォームです。また、Cisco UCSは、ITインフラストラクチャのエネルギー効率の向上、コスト削減、システムの複雑性の低減、設備資産の耐用年数の延長、スケーラビリティおよび将来に向けたビジネス アジリティの向上を支援する次世代型のデータセンター システムであり、中長期なビジョンに基づいたアーキテクチャである点が、近畿大学で採用された大きな理由です。今回導入される近畿大学のシステムでは、ブレード サーバ シャーシCisco UCS5108とファブリック インターコネクトとしてCisco UCS 6140、ならびにSANスイッチとしてCisco MDSが採用されています。

近畿大学では、総合社会学部での教育システムの稼動に加え、今後も学内の教育システム、および事務系システムを効率化するため、Cisco UCSを含めたシステムを順次展開する予定です。

学校法人近畿大学について

近畿大学は、大正14年(1925)創立の大阪専門学校と昭和18年創立の大阪理工科大学を母体として昭和24年に設立された、80有余年の歴史をもつ私立総合大学です。西日本では最大規模の学校法人で総在籍者は5万2000人余り。幼稚園から大学院まで幅広く運営しているほか、3つの附属病院も運営しています。大学は2010年4月に新設となる総合社会学部により12学部となります。
近畿大学の概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.kindai.ac.jp/

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)

お問い合わせ