日本版 ニュースリリース

福岡大学病院、病院内のネットワーク刷新にシスコを選択


* 本リリースは2009年6月8日時点の情報です。現時点の情報とは異なる場合がございますことをご了承ください。

福岡大学病院、病院内のネットワーク刷新にシスコを選択

個人情報の取扱いや医療画像の電子化、動画の活用などの高いニーズに応える高信頼で広帯域なネットワークを構築

2009年 6月 8日

シスコシステムズ合同会社(社長 兼 最高経営責任者:エザード・オーバービーク、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は本日、福岡大学病院(病院長:内藤 正俊、住所:福岡県福岡市城南区七隈7-45-1)が病院内ネットワークの刷新にシスコのテクノロジーを採用したことを発表しました。

病院内のネットワークは、レセプトシステムやオーダリングシステム、電子カルテシステムなどによる業務電子化に伴い、ますます重要性が増しています。しかし、ネットワークがダウンすることで、病院全体の業務が停止する危険性もあります。また近年はレントゲンや内視鏡等の医療画像の電子化、動画の活用なども進んできたため、ネットワーク上で大容量データがやりとりされることも増え、病院での高信頼・広帯域なネットワークインフラへのニーズは、急速な勢いで高まっています。

さらに最近では症例データや医薬品情報等がインターネット上で閲覧できるようになっており、研究活動や学会活動でもインターネットが必要不可欠なツールになっています。しかし一方で、病院内のシステムには膨大な個人情報が格納されており、そのままインターネットに接続するとセキュリティ上のリスクが生じるなど、病院内で活動する医師や看護師に対し、インターネットアクセス環境を安全な形で提供することが重要になっています。

今回導入されたシスコのネットワークは、コアスイッチとサーバースイッチ、主要なセンタースイッチ(ディストリビューション)にCisco Catalyst 6509を採用し、これらの間を40Gbpsの光ファイバーで接続しています。さらにディストリビューションとフロアスイッチとの間も光ファイバーで接続し、1Gbpsの帯域を確保することで、ビデオ配信などの大容量データにも対応できる広帯域ネットワークを実現しています。また冗長化技術を活用した高可用性の確保や、無線LANへのアクセスを電子証明書による認証と強固な暗号化で保護することで端末レベルまで徹底した管理を可能にします。

福岡大学病院は、このネットワークによって以下のメリットを享受しています。

  1. セキュリティレベルが向上
    病院内システムからインターネットアクセス環境をセキュアに分離し、端末の接続管理も徹底することが可能になったため、セキュリティレベルが大幅に向上しました。

  2. 医師の情報活用の自由度が向上
    医療情報部によってESSIDと電子証明書が設定されたPCは、病院内のどこででも無線LANに接続でき、そこからインターネットにアクセスできます。このようなPCを持ち歩くことで、医師は自分のデスクはもちろんのこと、外来診療室やカンファレンスルームなどでもインターネット上の情報を自由に活用できます。

  3. 各種アプリケーションのレスポンス速度が向上
    福岡大学病院では大容量画像情報を活用した病理システムなどをSaaS型で開発・運用しています。このようなSaaS型のシステムでは、NWインフラの重要性が高まってきており、今回の導入でさらに利用効率が向上しました。

  4. 診療時間の短縮と質の向上を実現
    診療中もインターネットにアクセスできるため、診断に必要な情報がその場で入手できるようになり、診療の時間短縮や質の向上も実現されています。例えば外来患者が持参した薬を調べる場合、薬の形状や刻印されている医薬品コードから検索する必要があり、以前は看護師に調査を依頼したり、薬剤部に問い合わせる必要がありました。しかし現在ではインターネット上の医薬品データベースを即座に検索できます。他大学病院の症例チェックや、自分の専門外の病名を調べることも容易になりました。さらに各種アプリケーションのレスポンス速度がアップしたことも、診療スピードの向上に貢献しています。

このネットワークの構築は2008年8月に着手され、2009年1月に本番稼働を開始しました。福岡大学病院では2008年10月に新棟の建設が始まっており、2010年12月完成予定になっていますが、このネットワークは新棟でも全面展開される計画です。また将来は、無線LAN対応タグを活用した医療機器の位置特定サービスや、iPhoneやIP電話の活用、手術などの動画配信、WebExやテレプレゼンスを活用したリモートカンファレンスなども実用に向け検討中です。

福岡大学病院について

学校法人 福岡大学によって1973年に開設された総合病院。「あたたかい医療」を基本理念に、地域に開かれた中核的医療センターとしての役割を担い続けています。1994年には特定機能病院として承認、高度先進医療の指導的病院としても重要な存在となっています。また医療人の育成や健康のための情報発信にも積極的に取り組んでいます。福岡大学病院の概要・詳細は以下のWebサイトでご参照いただけます。
http://www.hop.fukuoka-u.ac.jp/

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。
シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/jp

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)

お問い合わせ