日本版 ニュースリリース

北陸先端科学技術大学院大学、シスコのIEEE 802.11n対応無線LANを大規模導入


2008年 5月22日

北陸先端科学技術大学院大学、
シスコのIEEE 802.11n対応無線LANを大規模導入

〜管理性の高いコントローラー型の高速無線LAN環境を実現〜



シスコシステムズ合同会社(社長 兼 最高経営責任者:エザード・オーバービーク、住所:東京都港区赤坂 以下シスコ)は本日、国立大学法人 北陸先端科学技術大学院大学(学長:片山卓也、住所:石川県能美市旭台1-1 以下、JAIST)が、IEEE 802.11n Draft 2.0に対応したコントローラー型無線LANアクセスポイント Cisco Aironet 1250シリーズを159台導入したことを発表しました。コントローラー型のIEEE 802.11n対応無線LANが、これだけ大規模で導入されたのは世界的にも先進的な事例になります。

JAISTは1990年に設置された、国内初の学部を持たない大学院大学であり、先端科学技術分野における国際的水準の研究と、それを背景とする大学院教育を行っています。研究・教育を支援するネットワーク環境構築にも設立当初から積極的に取り組んでおり、学内向けサービスはもちろんのこと、地域ネットワーク(MAN:Metropolitan Area Network)の情報ハブとして利用可能な環境を実現しています。無線LAN環境の整備も早い時期から着手し、順次対応エリアを拡大してきました。

JAISTは、2007年3月にシスコのコントローラー型無線LANに着手。Cisco Catalyst 6500+WiSM(Wireless Services Module)を組み合わせた無線LANコントローラーと、Cisco Aironet 1130シリーズ(アクセスポイント)を導入しました。さらに今回、Cisco Aironet 1250シリーズが159台導入し、これによって学内ほぼ全域がコントローラー型無線LANでカバーされました。

JAISTのネットワーク構成は、まず学内に敷設された超高速ネットワーク(10Gbps)に対し、WiSMを搭載したCisco Catalyst 6500を接続。これはSINETやWIDE、JGN といった、外部ネットワークに対するファイアウォールとしての役割も担っています。その下のディストリビューションスイッチとしては、Cisco Catalyst 3560 POEを採用、合計21台が導入されています。そしてこの先に、Cisco Aironet 1130が141台、Cisco Aironet 1252が159台、合計300台のアクセスポイントがつながっています。さらにロケーションアプライアンスとして、Cisco 2710も導入されています。

JAISTネットワーク構成イメージ

<JAISTネットワーク構成イメージ>
(クリックで拡大します)

コントローラー型無線LAN環境のメリット

  1. 管理性の向上
    すべてのアクセスポイントをひとつの管理コンソールで集中管理できるようになり、管理性が大幅に向上します。
  2. 容易になった障害原因の特定
    有線LANに障害が発生した場合、コントローラー型アクセスポイントは、コントローラーからアクセスできなくなった時点で自動的に停止し、極めてシンプルな形で障害を認識できます。管理者も管理コンソールで問題を把握できるため、障害原因の究明や復旧が行いやすくなっています。
  3. 容易になった一時的な設定
    大学院大学は学会の会場として使われることが多く、ゲストの方にネットワークアクセス環境を提供する場合でもコントローラー型の無線LAN環境であれば、ゲストが出入りするエリアのアクセスポイントに一時的なESS-IDを設定し、ゲスト向けアクセスを提供するといったことも簡単に実現できます。
  4. QoSの向上
    WiSMにはQoS機能や高速ハンドオフ(アクセスポイント間をクライアントが移動しながら通信すること)をサポートしているため、高品質なリアルタイムアプリケーションを実現できます。例えばWiFiに対応したVoIP電話を利用する場合でも、歩きながら連続通話することが可能です。
  5. 通信速度の向上
    IEEE 802.11n Draft 2.0対応のアクセスポイントによって通信速度が向上します。これによって広帯域を必要とするアプリケーションでも、無線LANが利用できると期待されています。JAISTでは有線LANを利用したビデオカンファレンスが頻繁に行われていますが、このような用途に無線LANを活用することで、よりモビリティの高い環境を実現できます。

シスコシステムズ合同会社について
シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。
シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp >

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0704R)


お問い合わせ