日本版 ニュースリリース

シスコ、次世代エンタープライズ ソリューションを発表


2007年11月6日

シスコ、次世代エンタープライズ ソリューションを発表

〜新たな”Places In the Network”アプローチで拠点による課題を解消、
ネットワークを戦略的ビジネスプラットフォームに 〜



シスコシステムズ合同会社(代表:黒澤 保樹、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は本日、企業を支えるITインフラの根幹をなすネットワークへの新たなアプローチと次世代ソリューションを発表しました。これにより、本社・本店(キャンパス)、支店・支店(ブランチ)、データセンターの3要素からなる企業ネットワークの課題と格差を解消し、投資の保護、運用管理の簡素化と効率化、セキュリティとコラボレーションによるエンタープライズ環境の刷新を実現します。

企業におけるIT環境がビジネスの成長基盤となり複雑化する今日、生産性を向上させるには企業ネットワーク全体をひとつのプラットフォームと捉え、全体を整備し強化していくことが必要です。こうした背景から今回シスコは、新たに ”Places In the Network” アプローチを導入し、複雑化、高度化する企業ネットワークをキャンパスにおけるコアネットワーク、ブランチのリモートネットワーク、およびデータセンターの3つのエリアに大別して、それぞれにおいて必要となる要件の整理と実装を進めます。そしてこれに合わせ、本社・本店のコアネットワークを革新する「Cisco Campus Communications Fabric」ソリューションと、支社・支店におけるネットワークとビジネス環境を改善する「Cisco Empowered Branch」 ソリューションからなる2つ新たな技術と製品群を発表します。複雑なインテリジェントネットワークの構築を効率化する革新的なアプローチにより、企業ネットワークの各エリアにおけるビジネス要件、技術要件と、そこで働くひとに合わせた最適な設計を可能にし、距離やロケーションによる格差を解消して、将来にわたり企業を支援します。

1. Cisco Campus Communications Fabricソリューション
キャンパスのコアネットワークは、企業戦略に基づきビデオ会議やコラボレーションなどの各種アプリケーションを支える、ネットワークの核です。「Cisco Campus Communications Fabric」ソリューションは、ビジネスニーズに応じてキャンパスからデータセンターまでのITインフラストラクチャを簡素化し、コアネットワークの強化を図ります。これにより、ネットワーク運用管理の簡素化、仮想化によるネットワークの効率化、ネットワークサービスの統合、アプリケーションインテリジェンスへの対応、セキュリティ強化、ネットワーク断を許さない信頼性を実現します。

■ コアネットワークの仮想化によるスケーラビリティ向上
X2対応10ギガビット イーサネットを搭載したCatalyst 6500シリーズ専用エンジンVirtual Switching Supervisor Engine 720 は、複数のCatalyst 6500を仮想クラスタでひとつに統合することで、システムの帯域幅容量を1.44テラビット/秒(Tbps)まで拡張できるVSS 1440システムの構築を可能にします。従来のLayer2 のSpanning Tree、Layer3のHSRPやVRRPなどの冗長プロトコル環境からの解放を実現しながらシステムとしての帯域幅容量を2倍にし、スケーラビリティを従来の2〜4倍に向上させます。さらに筐体間での切り替えから同期を主体とするクラスタ技術への移行により、遅延に敏感なリアルタイム・アプリケーションに対応する可用性を向上させて、既存の投資価値を高めます。

■ ミッドレンジのパフォーマンス向上、投資保護
次世代ミッドレンジスイッチCisco Catalyst 4500 Eシリーズに技術革新をもたらす新しいCisco CenterFlexテクノロジーが、ネットワーク パフォーマンスの向上、投資の保護、革新的な新機能へのニーズに対応を可能にします。Cisco CenterFlexテクノロジーは、Cisco Catalyst 4500 Eシリーズの新しいスーパーバイザエンジンSupervisor Engine 6-Eの、心臓部にある中央集中型 ASIC (特定用途向け集積回路)に基づく技術です。システム帯域幅を最大320Gbps(スロット当たり従来の4倍の24Gbps)、スループットを最大 250 Mppsに向上させるほか、柔軟な運用と、既存ラインカードの機能拡張、新旧カードの混在利用を可能にします。Cisco Catalyst 4500 Eシリーズを新しいSupervisor 6-Eにアップグレードすることで、設備投資の85%を維持しながら既存のラインカード ポートにこのCenterFlex機能を追加することができます。
Cisco Catalyst 4500 Eシリーズの新製品は、Supervisor 6-Eと10ギガビット イーサネットおよび10/100/1000 PoEに対応した3つのEシリーズ ラインカード、ならびに4つのEシリーズ シャーシで構成されています。Cisco Catalyst 4500の各世代間で前方・後方互換が幅広く実現されているため、新旧のラインカード混在可能で、パフォーマンスの低下やビジネスの中断を回避します。

2. Cisco Empowered Branch ソリューション
ブランチの生産性と業務効率の向上が重要視されるなか、「Cisco Empowered Branch」ソリューションを進化させる新たな製品とサービスを投入します。これにより、セキュリティ、ユニファイド コミュニケーション、WAN/アプリケーション最適化、ワイヤレスの一貫したサービスのもと、ブランチネットワークのアーキテクチャを標準化し、性能およびコストの最適化を図ります。こうして支社、支店や小規模事業所における環境改善、本社との格差解消を支援し、総運用コストの削減と、安全、高速、柔軟で信頼性と管理性に優れたプラットフォームとしてのネットワークの構築に貢献します。

■ コミュニケーション機能の向上により生産性とコラボレーションを強化
新しい8ユーザまでの小規模ブランチオフィス向けサービス統合型ルータCisco ISR 1861シリーズが、ユニファイド コミュニケーションとセキュアなルータソリューションを組み合わせて提供します。またCisco ISR 1861のオプションとしてCisco Unified Communications Manager Express 4.2、Cisco Unity Express 2.3、およびSurvivable Remote Site Telephony(SRST)4.2を揃え、業務合理化と総運用コスト削減を支援します。
さらにCisco Catalyst 2960 LAN Liteスイッチに、エントリレベルのセキュリティ、QoS、可用性の機能を統合したCisco LAN Lite IOSを搭載して、最新のCisco ISR 1861プラットフォームを補完しながら、ブランチオフィスのネットワークへ信頼性の高いファスト イーサネット接続を可能にします。同製品は、ベーシックLayer2の機能に特化することにより、インテリジェントでありながら高いコストパフォーマンスを実現するL2スイッチです。

■ 最新のセキュリティ機能を統合
サービス統合型ルータCisco ISR シリーズ用のCisco Intrusion Prevention System Advanced Integration Module(IPS AIM)は、セキュリティリスクからリモートブランチのネットワークを保護しつつ、ウイルスに感染したブランチのホストに起因するワイドエリア ネットワーク(WAN)リンクの過負荷を抑制します。Cisco ISR 2800および3800シリーズ 用のNetwork Admission Control(NAC)ネットワーク モジュールは、小規模なブランチにおけるセキュリティ ポリシーの徹底を可能にします。

■ WAN通信のパフォーマンス改善によるアプリケーション高速化
Cisco ISR シリーズに対応するCisco IOS Performance Routing(PfR)ソフトウェアが、ネットワーク全体の状態を監視してアプリケーションのネットワーク経路をインテリジェントに最適化し、WAN通信のパフォーマンス、帯域、信頼性を最大限に向上させて、アプリケーション環境を改善します。また、サービス統合型ルータCisco ISR 3800 シリーズ用のCisco Wide Area Application Services (WAAS)ネットワークモジュールNME-WAE 522が、ブランチのサーバとストレージをデータセンターに集約し、新しいアプリケーションを一元的に導入可能にする一方で、LAN並みの性能をリモートユーザに提供することを可能にします。

■ ユニファイド ネットワーク サービスの拡充
Cisco Unified Messaging Gateway は、ボイスメールメッセージのインテリジェントなルーティングを提供し、最大1万台のボイスメール システム間での加入者情報とディレクトリ情報のやり取りを可能にします。Cisco Unified Communications Manager Express 4.2は、新たに追加された広範な音声セキュリティ機能と、ブランチにおけるエクステンション モビリティ、およびCisco Unified Contact Center Express 5.0との相互運用を通したコールセンター機能によって、ブランチサービスのさらなる強化を実現します。

3. 販売開始時期と参考価格(税抜き)

Cisco Campus Communications Fabricソリューション

Cisco Catalyst 6500 VS-S720-10Gシリーズ 6,946,000円から 2007年11月
Cisco Catalyst 4500 Eシリーズ 4,000,000円から 2007年12月(予定)

Cisco Catlyst シリーズに関する詳しい情報はこちらよりご参照ください。
Cisco Catalyst 6500 シリーズ:
http://www.cisco.com/jp/go/cat6500/
Cisco Catalyst 4500 シリーズ:
http://www.cisco.com/jp/go/cat4500/

Cisco Empowered Branchソリューション

Cisco ISR 1861 未定 2008年 第一四半期
Cisco Catalyst 2960 LAN Liteシリーズ スイッチ 135,000円から 2007年11月
NME-NAC 474,000円から 2007年10月(予定)
Cisco IPS AIM (Advanced Integration Module) 未定 2007年12月(予定)
Cisco PfR (Perfoumance Routing)ソフトウェア Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.4(15)T SP Serviceイメージ以降へのアップグレードが必要 2007年6月
Cisco Wide Area Application Services Network Module NME 522 1,219,000円から 2007年9月

Cisco Empowered Branchに関する詳しい情報はこちらよりご参照ください。
http://www.cisco.com/jp/go/empoweredbranch

シスコシステムズ合同会社について
シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。
シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp >

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。

お問い合わせ