日本版 ニュースリリース

シスコの適応型セキュリティアプライアンスを トレンドマイクロオリジナルパッケージで提供


2007年3月26日

シスコの適応型セキュリティアプライアンスを
トレンドマイクロオリジナルパッケージで提供

~Cisco ASA5510 Anti-X Editionを中堅・中小企業向けに最適なソフトウェアライセンス、
保守サービスと組み合わせ、トレンドマイクロでパッケージ化 ~





トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン)とシスコシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:黒澤 保樹、以下シスコ)は、適応型セキュリティアプライアンスCisco ASA5510 Anti-X Editionの中堅・中小企業向けトレンドマイクロオリジナルパッケージを4月23日より、トレンドマイクロの販売チャネルを通じて販売開始することを発表します。今回の新しい提案は、両社の戦略的パートナーシップの継続を表しています。 また、ソリューションの一部として、本パッケージのハードウェア、ソフトウェアの保守に関するお問い合わせは、一括してトレンドマイクロで一次受付を行い、ソフトウェアとハードウェアの両方の問題に対する包括的なソリューションをお客様にお届けします。

シスコとトレンドマイクロは、Cisco NAC(Network Admission Control)プログラムの積極的な推進はもとより、2004年6月に発表した両社の合意に基づき、シスコのルータ、スイッチ、IDS製品にトレンドマイクロのネットワークウイルス対策技術を搭載するなど、提携による新しいネットワークセキュリティソリューションの開発と販売を進めてまいりました。特に2006年3月に発売したCisco ASA5500シリーズには、トレンドマイクロのゲートウェイセキュリティ技術を搭載したオプションモジュールCSC-SSMを用意し、両社の技術を融合したUTMアプライアンスとして中小規模から大企業まで幅広いお客様に導入いただいています。

トレンドマイクロは、中堅・中小企業向けのUTMアプライアンスとして、Cisco ASA5510 Anti-X Editionを選択しました。トレンドマイクロオリジナルパッケージは、Cisco ASA5500シリーズの多様なラインナップとオプションの中から、中堅・中小企業のお客様に最適なハードウェア、ソフトウェアライセンス、保守サービスを組み合わせたパッケージソリューションです。VPN、ファイアウォール、メールとWebのウイルス対策の基礎機能に加え、メールコンテンツフィルタリング、URLフィルタリング、IPレピュテーションによるスパムメール対策などのコンテンツセキュリティ機能をハードウェア1台に集約し、企業ネットワークをゲートウェイで保護します。

トレンドマイクロ株式会社について
トレンドマイクロ(TSE:4704、NASDAQ:TMIC)は、ウイルス対策ソフトウェアを主としたセキュリティ対策製品の開発、販売及びセキュリティ対策サービスをワールドワイドに展開しています。また、お客様に迅速にサービスをご提供するため、ウイルス解析・サポートセンターである「TrendLabs」(トレンドラボ)を設立し世界中から選び抜かれた 800名以上のスタッフで、24時間365日ウイルスの情報収集や調査、解析活動を行っています。トレンドマイクロの製品およびソリューションについては、http://www.trendmicro.co.jp をご覧ください。

シスコシステムズ株式会社について
シスコは、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。
シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp >

* 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

お問い合わせ