日本版 ニュースリリース

シスコ、ネットワークサービスに変革をもたらす新しいアグリゲーション サービス ルータを発表


2008年 3月 5日

シスコ、ネットワークサービスに変革をもたらす
新しいアグリゲーション サービス ルータを発表

〜市場で最もパワフルな小型ルータにより、業界最高の性能、サービス機能、
信頼性を提供し、低消費電力を実現 〜



シスコシステムズ合同会社(社長 兼 最高経営責任者:エザード・オーバービーク、住所:東京都港区赤坂、以下シスコ)は本日、企業やコンシューマ向けのデータ・音声・映像の統合サービスが数多く開発され、そのようなサービスによりリソースがますます集中している現状を踏まえ、通信事業者や企業のエッジ ネットワークがさまざまなサービスを同時にホストできるよう、「Cisco ASR 1000シリーズアグリゲーション サービス ルータ(Cisco ASR 1000シリーズ)」を発表しました。Cisco ASR 1000シリーズには、ソフトウェアの仮想化機能が搭載されており、ファイアウォールやIPセキュリティ仮想プライベート ネットワーク(IPSec VPN)、ディープパケット インスペクション(DPI)、セッション ボーダー コントロール(SBC)といったさまざまなサービス機能を「瞬時に」提供して、同時に利用することが可能です。こうした豊富な組み込み機能によって、ルータのほかに、1つの機能しか持たないアプライアンスを複数導入する必要がなくなるため、設備投資費用や運用コストを大幅に削減し、ユーザのCO2排出量を減らすことができます。

Cisco ASR 1000 Series Family

Cisco ASR 1000シリーズは、業界初となる完全統合型のプログラマブル プロセッシング エンジン「Cisco QuantumFlow Processor(QFP)」によって動作します。QuantumFlow Processorは、最高のサービス インテリジェンスと性能を実現しているだけでなく、ネットワーキングが今後十数年の間に進化していくなかで予想されるであろう新たな要求にも対応できるだけの機能を備えることができました。さらに、ASR 1000シリーズには、エッジの小型ルータ向けに最適化された仮想IOSアーキテクチャ「IOS XE」ソフトウェアも実装されており、サービス稼働中でもソフトウェアをアップグレードできる機能やソフトウェアの冗長性機能を提供します。IOS XEは、IOSの豊富なエッジ機能セットのほかに、IOSのコマンドライン制御機能も備えているため、IOSのユーザにとって親しみやすい操作性が実現されています。このように、新技術の半導体とソフトウェアという2つの要素が統合されたことにより、市場で最もパワフルなエッジルータ「Cisco ASR 1000」シリーズが誕生しました。シスコはCisco ASR 1000シリーズの研究開発にあたり、5年以上の歳月と2億5,000万米ドルを投じました。この金額には、Cisco QuantumFlow Processorに投じられた1億ドルも含まれています。

「次世代ネットワークでは、高品質、高画質な双方向通信やマルチキャスト映像配信など多彩なサービスを提供していきます。このようなブロードバンド通信を柔軟かつ安全に提供するためには、従来のベストエフォート型通信とは異なり、ユーザが利用するそれぞれの通信に対して、ネットワークがダイナミックな品質制御や不正アクセス防御を施す必要があると考えています。Cisco ASR 1000シリーズには、このような次世代ネットワークに不可欠な多様な機能をフレキシブルかつスケーラブルに実現でき、また信頼性を兼ね備えた新しいプラットフォーム製品群として期待しています」と日本電信電話株式会社 常務取締役 技術企画部門長 次世代ネットワーク推進室長の橋本信氏は述べています。

また、Lufthansa Systemsのクロスインダストリー&オペレーション担当バイスプレジデント、バルド・ヴェルム氏は、次のように述べています。「当社では、お客様の基幹業務にとって不可欠なITシステムの運用を行っています。そのため、当社にとって、常時稼動は非常に重要な課題です。安全性、スケーラビリティ、信頼性に優れたITインフラストラクチャ サービスの需要はますます高まっています。Cisco ASR 1000シリーズは、このような需要に応えることのできる製品です。例えば、“稼働中のソフトウェア アップグレード”機能によって常時稼動性を大幅に向上させることができます」

Cisco ASR 1000シリーズは、必要なサービス機能を1つのルータ プラットフォームに集約することで、IP転送性能の大幅な向上を実現しました。さらに、1台のルータでさまざまなハードウェア環境に対応でき、ソフトウェアを有効化することで多様なサービスを提供できるため、ネットワーク設計が簡素化されます。

  • 通信事業者は、Cisco ASR 1000シリーズを採用することによって、より高速でアプリケーションアウェアなサービスを提供できるようになります。さらに、ホスティング サービスとマネージド サービスの両方で、コンシューマおよびビジネス向けの複合的な「エニープレイ(any play)」サービスを柔軟かつ効率的に、コスト効率よく提供することによって、サービス提供能力を全体的に強化することができます。
  • 企業にとってWANエッジはビジネスの成功を左右する重要なゲートウェイであり、情報、コミュニケーション、コラボレーション、コマースのすべてがここに集中しています。Cisco ASR 1000シリーズはこのWANエッジに配置され、いつでもどこからでもアプリケーションにアクセスすることが可能になります。

「Wachoviaのワイドエリア ネットワークについては、現在大幅な変革が次々に進められており、関連会社やお客様への情報提供を支える新しいテクノロジーやサービスが各種取り入れられています。Cisco ASR 1000シリーズはTCO削減に役立つとともに、現在のニーズに応えるだけでなく、まだほんの企画段階に過ぎない構想にも対応可能な柔軟性と革新性を備えたユニークな製品です。スケーラビリティ、安全性、信頼性、この3つにおいて、革新的なプラットフォームであるCisco ASR 1000シリーズに期待しています」と、Wachoviaネットワークサービス担当バイスプレジデント、ジョン・バーンズ氏は述べています。

Cisco ASR 1000はまた、通信事業者や企業のCO2排出量削減にも貢献します。複数のデバイスを組み合わせたマルチベンダー ソリューションのさらに上を行く機能を提供することにより、導入の際のアーキテクチャ面での複雑さはもとより、CO2排出量も大幅に軽減することができます。Synergy Researchの分析によれば、競合他社の製品と比較して、Cisco ASR 1000を1台導入することで、最大で年間3,754ガロンのガソリンまたは17トンの石炭に相当するCO2排出量を削減することができます(分析結果の詳細につきましては、http://www.srgresearch.com/store/cisco-asr.htmをご覧ください)。

「Cisco ASR-1000は、ネットワークの柔軟性という点で卓越しています。迅速なビジネス イノベーションをサポートする新しいテクノロジーが取り入れられているため、ネットワーク プラットフォームを見直す必要がありません。仮に同じような構成のシステムがあったとしても、コストもラックスペースも消費電力もはるかに多く必要となり、さまざまな機能が統合されているシスコの小型多目的ルータと同じような機能を持たせるためには、ブレードやネットワーク アプライアンスを追加しなければならないでしょう」と、シスコのシニア バイスプレジデント兼サービスプロバイダー テクノロジー グループ担当ジェネラル マネージャ、パンカジュ・パテルは述べています。

参考価格と販売予定
Cisco ASR 1000シリーズは、2、4、6ラックユニットのモデルがあり、最小構成の参考価格は4,699,000円からとなっています。一般販売開始は各モデルともに、2008年4月の予定です。

シスコシステムズ合同会社について
シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。
シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp >

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0704R)
**2月27日に日本で発表された「Cisco QuantumFlow Processor(QFP)」のニュースリリースは、以下のWebサイトをご参照ください。
<http://www.cisco.com/web/JP/news/pr/2008/007.html >
***当資料は、3月4日に米国で発表されたリリースの抄訳です。ニュースリリースの原文は、以下のWebサイトをご参照ください。
<http://newsroom.cisco.com/dlls/2008/prod_030408.html >


お問い合わせ