日本版 ニュースリリース

シスコ、フランク・A・カルデローニをエグゼクティブ バイスプレジデントとCFOに任命


2008年 2月13日

シスコ、フランク・A・カルデローニを
エグゼクティブ バイスプレジデントとCFOに任命

〜デニス・パウエルはCFOを退任〜



米国シスコ(本社:米国 カリフォルニア州 サンノゼ、NASDAQ: CSCO、以下シスコ)は本日、フランク・A・カルデローニを2008年2月15日付けでエグゼクティブ バイスプレジデント兼CFO(最高財務責任者)に任命すると発表しました。カルデローニは、シスコで11年以上勤務し退職するデニス・パウエル(60歳)の後を引き継ぎます。カルデローニ(50歳)はシスコの会長兼CEO(最高経営責任者)のジョン チェンバーズの直属となる予定です。

「デニス・パウエルは真のパートナーであると同時にすばらしい友人であり、そしてワールドクラスの財務の専門家でした。シスコ在籍中は、財務の透明性の向上に尽力し、優れた運営手腕を発揮してくれました。カルデローニは民間企業2社でCFOを歴任した後、シスコのカスタマー ソリューション ファイナンスのシニア バイスプレジデントに就任したという経歴を持ち、パウエルの後任としてまさに適任でした。その定評あるリーダーシップと、管理/財務分野での豊富な経験は、シスコが世界規模の長期的な戦略的取り組みを展開していくなかで必ずや当社の助けとなることでしょう」とチェンバーズは述べています。

「ワールドクラスの企業のCFOとしてシスコのエグゼクティブチームの一員になれることを光栄に思っています。CFOとして、シスコが誇る圧倒的な財務の健全性を通して、今後も株主の皆様に最大限の価値を提供していきたいと考えています」とカルデローニは語っています。

シスコのCFOとしてカルデローニは、6万4,000人以上の社員を擁し、2007年度には349億ドルの収益をあげた企業のグローバルな財務組織を統率するとともに、財務戦略/運営の管理にあたります。CFOに就任する以前、カルデローニは販売・サービス組織をサポートする財務チームを率いており、同時にワールドワイド オペレーション&ビジネス デベロップメントのエグゼクティブ バイスプレジデント、カスタマー アドボカシーのエグゼクティブ バイスプレジデント、およびCMO(最高マーケティング責任者)と連携して、シスコの販売、サービス、マーケティング、およびレポーティングサイクルをサポートしていました。また、組織編成、人事、給与制度、ターゲット、販売区域設定、販売目標などの基本となる販売/サービスモデルを構築する際には先頭に立ってリーダーシップを発揮しました。

カルデローニは、QLogicとSan DiskでCFOを務めた後、2004年5月にシスコに入社し、2007年6月に現在のカスタマー ソリューション ファイナンスのシニア バイスプレジデントに就任しました。

シスコシステムズ合同会社について
シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。
シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp >

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0704R)
**当資料は、2008年 2月12日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。ニュースリリースの原文は以下のWebサイトをご参照ください。
<http://newsroom.cisco.com/dlls/2008/corp_021208.html >


お問い合わせ