日本版 ニュースリリース

住商情報システム、クラウド基盤サービスにCisco Nexusを採用


住商情報システム、クラウド基盤サービスにCisco Nexusを採用

高信頼性かつ大規模な仮想ネットワークインフラ、FCoE活用によるI/O統合を実現

2009 年 11 月 26 日

シスコシステムズ合同会社(社長 兼 最高経営責任者:エザード・オーバービーク、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は本日、住商情報システム株式会社(代表取締役会長兼社長:中井戸 信英、住所:東京都中央区晴海、以下SCS)がサーバ仮想化製品であるVMware上で構築したSAP®アプリケーションを低コストで運用するシェアード型サービス、SAPユーザ向け「クラウド基盤サービス」を展開するためのネットワーク基盤に、Cisco Nexus 7000と、FCoE(Fibre Channel over Ethernet: ファイバーチャネル オーバー イーサネット)をサポートするCisco Nexus 5000、およびCisco Nexus 2000を採用したことを発表しました。

SAPユーザ向けクラウド基盤サービスは、従来のハウジングやホスティングと異なり、データセンターに用意された仮想環境上に、SAPアプリケーションの稼働環境を構築し、サービスとして提供するもので、ユーザ側でインフラとして必要なサーバ・ストレージを用意することなく、VPNや専用線によってデータセンターと接続し、SAP環境の利用を可能にするものです。これにより、従来必要な開発環境やテスト環境、移行のための検証環境などのサーバや本番環境を自前で用意することなくサービスとして利用することができます。さらに、本環境を災害対策用の環境として活用することが可能であり、現在使用している環境のバックアップとしての利用も想定しています。

SCSは、2001年より、高度なセキュリティを備えた高付加価値型データセンターとして、「netXDC」を国内複数箇所に展開しています。今回のSAPユーザ向けクラウド基盤サービスは、本データセンターに新たに構築した仮想環境を共有する形でご提供するXaaS(X as a Service)型のサービスです。

SCSでは、今回のシスコ ソリューション採用メリットとして、以下の点を挙げています。

基幹業務システムのネットワークインフラに必要な高信頼性
Cisco Nexus 7000は単一障害のないハードウェア設計により信頼性が極めて高く、オペレーティングシステムのバージョンアップなどのメンテナンス時もサービスを止めることなく、業務の継続が可能であり、ミッションクリティカルな基幹業務システムであるSAPアプリケーションに高信頼性のネットワークインフラを提供することが可能になります。

大規模な仮想サーバ(VM)適合型ネットワークの実現
今後のデータセンター・ネットワークは、物理サーバから仮想サーバの運用に適したVM適合型ネットワークへの対応が必要となります。今回、Cisco Nexus 5000、およびCisco Nexus 2000を導入することで、1)SAP仮想化プラットフォームに求められる大量なネットワーク帯域の提供、2)スパニングツリーの使用を極力抑えVMの可動性を高めた10ギガ/1ギガビットイーサネット接続の提供、3)ラック、ブレードサーバーといった多様なサーバ形状を持つネットワーク環境の統合的な管理が可能になります。結果、大規模なVM環境を構築・運用するために適合したネットワーク アクセスレイヤが実現できます。

データセンター・ネットワークのシンプル化を実現するI/O統合の実現、FCoEの活用
Fibre Channel over Ethernet(FCoE)をサポートするCisco Nexus 5000を導入することで、従来、仮想サーバ本番環境に必要とされた複数のイーサネット環境とストレージエリアネットワークをコンバージド・ネットワーク・アダプタ(CNA)で統合することで、ケーブリングのシンプル化を実現、運用コストの削減が可能となります。

今回の環境構築は、シスコ、VMware社、NetApp社の協力のもと、サーバ・ストレージ・ネットワークの3階層すべてを仮想化しており、SAPアプリケーションのような高負荷なシステムにおいても十分に耐えうる環境を実現しています。 SCSでは、今後VMware、SAPと取り組んできた実績をさらに推進し、SAP基幹業務システムの仮想サーバへの移行支援サービスを提供することで、顧客へのクラウドサービスの提供とTCOの削減を支援していく計画です。

住商情報システム株式会社について

SCS は、1969 年の設立以来、各産業界における長年の豊富な実績と、業務ノウハウの蓄積を活用し、日本国内外のお客様の個別ニーズに柔軟に対応し、総合的なソリューションを提供しています。業種ごとの専門知識をベースに顧客の個別ニーズに対応したシステム・アプリケーションを提供する業務系ソリューション事業、自社開発パッケージソフトを中心としたERP ソリューション事業、IT インフラを構築するプラットフォームソリューション事業等の戦略的事業領域に強みを持ち、お客様の個別ニーズとビジネス環境に最も適合した真に有用なIT 製品・サービスをご提供します。住商情報システム株式会社の概要・詳細は以下のWebサイトでご参照いただけます。
http://www.scs.co.jp/

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)

お問い合わせ