日本版 ニュースリリース

シスコ、連邦通信委員会前委員長マイケル・K・パウエル氏を取締役に任命


2007年3月26日

シスコ、連邦通信委員会前委員長
マイケル・K・パウエル氏を取締役に任命





米国シスコ(本社:米国 カリフォルニア州 サンノゼ、NASDAQ: CSCO、以下シスコ)は2007 年 3月 22 日、マイケル・K・パウエル氏を2007年3月22日付で取締役に任命したと発表しました。

「マイケル・パウエル氏をシスコの取締役として迎えることができ、たいへん光栄です。パウエル氏は連邦通信委員会(FCC)委員長時代に、広範囲をカバーする低料金のブロードバンドの国内導入を進めるプロジェクトをサポートし、また、データ、音声、ビデオの統合によってもたらされる膨大な可能性についても深く理解しています。このように通信分野における幅広い経験を持つ人物を取締役会に迎え入れることは、シスコにとってきわめて有益であると考えます」とシスコの会長兼CEOのジョン チェンバーズは述べています。

マイケル・パウエル氏(43歳)は現在、Providence Equity Partnersの上級顧問とMK Powellグループの会長を兼任しています。1997年にウィリアム・J・クリントン大統領の指名を受け、共和党議員としてFCC委員に就任。その後2001年にジョージ・W・ブッシュ大統領によりFCC委員長に任命され、2005年まで同職を務めました。それ以前は、リチャード・B・チェイニー国防長官の政策顧問、コロンビア特別地区連邦控訴裁判所のハリー・T・エドワーズ裁判長の補佐役、法律事務所O'Melveny & Myers LLPワシントンDCオフィスの共同経営者を経て、司法省反トラスト局の局長首席補佐官に就任。また、米陸軍において機甲部隊の指揮官を務めた経験もあります。パウエル氏はウィリアム アンド メアリー大学で政府学士号を、ジョージタウン大学ロー センターで法学士号を取得しています。

パウエル氏はランド研究所とアスペン研究所の評議会の一員であり、ObjectVideoとCMWare, Inc.の取締役、およびウィリアム アンド メアリー大学訪問者委員会の委員長も兼任しています。

パウエル氏の任命に伴い、シスコの取締役会の構成人数は総勢12名となりました。パウエル氏以外の11名は、キャロル・A・バーツ(Autodesk, Inc.代表取締役会長)、M・ミシェル・バーンズ(Mercer Human Resource Consulting LLC 会長兼CEO)、マイケル・D・カペラス(Silver Lake Partners上級顧問)、ラリー・R・カーター(シスコシステムズ社長室上級副社長)、ジョン・T・チェンバーズ(シスコシステムズ会長兼CEO)、ブライアン・L・ハラ(National Semiconductor Corporation会長兼CEO)、ジョン・L・ヘネシー博士(スタンフォード大学学長)、リチャード・M・コヴァセヴィッチ(Wells Fargo & Company会長兼CEO)、ローデリック・C・マクギアリー(BearingPoint, Inc.会長)、スティーブン・M・ウェスト(Emerging Company Partners創業者兼パートナー)、ジェリー・ヤン(Yahoo! Inc.共同創業者、チーフ Yahoo!および取締役)となっています。

シスコシステムズ株式会社について
シスコは、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。
シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp >

*Cisco、Cisco IOS、Cisco Systems、CatalystおよびCisco Systemsのロゴマークは、米国およびその他の地域における、Cisco Systems Inc.及び関係会社の登録商標です。その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。
**当資料は、2007年3月22日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳になります。
<http://newsroom.cisco.com/dlls/2007/corp_032207.html >

お問い合わせ