日本版 ニュースリリース

シスコ、ワールドワイド オペレーション担当エグゼクティブの交代を発表


2009年 2月27日

シスコ、ワールドワイド オペレーション担当エグゼクティブの交代を発表

〜健康上の理由により、エグゼクティブ バイスプレジデントのリチャード・ジャスティスを
エグゼクティブ アドバイザリー職に、
ロバート・ロイドをワールドワイド オペレーション担当エグゼクティブ バイスプレジデントに任命 〜



米国シスコ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ: CSCO、以下シスコ)は本日、ロバート・ロイド(52歳)を2009年4月26日付でワールドワイド オペレーション担当エグゼクティブ バイスプレジデントに任命することを発表しました。長期的な後継者戦略に基づき、ロイドは、前立腺がんの闘病のため日常業務から退くことになっているリチャード・ジャスティス(59歳)の後任として就任します。ジャスティスは今後もジョン・チェンバーズ会長兼CEOの非常勤エグゼクティブ アドバイザーとしてシスコに残る予定です。

「シスコに在籍して12年以上になるリチャード・ジャスティスは、信頼できるアドバイザーとして、ロールモデルとして、そして優れた指導者として、シスコに多大な影響を与え、シスコの成長と成功に大きく貢献してきました。またジャスティスは、想像を絶する勇敢さで、5年にわたる前立腺がんの闘病に臨んできました。しかし残念ながら、2度の治療にもかかわらず、がんが再発するにいたりました。健康を最優先したいというジャスティスの決断を尊重し、今後は非常勤アドバイザーとして活躍していただきたいと思います。ジャスティスがシスコに残してくれたものは、経験豊かな人材を集めた強力な指導陣の育成です。ジャスティスと私は、シスコ最大の2つの地域を見事に統括してきたロイドにワールドワイド オペレーションを担当するだけの力があるとかねてから考えてきました。ロイドは米国において、また国際舞台においても、変革を指揮し、生産性を向上させるとともに、革新と成長を推進してきた類まれな実績の持ち主であり、後任として理想的な人物です」と、チェンバーズは述べています。

新しい職務においてロイドは、ジョン・チェンバーズ会長兼CEOの直属となり、シスコのワールドワイド セールス、ワールドワイド チャネル、インターネット ビジネス ソリューション グループ、ストラテジック アライアンス の 4部門を統括します。また、ジャスティスの管轄下にあったコーポレート デベロップメント部門はチェンバーズの直属となり、引き続きシニア バイスプレジデントのネッド・フーパーが指揮します。

シスコ最大の地域を14年以上にわたり指揮してきたロイドは、シスコのワールドワイド事業の大半を統括してきました。現在は、シニア バイスプレジデントとして米国、カナダ、日本のオペレーションを担当しています。ロイドの指揮のもと、米国およびカナダ地域の総売上高は、3年の間に125億ドルから220億ドルに成長しました。また、シスコのエンタープライズ ビジネス カウンシルの共同議長として、エンタープライズ市場を対象としたシスコの事業戦略の策定と執行にもあたっています。以前は、約4年にわたってシスコの欧州・中東・アフリカ(EMEA)で地域担当プレジデントを務め、主要な垂直市場や地域に寄り添ったより顧客中心の体制を整えるなど、同地域の変革に尽力し、新興市場や高成長分野のニーズに適った事業活動の推進に貢献しました。ロイドの指揮によって、シスコの世界全体の売上に占めるEMEA事業の割合は、28パーセントから32パーセントにまで成長しました。

ロイドはシスコに入社する以前、カナダの大手システムインテグレーターでコーポレート セールス担当バイスプレジデントを務めていました。また、1982年には、大手企業や政府、教育分野のITニーズに応えることを専門とした企業を立ち上げ、9年にわたる在籍期間中に従業員数400人以上の企業へと成長させた実績を持っています。

シスコシステムズ合同会社について
シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。
シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp >

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)
**当資料は、2009年2月26日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。
<Cisco Announces Executive Transition for Worldwide Operations>


お問い合わせ