日本版 ニュースリリース

シスコ、「Data Center 3.0」構想による変革を実現する新しいスイッチング基盤を発表


2008年 1月29日

シスコ、「Data Center 3.0」構想による変革を実現する
新しいスイッチング基盤を発表

〜Cisco Nexusスイッチング プラットフォームと
Cisco Catalyst 6500のモジュラ型、固定型、ブレード型の各種プラットフォームの拡充により、
データセンター向け10ギガビット イーサネット ポートフォリオを提供 〜



シスコシステムズ合同会社(社長 兼 最高経営責任者:エザード・オーバービーク、住所:東京都港区赤坂、以下シスコ)は本日、次世代データセンターの構築を目指した「Cisco Data Center 3.0」構想の実現をサポートする革新的な新しいソリューションを発表しました。その一番の核となるのが、「Data Center 3.0」構想を実現するために開発されたネットワーク プラットフォーム「Cisco Nexus® データセンタークラス スイッチ製品ファミリ」の発表ならびに「Cisco Catalyst® ファミリ」の拡充です。この新しいインフラストラクチャは、次世代データセンターに求められる厳密な運用の継続性、トランスポートの柔軟性、スケーラビリティを備えたデータセンター アーキテクチャの設計・構築に取り組むお客様をサポートするための新たなステップとなるものです。

「シスコはData Center 3.0構想を掲げることによって、データセンターを企業が新たなIT戦略を導入し、ビジネスのニーズに迅速に対応できる画期的な仮想環境へと変えようとしています。Cisco Nexus 7000シリーズは、自社内での技術革新に精力的に取り組み、新たな道を切り開いてきた結果にほかなりません。シスコの主力製品であるCisco Catalyst 6500シリーズが提供する10ギガビット イーサネット ポートフォリオと併せ、お客様がデータセンター ネットワーキングの新たな時代にスムーズに移行できるようサポートいたします」と、シスコのデータセンター、スイッチング、サービスグループ担当シニア バイスプレジデント、ジェイシュリー・ウラルは述べています。

本日発表された新しい製品は、データセンター スイッチ市場のトップシェアを誇るシスコのリーダーシップをはじめ、15年以上におよぶCisco Catalystスイッチの開発、データセンターのあらゆるコンポーネントを統合するために考えられたアーキテクチャ面からのアプローチを基に開発されたものです。シスコはまた、今後18ヶ月にわたってデータセンターへの取り組みに継続して投資していくことにしており、新製品や新機能を多数投入することにより、お客様の次世代データセンターの構築をサポートしていく予定です。

Cisco Catalyst 6500シリーズをさらに強化:「16ポート 10ギガビット イーサネット モジュール」と「Cisco Catalyst 6509-V-E シャーシ」
データセンターのアクセス環境がギガビット イーサネットから10ギガビット イーサネットへと進化しつつあることを受け、シスコはこの度、データセンター向けに最適化された「16ポート 10ギガビット イーサネット モジュール」の提供を開始いたします。本モジュールは、Cisco Catalyst 6500シリーズ スイッチの場合、1台当たり最大130ポート、Cisco Catalyst 6500仮想スイッチング システムの場合、1台当たり最大260ポートの10ギガビット イーサネットをサポートすることが可能です。新しいモジュールを導入することで、Cisco Catalyst 6500のアーキテクチャのスケーラビリティを向上させることができるため、消費電力を1ポート当たり最大50パーセント節約することができます。また、新しいモジュールを使用することにより、Cisco Catalyst 6500の10ギガビット イーサネット ポートの容量を2倍に増やすことができ、高性能のキャンパス ローカルエリア ネットワーク(LAN)を集約することも可能となるため、映像やモビリティ、その他のコラボレーション アプリケーションに対応できるよう帯域幅を増やすことができます。

「リアルタイムでコミュニケーションやコラボレーションを行うためのアプリケーションが 急増したことで、お客様は、既存のインフラストラクチャへの投資を保護しながら、ビジネスのニーズに応じて10ギガビット イーサネット ネットワークに迅速に移行できるような柔軟性のあるソリューションを求めています。新しい16ポート 10ギガビット イーサネット モジュールは、Cisco Catalyst 6500のポート容量を2倍に増やすことができるほか、世界中の企業にとってますます重要な関心事となりつつある消費電力も削減することができるため、当社のお客様にとって理想的な製品だと思います」と、ネットワンシステムズ株式会社取締役の荒井透氏は述べています。

シスコはまた、データセンターの運用を簡素化し、投資価値を最大限に高めるため、Cisco Catalyst 6500-Eシリーズ スイッチに「Cisco Catalyst 6509エンハンスド バーティカル シャーシ(V-E)」を追加することを発表しました。Cisco Catalyst 6509-V-Eシャーシは、9つの垂直スロットを備えており、前面から背面へのエアフローが採用されています。Cisco Catalyst 6500-Eシリーズ スイッチのひとつとしてこの度追加されたCisco Catalyst 6509エンハンスドV-Eは、スロット当たり最大80ギガビット/秒(Gbps)をサポートし、将来開発されるスーパバイザ エンジンやモジュールにも対応することができるようになっているため、アーキテクチャへの投資を保護することができるほか、今後ますます増えていく帯域幅のニーズにも対応することができます。Cisco Catalyst 6509-V-Eは現在、「Cisco Catalyst 6500スーパバイザ エンジン720」をはじめ、32のファミリをサポートしているほか、LANやワイドエリア ネットワーク(WAN)など、関連のサービス モジュールにも対応しているため、お客様の投資価値を高め、総所有コストを削減することが可能です。

高性能のトップオブラック スイッチ:「Cisco Catalyst 4900Mシリーズ」
「Cisco Catalyst 4900Mシリーズ」は、データセンターのラックサーバを集約するために設計・最適化されています。最高の柔軟性が求められるデータセンターの構築に最適なCisco Catalyst 4900Mシリーズは、トランスポートの柔軟性を提供するほか、トップオブラック スイッチング向けにバッファリングを最適化し、10/100/1000ポートと10ギガビット イーサネット ポートの混在が可能で、10/100/1000ポートを最大40ポートまたは10ギガビット イーサネット ポートを最大24ポートまでサポートできるようになっています。Cisco Catalyst 4900Mは、320 Gbpsのスイッチング能力と250 mppsのパケット転送能力を実現した2ラックユニット(2RU)の固定構成スイッチで、冗長電源とファンによって運用の継続性を保つとともに、10ギガビット イーサネットへの移行を簡単に行えるようにすることで投資を保護します。

Cisco Catalystブレード スイッチに仮想化機能を追加
データセンターのスケーラビリティや整理統合のニーズに対するソリューションとして、ますます多くの企業がブレード サーバに移行しつつあります。ブレード サーバとは、複数のサーバ モジュール(「ブレード」)を1台のシャーシに収容するサーバ アーキテクチャです。シスコは本日、Dellの新しい「PoweredEdge M1000eブレードサーバ」の筐体向けとして「Cisco Catalystブレード スイッチ」の販売を開始することを発表しました。これにより、サーバ エッジからネットワーク エッジのクライアントにいたるまでギガビット イーサネットのパフォーマンスを実現することにより、お客様に一貫したネットワーク セキュリティ、高可用性、サービス品質を提供していくことを発表しました。

また、新しいCisco Catalystブレード スイッチには、最大8台のスイッチを1台の論理スイッチとして管理することのできる「Virtual Blade Switch(VBS)」テクノロジーを採用し、インフラストラクチャの複雑さを軽減しました。この革新的技術は、高いパフォーマンスや回復力を提供するとともに、データセンターの設計・運用・管理を簡素化することのできるブレード スイッチの基礎となる技術です。VBSテクノロジーは、アップストリームで160 Gbpsというかつてないパフォーマンスを発揮しながら、同時にサーバへの帯域幅を2倍に増やすことができます。これは、サーバ間の通信の増加の一因となっている昨今のWeb 2.0アプリケーションにとっては特に重要な機能です。

データセンター変革の基盤:「Cisco Nexus 7000シリーズ」
「Cisco Nexus 7000シリーズ」は、データセンターのニーズに対応し、業界最高の15テラビット/秒(Tbps)にまで拡張できるよう開発された、初のスイッチ製品シリーズです。最もミッションクリティカルなデータセンターのニーズに応えるために開発されたCisco Nexus 7000は、システムの常時稼動を実現する高性能と大容量を提供し、最新のプロトコルにも対応可能なトランスポートの柔軟性を備えているため、データセンターの統合型ファブリックへの移行にも備えることができます。Cisco Nexus 7000シリーズには、定評あるシスコのストレージ エリア ネットワーク(SAN)オペレーティング システムとCisco IOS® ソフトウェアを基に開発された「Nexus Operating System(NX-OS)」が採用されており、並外れた管理性と保守性によって、リアルタイムのシステム アップグレードが可能です。シスコはまた、総合的な集中管理ソリューションとして「Cisco Data Center Network Manager(DCNM)」を発表しました。

Cisco Data Center Assurance Program
「Cisco Data Center Assurance Program(DCAP)」は、データセンター インフラストラクチャに必要なあらゆるコンポーネントをソリューションレベルで検証を実施しています。そして、この度Cisco Applications Control Engine(ACE)、VMware ESX Server、VMware VMotionなども、本プログラムの対象に加えられました。

参考価格と販売予定

製品 参考販売価格 販売予定
Cisco Nexus 7000シリーズ  ¥10,155,000〜(構成により価格は変動いたします。)  2008年2月 
Cisco 16ポート 10ギガビット イーサネット モジュール  未定 2008年第2四半期 
Cisco Catalyst 6509-V-Eシャーシ  ¥1,827,000〜 2007年12月 
Cisco Catalyst 4900Mシリーズ  ¥2,510,000〜(構成により価格は変動いたします。) 2008年2月 

シスコのデータセンター構想および製品に関する詳細資料はこちらよりご覧ください。
http://www.cisco.com/web/JP/solution/datacenter/dc30/index.html

シスコシステムズ合同会社について
シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。
シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp >

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0704R)
**当資料は、1月28日に米国で発表されたリリースの抄訳です。ニュースリリースの原文は以下のWebサイトをご参照ください。
<http://newsroom.cisco.com/dlls/2008/prod_012808.html >


お問い合わせ