日本版 ニュースリリース

シスコ、 Empowered Branchソリューションで新しいビジネスモデルを提供


2008年 5月28日

シスコ、 Empowered Branchソリューションで新しいビジネスモデルを提供

〜顧客とサードパーティのアプリケーションに対しルータのAPIを公開〜



シスコシステムズ合同会社(社長 兼 最高経営責任者:エザード・オーバービーク、住所:東京都港区赤坂 以下シスコ)は本日、あらゆる規模のブランチオフィスを最適化し、独自のビジネスニーズに応じてブランチネットワークをカスタマイズすることを可能にする新しいソリューション群を発表しました。シスコは、業界をリードするシスコサービス統合型ルータ(以下Cisco ISR)プラットフォームの開発用インターフェイスを顧客とサードパーティのアプリケーション開発業者に公開することで、顧客がブランチ インフラストラクチャを最適化し、ビジネスリソースへのアクセシビリティを拡大することを可能にします。このことはまた、顧客のビジネスニーズに適合するように差別化されたソリューションとサービスを提供する新しい機会をシスコのチャネルパートナーにもたらします。

Cisco ISR 881W

同時にシスコは、ブランチオフィスの社員の生産性を高め、情報技術(IT)業務を効率化するセキュリティおよびIEEE 802.11n Draft 2.0対応の最新ワイヤレス機能に対応した、Cisoc ISR 880/860 シリーズを発表しました。ビジネスレベルの高度な機能性と優れたコストパフォーマンスを両立させた、小規模ブランチおよびリモートワーカーに最適の固定構成ルータです。

サードパーティにCisco IOSのAPIを公開し、アプリケーションのイノベーションを支援
Cisco Application eXtension Platform(AXP)はネットワークとビジネス アプリケーションの緊密な統合を可能にし、顧客の業務の効率化とイノベーションを支援します。Cisco AXPは、Cisco IOS ソフトウェアに対するオープン インターフェイスを備えたオープンソースのLinuxアーキテクチャをベースに構築されており、Cisco ISRに搭載するハードウェアモジュールNME; Network Moduleおよび AIM; Advanced Integration Moduleの2タイプ、3モデルとして提供されます。1つのAXPモジュールで複数のアプリケーションを同時にサポートできることから、ブランチオフィスにおけるサーバ デバイスなどの集約に役立ちます。

シスコはまた、AXPベースのソリューションの構築、開発、販売に必要な技術/マーケティング サポートを、顧客や独立系ソフトウェアベンダー、システム インテグレータ、サービスプロバイダーに提供するために、自社の技術開発者プログラム(TDP; Technology Developer Program)にAXPのカテゴリを新たに追加しました。このTDPを通して提供されるCisco AXP SDK(Solution Developer Kit)を使うことで、開発業者は業界分野ごとのソリューション、ユニファイド コミュニケーションベースのアプリケーション、およびネットワーク管理ユーティリティを構築することが可能です。開発業者は、Cisco ISRが提供するセキュリティ、モビリティ、WAN最適化、ユニファイド コミュニケーションの基本機能を開発するアプリケーションに組み込むことが可能となっています。

このようにCisco ISRを柔軟に統合したりカスタマイズしたりできることで、シスコのチャネルパートナーに対して新しいビジネスチャンスが増え、市場への道が開かれ、サービスの差別化と顧客ベースの拡大が可能になります。

現在、複数のアプリケーションがCisco TDP AXPパートナーによって提供されています。具体的に米国では、Avocent(ブランチITインフラストラクチャ管理)、InterComponentWare(医療ソリューション プロバイダー)、NICE(ブランチVoIPレコーディング)、OSISoft(ユーティリティ インフラストラクチャ モニタリング)、Precidia Technologies(IP支払処理)、ProSyst(管理)、Sagem-Interstar(IPファックス)、Verint(ブランチVoIPレコーディング)、Workbrain(ワークフォース管理)などであり、Cisco AXPがいかにパワフルなプラットフォームであるかが分かります。

「私たちは、活気に満ちたサードパーティ開発業者のコミュニティを作ろうと積極的に取り組んでいます。このコミュニティによって、広く導入されているCisco ISRプラットフォームに向けたネットワーク対応のアプリケーションが多数提供されるようになるでしょう。私たちが目指しているのは、お客様がそれぞれのビジネス目標を、すばやく効率的かつ安全に達成できるように支援することです。Cisco AXPは柔軟性に優れたプラットフォームであり、シスコの目標の実現に向けた大きな1歩だと言えます」とシスコのアクセス ルーティング テクノロジー グループのシニア バイスプレジデント、イアン・ペネル は述べています。

セキュリティ、モビリティを強化しつつネットワーク性能を向上:Cisco ISR 880/860シリーズ
Cisco ISR 880/860シリーズは、小規模ブランチおよびテレワーカー向けのコストパフォーマンスに優れた固定構成ルータです。高度なファイアウォール機能、URLフィルタリング機能、豊富なVPN機能、侵入検知(IPS)機能などビジネスレベルのセキュリティ機能を備えています。さらに、Cisco ISR 861WおよびCisco ISR 881Wモデルでは、最新のIEEE 802.11n Draft 2.0ワイヤレスLAN技術を搭載し、高速かつ快適なモビリティ環境を提供可能です。Cisco ISR 881WモデルはLWAPP (Lightweight Access Point Protocol)対応により、ワイヤレスLANアクセスポイント機能をセンターサイトで一括管理することも可能です。

販売予定

Cisco Application eXtension Platform
 AIM-APPRE-102-K9
 NME-APPRE-302-K9
 NME-APPRE-522-K9
2008年7月(予定)
Cisco ISR 880/860シリーズ
 Cisco ISR 861
 Cisco ISR 861W (IEEE 802.11n Draft 2.0対応モデル)
 Cisco ISR 881
 Cisco ISR 881W (IEEE 802.11n Draft 2.0対応モデル)※
2008年7月(予定)
※Cisco ISR 881Wは2008年9月(予定)

シスコシステムズ合同会社について
シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。
シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp >

*CCisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0704R)
**当資料は、4月10日に米国で発表されたリリースに日本独自の情報を付加したものになります。ニュースリリースの原文は、以下のWebサイトをご参照ください。
<http://newsroom.cisco.com/dlls/2008/prod_041008.html >


お問い合わせ