日本版 ニュースリリース

シスコ、市場をリードする業界各社とユニファイド ファブリックによる仮想化環境を共同で構築し、相互運用性の検証を実施


2008年10月 9日

シスコ、市場をリードする業界各社とユニファイド ファブリックによる
仮想化環境を共同で構築し、相互運用性の検証を実施

〜シスコの東京オフィスにて仮想化のデモ環境を整備し、
お客様に体験できる場を提供〜



シスコシステムズ合同会社(社長 兼 最高経営責任者:エザード・オーバービーク、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は本日、シスコの「Data Center 3.0」構想のさらなる進化に向け、市場をリードする業界各社とともにユニファイド ファブリックによる仮想化環境を共同で構築し、相互接続検証トライアルを実施したことを発表しました。ならびにシスコは、シスコの東京本社内にあるカスタマー・プルーフ・オブ・コンセプト(Customer Proof Of Concept、以下CPOC )において、2008年9月に発表したCisco® VN-Link(注1)とともに仮想化のデモンストレーション環境を整備し、お客様に仮想化を体験できる場を提供することを発表しました。

業界各社とのパートナーシップのもと、シスコが提供するユニファイドファブリックは、IP、ストレージ、およびサーバ クラスタリングのネットワークをイーサネット上で統合することを可能にします。これにより、サーバ インターフェイスの数が減りケーブル管理が単純になるため、コストが低下し運用効率が向上するとともに、これまでのデータセンター リソースへの投資が保護されます。このユニファイド ファブリックはFibre Channel over Ethernet(FCoE)や Cisco Data Center Ethernet などのプロトコル テクノロジーを使用するオープン標準を通して実現されます。仮想マシンを導入すると、VM(仮想マシンの) モビリティなどのVM インフラストラクチャサービスを実現するために、LAN トラフィックやSAN トラフィック、サーバ間通信が同時に発生します。Cisco Nexus 5000 では、これらのすべてがユニファイド ファブリックとして一つのネットワークに統合されます。またサーバ I/O の仮想化によって、Cisco Nexus 5000 シリーズがネットワークとサーバの接続を制御するのでネットワークの煩雑さが削減されます。

シスコは本年5月のNexus 5000の発売開始以降、東京本社内のCPOCにおいてユニファイド ファブリックによる仮想化環境を業界各社と共同で構築し、相互運用性の検証を実施し動作確認を実施しました。 今回の共同構築にご協力いただいたストレージ、サーバ、アダプタ、仮想サーバ、およびシステムインテグレーターベンダー様は下記のとおりです。(五十音順)

EMCジャパン株式会社、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、インテル株式会社、Emulex Corporation、デル株式会社、ネットアップ株式会社、ネットワンシステムズ株式会社、日本電気株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社、富士通株式会社、ヴイエムウェア株式会社、Q-Logic Corporation。 今後、仮想化されたITシステム環境は、企業においてより一般的になってくることが予測され、仮想化されたITシステムにおいては、物理サーバ、仮想サーバ、ストレージ間においてシステムとしての協調が欠かせません。ネットワークは、仮想サーバあるいは物理サーバからストレージまでを公平な立場で円滑につなぎ、よりビジネスニーズに合わせたダイナミックなリソースアロケーションを可能なものとします。今回のユニファイドファブリックによる仮想化環境の共同構築と相互運用性の検証により、業界各社ともにFCoE環境での知識やノウハウが蓄積されました。

シスコは、今回の業界各社とのユニファイドファブリック環境の共同構築の経験をもとに、CPOCにおいてシスコユニファイドファブリックによる仮想化のデモンストレーションができる環境を構築しました。 また、2008年9月に発表したCisco VN-Link環境も設置しています。お客様は新世代のネットワークがもたらす利益をビジネスの観点で説明を受けられると同時に、デモンストレーションで仮想化のメリットを実感いただけます。これによりお客様は、仮想化システムの設計・構築にともなう接続確認の手間を軽減できるだけでなく、新世代のシステム環境に触れながら自由に発想を広げ、ビジネスの成功イメージを描くことができます。

なお、シスコはこの度、業界各社と共同で行ったユニファイド ファブリックおよびFCoEの相互接続検証トライアル環境の一部を、2008年10月15日から17日に東京ビックサイトで開催されるITPro EXPOにおいて設置し、デモンストレーションを行います。

CPOCの構成図

<CPOCの構成図>

ユニファイドファブリックを共同で構築いただいたストレージベンダー、サーバベンダー、アダプターベンダー、仮想サーバベンダー、システムインテグレーター各社様からの賛同文(五十音順)。

EMCジャパン株式会社
代表取締役社長 諸星俊男様
EMCジャパン株式会社は、仮想環境でのユニファイド ファブリックにおける相互運用性が無事、実証されたことを歓迎いたします。VMware環境におけるEMCストレージ製品の利用率は、全世界で最も高いシェアを確保しており、多くの実績を持っています。今回の、仮想環境におけるFCoEをベースとしたネットワーク統合での実証により、様々な環境を持つお客様にとって、情報の最適化が更に浸透していくことを期待いたします。今後も、FCoEを初めとするユニファイド ファブリックの展開を、シスコシステムズ合同会社様と共に強く推奨していきます。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)
取締役 兼 常務執行役員 クロスファンクショングループ担当役員 後藤 健様
CTCは、今回のシスコ様の発表を歓迎いたします。
CTCは、ネットワーク、サーバ、ストレージ全般にわたる仮想化ソリューションの拡販を推進しており、その一環として、シスコ様との協業により、データセンター仮想化等、各種の取り組みを積極的に進めております。 今回の検証を通じ、マルチベンダー環境下でFCoEが動作すること、またそのインフラがVMware環境で動作することを確認できたことで、CTCの仮想化技術を取入れた提案の販売機会が大きく増えると確信しています。CTCは、これら新技術をSIビジネスおよびデータセンタービジネスの双方に積極的に取入れ、国内におけるITインフラ全体の仮想化を実現し、新たなマーケットを創造していくことを目標に邁進して参ります。

インテル株式会社
マーケティング本部 デジタル・エンタープライズ・グループ 統括部長 徳永 貴士様
インテルはエンタープライズにおけるIT基盤の次世代化へ向けた取り組みを支援します。インテルのサーバ向けプロセッサーは、高い性能と低消費電力の実現とともにインテル® バーチャライゼーション・テクノロジーの実装などで柔軟かつ優れた仮想化環境の構築に最適です。インテル® イーサネット・サーバ・アダプターは、ユニファイドファブリック(FCoE)を実現すると同時に、仮想化環境に最適化されています。ネットワークI/O 管理の負荷をハイパーバイザーからネットワーク・インターフェイス・カードに分散させることで、プロセッサーにかかる負荷を軽減し、システム性能を向上させるよう設計されています。今回の活動を通じ仮想化に最適化されたシステム構築の検証とその検証結果を広く伝えることで、インテル プロセッサー搭載の柔軟なシステム構築がより広がることを期待します。

ヴイエムウェア株式会社 
代表取締役社長 三木 泰雄様
ヴイエムウェアはこの度、シスコシステムズの仮想化環境における相互運用性の検証に参加したことを大変うれしく思います。ヴイエムウェアとシスコシステムズは仮想化データセンターアーキテクチャに革新をもたらすと共に、ネットワークやストレージのアーキテクチャーに対しても技術革新に貢献してきました。VMware Infrastructure 3とシスコシステムズのユニファイドファブリックによるIP、ストレージ、およびサーバのネットワーク統合により、お客様にとって低コストで、サーバやネットワークの使用効率を高める、優れたITシステムの構築が可能になることを確信しています。

Emulex Corporation
APAC海外営業担当バイス プレジデント スギル・チョウ様
この共同デモンストレーションは、FCoEのメリット、およびデータセンターの煩雑さと運営コストを軽減させるというFCoEの役割を宣伝すると同時に、次世代のデータセンター環境に向けた既存のファイバチャネルへの投資を活用するものです。Emulex LightPulse FCoEコンバージド ネットワーク アダプタによって、シスコのデモンストレーションにおけるユニファイド ファブリックと先進的な仮想化が可能になります。

Q-Logic Corporation
“FCoE deployed between the server and the Cisco Nexus 5000 series switch will simplify infrastructure and reduce costs without disrupting existing storage and network architectures,” said Roger Klein, vice president and general manager, QLogic Host Solutions Group. “Unified data and storage networks built on this platform and fully compatible QLogic 8000 Series converged network adapters will result in 10GbE performance, and reduced cabling, power and cooling.”

デル株式会社
執行役員 アドバンスド・システムズ・グループ本部長 町田 栄作様
デルは、業界標準のオープンスタンダード技術による、「迅速な導入・運用保守の簡素化・スマートな拡張性」をキーワードに、「ITのシンプル化」を進めて参りました。今回のCisco社のユニファイドファブリックは、接続するデバイスやプロトコルに依存せず、I/Oを統合することによって「ネットワークのシンプル化」を図るという試みとして、弊社の戦略とも一致し、歓迎いたします。今後は、弊社が提供するPowerEdgeサーバ、そしてストレージのPowerVault、Dell/EMC、Dell/EqualLogicの製品群がこのユニファイドファブリック上でFC,IP-SANを問わずシームレスに動作する環境を推進して参ります。

日本電気株式会社
UNIVERGEシステム事業部 ネットワーク技術部 部長 橋元 晶様
日本電気株式会社は、シスコシステムズ合同会社提供のCPOC(Customer Proof-of-Concept Lab)において、当社製サーバ「Express5800」及びストレージ「iStorage」をユニファイドファブリックNexus5000をベースとしたFCoE(Fibre Channel over Ethernet)相互接続性に関する共同検証に参加いたしました。FCoE接続時の動作確認検証をするとともに、次世代のデータセンター向けネットワーク構築のノウハウを蓄積することができました。今後も、シスコシステムズ合同会社と連携を図りながら様々な分野にソリューション展開を進めていく所存です。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
執行役員 エンタープライズストレージ・サーバ事業統括 松本 芳武様
日本HPは、シスコシステムズ様のユニファイドファブリックによる仮想化環境実現への取り組みを歓迎します。 FCoEは、データセンターの運用性、効率性を向上させるテクノロジーとして、先進的なお客様より大きな期待が寄せられています。今回多数のベンダーをまとめ上げ、相互接続性トライアルのリーダーシップをとってくださったことに感謝いたします。日本HPもまた、仮想化環境ならびにNGDC (Next Generation Data Center) を最重要なテーマとして戦略的に取り組んでおりますが、シスコシステムズ様と密接に協調することにより、ネットワークを含めたより最適なデータセンターソリューションをお客様に提供してまいります。

ネットアップ株式会社
代表取締役社長 大家 万明様
ネットアップ株式会社は、ユニファイドファブリックによる仮想化環境での相互運用性の検証が成功したことを歓迎します。今回の検証に用いられた「NetApp FASシリーズ」は、全モデルでマルチプロトコルに対応しており、ユニファイドファブリック上でのI/O統合などの用途に柔軟に対応できるプラットフォームです。お客様はニーズや課題に合わせて信頼性および管理性に優れたITシステム基盤を構築することが可能となります。ネットアップは、今後もシスコシステムズ様との連携強化を図り、ビジネス環境の変化に柔軟に対応するデータ管理ソリューションを提供してまいります。

ネットワンシステムズ株式会社
代表取締役社長 吉野 孝行様
ネットワンシステムズは、SaaS、PaaSやクラウドコンピューティングなど次世代のアプリケーションインフラ市場の創出と、お客様への最適なコンピューティング環境の提供を推進しております。その中でシスコ社が提唱している、ネットワーク上の全てのコンポーネントの統合運用を可能にする「データセンター3.0」に、早くから注目しておりました。
ネットワンシステムズは、今回のインターオペーラビリティートライアルに参加されたパートナー各社の製品を用いて、通信事業者、データセンター、大企業などの重要なインフラを構築した数多くの実績を有しています。この度の検証にて、“ユニファイドファブリック、ユニファイドI/O”を実現するデータセンターイーサネットにおける仮想化環境の相互接続性が確認されたことによって、統合性、信頼性、運用性に優れ、また、グリーンITの実現にも効果が期待できる新たなデータセンターソリューションの可能性を確信いたしました。

富士通株式会社
プラットフォームソリューションセンター センター長 伊藤 賢一様
富士通は、ユニファイドファブリックによる仮想化環境における相互検証の発表を歓迎いたします。 当社とシスコとは、戦略提携の基本合意以来、共同でトータルソリューションを提供して参りました。この度の Cisco Proof Of Concept Labでの検証においては、当社のPCサーバ PRIMERGY(プライマジー)およびストレージシステムETERNUS(エターナス)とシスコの仮想システム対応ネットワークNexusとの相互運用性の検証をVMware環境にて実施し、期待どおりの成果を収めました。 富士通は、今後も最新技術に積極的に対応し、お客様ビジネスのさらなる発展を支援して参ります。

(注1)Cisco VN-Link
Cisco VN-Linkは、普及段階に差し掛かった仮想サーバの企業における導入をより円滑にするためのソリューションです。仮想サーバの導入には、サーバ、ストレージ、ネットワークの協調的な設計、設定、管理が欠かせません。Cisco VN-Linkはそれらのブリッジになるべくソリューションを提供いたします。仮想サーバ単位でのネットワークポリシー設定、物理サーバ間の仮想マシンの移動、ライブ・マイグレーションを実行しても安心なセキュリティーポリシー、物理および仮想サーバ共通の設計、設定、運用環境を提供します。
Cisco VN-Linkは、ネットワーク側ではソフトウェアソリューションとしてVMware ESX環境で動作するCisco Nexus 1000V。ハードウェアソリューションとして、標準化中のVNTagをサポートするNexusスイッチでサポートされます。また、ストレージ側ではCisco MDS 9000シリーズ マルチレイヤーSANスイッチでサポートされます。

シスコシステムズ合同会社について
シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。
シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp >

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0805R)


お問い合わせ