日本版 ニュースリリース

シスコ、SpansLogic社の買収契約を発表


2007年3月29日

シスコ、SpansLogic社の買収契約を発表





米国シスコ(本社:米国 カリフォルニア州 サンノゼ、NASDAQ: CSCO、以下シスコ)は2007 年 3月28日、株式非公開企業のSpansLogic Inc.(本社:米カリフォルニア州マウンテンビュー)の買収契約が正式に成立したことを発表しました。SpansLogic社は、ネットワーク全体のパケット処理スピードを劇的に改善するプロセッサを提供する大手メーカーです。

SpansLogic社のパフォーマンスをシスコのスイッチ プラットフォームに組み込むことによって、各世代のイーサネット サービスの速度は10倍に高速化され、これまでにない機能効率が実現されます。 「ネットワークをきわめて高速なプロセッシング機能に緊密に統合し、ボトルネックを解消することは不可欠なことです。SpansLogic社によって、シスコは全体的なトラフィック効率およびネットワーク全体のスループットを改善できるようになるでしょう」と、データセンター事業部(DCBU)の上級副社長、トム・エドソールは述べています。 SpansLogic社は2004年に設立され、カリフォルニア州マウンテンビューに14名の従業員を擁しています。 なお、買収契約の条件については、公表されませんでした。買収は、標準的な完了条件に基づいて行われ、シスコの2007年会計年度第3四半期が終了する2007年4月28日までに完了する予定です。 買収が完了した時点で、SpansLogic社の人材と製品は、トム・エドソールが率いるデータセンター事業部(DCBU)に統合される予定です。

シスコシステムズ株式会社について
シスコは、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。
シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp >

*Cisco、Cisco IOS、Cisco Systems、CatalystおよびCisco Systemsのロゴマークは、米国およびその他の地域における、Cisco Systems Inc.及び関係会社の登録商標です。その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。
**当資料は、2007年3月28日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳になります。
<http://newsroom.cisco.com/dlls/2007/corp_032807.html >

お問い合わせ