日本版 ニュースリリース

シスコ、社屋移転に際し、日通と協力してRFIDを使った実証実験を実施


2007年4月25日

シスコ、社屋移転に際し、日通と協力して
RFIDを使った実証実験を実施

~荷物の移動をリアルタイムに把握し、確実で効率のよい移転を目指す~





シスコ(代表取締役社長:黒澤保樹、住所:東京都港区赤坂)は、4月28日から5月6日にかけて実施予定の本社移転に際し、日本通運株式会社(代表取締役社長:川合 正矩、住所:東京都港区東新橋、以下「日通」)の協力の下、RFIDを使った移転の実証実験を行うことを発表しました。

今回の実証実験は、現在新宿区にあるシスコのアライアンス&テクノロジー(以下、A&T)ラボから、移転先となる港区六本木にある東京ミッドタウンまで配送する荷物を、RFIDタグを利用してリアルタイムにトレースするものです。

従来の事務所移転は、移転企画は荷主、運搬作業は輸送事業者と完全に分業されていることが多く、輸送事業者は価格競争に重点を置かざるを得ませんでした。日通は、このような状況を変革すべく、より高付加価値のサービスを提案することで新たなビジネス領域を開拓しようと、さまざまな試みを行っています。その一環として、移転時の荷物管理にバーコードを活用するなど積極的な試みを行ってきました。この度の実験は、以前から実現したいと強い意欲を持っていた、RFIDを活用した荷物管理という初めての試みとなります。

今回対象となる荷物は、A&Tラボの機材、約400箱の予定です。RFIDタグはサーバやネットワーク機器本体に添付するもの、カートンに添付するもの、作業員が身につけるものの3種類、合わせて約600枚を利用する予定です。移転前に現在のA&Tラボがある新宿三井ビルの8Fフロアと、移転先の東京ミッドタウン27Fに、それぞれRFIDタグの読み取りゲートを設置し、作業員がカートンを持ってゲートを通過すると、RFIDタグの情報を読み取り、「Cisco Application-Oriented Networking (以下、Cisco AON)」で処理が行われます。「Cisco AON」は、ネットワークにインテリジェンスを付加する新技術であり、パケットレベルを超えて、ネットワーク内を流れるアプリケーション同士のメッセージを読み取ることが可能です。今回の実証ではCiscoがEPCGlobalに準拠したTAGコードを適切に処理できるようCisco AON処理ロジックの開発を行いました。

これにより、誰が、何時に、どのカートンに入ったどの機器を搬出または搬入したかが検知され、六本木に設置されるコントロールセンターにてリアルタイムに状況を把握することができます。これらの情報はインターネット経由でも閲覧可能で、関係者は遠隔地からでも状況を把握することが可能になります。

移転システム構成イメージ
<移転システム構成イメージ>

シスコと日通の実証実験の目標は、以下のとおりです。

  1. リアルタイムの情報把握
    従来のバーコードのようにリーダーをかざすことなく、情報を読み取ることによって、作業員の負荷を軽減しながらリアルタイムに情報を把握します。
  2. 荷物管理の質の向上
    従来の移転では多くの場合「数の管理」しかできていませんでした。これを、どのような物がいくつという「物の管理」に変えることで、確実な配送実現を目指します。
  3. 迅速な対応で、予定通りの移転を実現
    従来の移転では、計画通りにいかない場合、センターでは現場の正確な状況を把握することが難しく、対応が遅れがちでした。ネットワークを活用し映像や音声を遠隔地からリアルタイムに把握することで、現場の状況を正確に把握して迅速な対応を行い、遅れのない移転を目指します。
  4. 新たな移転のひな形を構築
    シスコのA&Tラボは、パートナーの持つテクノロジーやノウハウと、シスコのネットワークテクノロジーを組み合わせることによって、新たなビジネスを創出しています。今回もこの実証実験により、移転ビジネスにおける新たなビジネスモデルの構築を目指します。


シスコと日通は、今回の実証実験結果を踏まえたうえで、この新しいサービスをユーザーに提供していく予定です。

日本通運株式会社について
日本通運は、1937年に創立、70年にわたり日本の物流業におけるリーディングカンパニーとして、人々のより良い暮らしと産業界の発展を支えてきた。近年は、オフィスの移転時に文書の電子化や管理を行う「e-マジック」や、ゴミのでない環境にやさしい個人引越「えころじこんぽ」など、単なる物流を越えた、より付加価値の高いサービスの提供にも取り組んでいます。
<http://www.nittsu.co.jp/ >

シスコシステムズ株式会社について
シスコは、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。
シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp >

* Cisco、Cisco SystemsおよびCisco のロゴマークは、米国およびその他の地域における、Cisco Systems Inc.及び関係会社の登録商標です。その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ