日本版 ニュースリリース

シスコのTelePresence、NTT東日本およびNTT西日本のNGN商用サービスに対応


2008年10月 1日

シスコのTelePresence、
NTT東日本およびNTT西日本のNGN商用サービスに対応



シスコシステムズ合同会社(社長 兼 最高経営責任者:エザード・オーバービク、住所:東京都港区赤坂、以下シスコ)は本日、同社のCisco TelePresence(テレプレゼンス)が東日本電信電話株式会社(代表取締役社長:江部 努、住所:東京都新宿区、以下NTT東日本)および西日本電信電話株式会社(代表取締役社長:大竹 伸一、住所:大阪府大阪市中央区、以下NTT西日本)のNGN(次世代ネットワーク)商用サービスに対応したことを発表しました。

シスコは、自社のオペレーション システムであるIOS(注1)にNTTのUNI(User-Network Interface、注2)対応の機能を実装し、NTTのUNIに自社のルータやスイッチを直接接続することを可能にしました。これによりNTT東日本およびNTT西日本の商用NGNサービスにCisco TelePresenceを簡便に接続することができるようになりました。また、同サービスを利用することで企業間(B to B)通信も簡単に実現できるとともに、従量料金制でCisco TelePresenceを利用することが可能になりました。

Cisco TelePresenceは、NTT東日本およびNTT西日本が2008年10月2日からサービスを開始する「フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ」で契約可能な「ひかり電話オフィスタイプ」の帯域確保型アプリケーションサービスにおいて利用できます。

(注1)シスコIOSソフトウェア:インターネットのインテリジェンスを活用するための豊富な機能を提供し、ネットワーキングソリューションを実現するOS(オペレーション システム)。多くの実績を持つインターネットワークオペレーティング システムは、データと音声の統合、強力なセキュリティ、多くのプロトコル、およびネットワーク管理のためのマイグレーションパスを提供します。
(注2)UNI:通信事業者の通信設備とエンドユーザー側の設備とを接続するインタフェース仕様。

シスコシステムズ合同会社について
シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。
シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp >

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0805R)


お問い合わせ