日本版 ニュースリリース

富士通とシスコ、ユニファイド コミュニケーション領域へ戦略提携を拡大


富士通とシスコ、ユニファイド コミュニケーション領域へ戦略提携を拡大

富士通とシスコは連携して企業競争力をサポートする共同ソリューション群を展開

2009年4月16日

富士通株式会社(代表取締役社長:野副 州旦、本社:東京都港区、以下、富士通)とシスコシステムズ社(社長兼CEO:ジョン・チェンバーズ、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下、シスコ)は、このたび戦略的提携を、ユニファイド コミュニケーション(以下、UC)分野にまで拡大しました。また、その提携の柱として、富士通とシスコシステムズ合同会社(社長 兼 最高経営責任者:エザード・オーバービーク、本社:東京都港区赤坂)は、日本市場に向けたソリューションの開発、サービスの提供、およびプロモーションを共同で実施することについて合意しました。

近年、お客様の経営環境が急激に変化する中、企業が今後さらなる成長をしていくための有効な手段として、UCが注目されています。UCは、固定電話、モバイル端末、テレビ会議、Web会議、電子メール、ボイスメールなどの様々なコミュニケーションを統合し、シームレスな活用を実現するものです。PC上で連絡相手のプレゼンス(在席状態)を確認することも可能になり、相手の状況に応じて最適で効率的なコミュニケーションが図れ、遠隔での共同作業や迅速な意思決定により生産性向上に貢献します。さらに、業務アプリケーションと連携させることで、お客様は、コミュニケーションや情報共有などワークスタイルの改革、業務プロセスの改善が実現でき、企業競争力を高めることが可能となります。

両社は、今回の戦略的な提携拡大により、シスコが持つUC分野での先進技術やグローバルでのビジネス経験と、富士通のICTビジネスの実績およびノウハウと製品開発力を融合し、あらゆる業種に向けて包括的なコラボレーションのソリューションを提供します。

今回の新しいユニファイド コミュニケーションの提携では、以下の内容が具体化されています。

  1. UC共同ソリューションの提供と共同プロモーションの実施
    富士通とシスコは、UC製品に関する共同プロモーションを実施します。特に、お客様の従業員の生産性やコラボレーションを向上するソリューション、および業務・業種アプリケーションと連携することで業務プロセスを改善するソリューションに注力します。具体的には、富士通とシスコ両社の共同ソリューションとして、モバイル端末でメール確認やスケジュール確認を実現するモバイル連携ソリューションなどを提供します。また、業務・業種アプリケーション連携の推進、各キャリアのIP電話サービスへの接続および既設テレフォニーネットワークからのマイグレーションソリューションなどの提供を行います。

  2. 包括的なUC製品を開発し、市場へ投入
    富士通およびシスコの開発部門が直接連携して、製品ロードマップを共有しながら、日本市場に適合した製品開発を両社が協力して実施していきます。これにより、富士通はCisco Unified Communications Manager(以下 Unified CM)(注1)と連携する製品を新規に開発いたします。
    第一弾として、多様な日本国内のモバイル端末(スマートフォン、PHS)とUnified CMの接続を実現するアクセスユニット「VJ-110シリーズ」を開発し、本日販売を開始しました。また、お客様の既存CRMアプリケーション資産をそのままに、最新のコンタクトセンターを柔軟に構築するため、Unified CMと連携させるミドルウェアを開発します(2009年5月中旬提供予定)。富士通では、既にUnified CMが提供しているMicrosoft Exchange Server、Microsoft Office Communications Server、IBM Notes/Dominoとの連携に加え、富士通のグループウェアTeamWARE、さらに各種業務・業種アプリケーションとUnified CMとの連携を実現するソフトウェアを順次提供します(2009年7月以降)。

  3. UCビジネス推進に向けた体制強化
    両社はUCビジネス推進に向け、連携体制の強化を図ります。これによりお客様ニーズのソリューション組み込みと早期提供を実現するとともに、導入後も継続的に安心してご利用いただける製品サポートなども提供します。また、富士通はSE技術者を中心に、今後1年間で300名のUC技術者を育成し国内最大規模の体制にてお客様サポートの充実を図り、最適なUCシステムの構築を実現いたします。

また、富士通はお客様の初期投資コストの抑制や、企画・設計から運用管理まで、あらゆるフェーズでのサポートを実施する「ネットワーク-LCMサービス」(注2)を提供してまいります。

富士通とシスコは、ハイエンド ルータ向けOSであるIOS-XRの共同開発を始めとして、長年にわたりルータ、スイッチなどのネットワーク分野で戦略的な提携を結んできました。両社はこの提携のもと、日本以外の地域においても、お客様へより優れたリスク管理、コスト低減を実施し、ビジネスの成長を支援していきます。

【商標について】

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

【注釈】

(注1)Cisco Unified Communications Manager:シスコ ユニファイド コミュニケーションシステムの中核をなす呼処理コンポーネントで、ビデオ、モビリティ、プレゼンスベースのサービスなどの高度な機能の基盤として機能するソフトウェア。
(注2)「ネットワーク-LCMサービス」:高いスキルを持ったサービスマネージャーが、お客様ネットワークの企画・設計から運用管理、業務全般を継続的かつトータルにサポートする富士通のサービス。

お問い合わせ