日本版 ニュースリリース

国内ケーブル事業者、シスコの最新ワイドバンド ソリューションで超高速ブロードバンドサービスを実現


2007年10月22日

国内ケーブル事業者、シスコの最新ワイドバンド ソリューションで
超高速ブロードバンドサービスを実現





シスコシステムズ合同会社(代表:黒澤 保樹、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は本日、ケーブル事業者向けの最新ワイドバンド ソリューションにより、既設のHFC(光ファイバ同軸ハイブリッド)網を変更することなく最大下り320Mbpsの超高速ブロードバンドサービスを実現することを発表しました。

シスコは、ケーブル事業者のCMTS(ケーブル モデム ターミネーション システム)向けに、最先端の高密度ワイドバンド ソリューション「Cisco uBR10012 CMTS」を提供しています。同ソリューションは、標準化されたコンポーネントからなるモジュラ アプローチ、エッジQAM製品との組み合わせと、複数のRF(Radio Frequency) チャネルを論理的に統合するチャネル ボンディング技術により、ケーブル事業者のブロードバンドサービスにおける下りチャネル密度を2倍以上にまで向上させ、ビットあたりのコストを大幅に削減します。

ケーブル事業者は、「Cisco uBR10012 CMTS」により、既存の光ファイバと同軸ケーブルを組み合わせたHFC網を活用しながら、より少ない投資で高速化を実現し、競争力を高めます。ケーブル事業者のサービス拡大により、エンドユーザーのネットワークサービスの選択肢が広がります。

シスコのワイドバンド ソリューションは以下で構成されています。

  1. Cisco uBR10012 CMTS
    冗長構成による堅牢性と、業界最高密度を誇るCMTSソリューションで、ケーブル事業者のプライマリ電話サービスのプラットフォームとしても高い実績を持ちます。ワイドバンド向けのSPA(共有ポート アダプタ)とSIP(SPAインターフェイス プロセッサ)を搭載することで、収容能力を従来の1シャーシ当たり40DSから2倍以上の88DSに拡張することが可能です。将来のケーブル事業者データ通信標準技術仕様のグローバル標準といわれるDOCSIS3.0にも対応する予定です。
  2. ワイドバンド ケーブルモデム
    サイエンティフィック・アトランタ製「DPC2505」ならびにシスコ・リンクシス製「Linksys WCM300-JP」のケーブルモデムは、3チャンネルと8チャンネルの2つのオプションで柔軟なサービス体系を実現します。「DPC2505」は3チャンネルを束ねることにより下り最大120Mbps、「Linksys WCM300-JP」は8チャンネルを束ねることにより下り最大320Mbpsのスループットを、HFCネットワーク上で実現することができます。両モデルともDOCSIS3.0のパケットボンディング技術を採用しているため、将来DOCSIS3.0環境に移行した場合も継続して使用することができ、投資を保護します。

シスコのJ-DOCSIS対応「Linksys WCM300-JP」ワイドバンドケーブルモデム、サイエンティフィック・アトランタDPC2505」及びワイドバンドソリューションの導入により新たな超高速ブロードバンドサービスを提供するケーブル事業者は以下のとおりです。(9月30日現在、五十音順)

  • 株式会社アイティービー
  • 入間ケーブルテレビ株式会社
  • 株式会社倉敷ケーブルテレビ
  • ケーブルネット埼玉株式会社
  • 株式会社ケーブルネット鈴鹿
  • CTBメディア株式会社
  • 株式会社シー・ティー・ワイ
  • 株式会社シーテック
  • 株式会社ZTV
  • 中部ケーブルネットワーク株式会社
  • 財団法人東京ケーブルビジョン
  • 東京ベイネットワーク株式会社
  • 豊島ケーブルネットワーク株式会社
  • ひまわりネットワーク株式会社
  • 株式会社ふれあいチャンネル


シスコシステムズ合同会社について
シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。
シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp >

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。

お問い合わせ