日本版 ニュースリリース

シスコのユニファイドコミュニケーションをダイエーが導入


シスコのユニファイドコミュニケーションをダイエーが導入

~ワークスタイルの変革による生産性向上を目指す~

Aug 11, 2006
No. 2006024





インターネット向けネットワーキング機器ベンダーの最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金:4億5千万円、住所:東京都港区赤坂2-14-27、以下「シスコ」)は、株式会社ダイエー(代表取締役社長:樋口 泰行、資本金:565億円、住所:東京都江東区東陽2-2-20、以下「ダイエー」)が、本社移転を機に、シスコのユニファイド コミュニケーション ソリューションを導入したことを発表しました。

ダイエーは、2006年5月25日から6月18日にかけて本社を移転、これに伴い、ビジネスの生産性と顧客対応力の向上を推進することを目的とし、店舗網を含めた全社ネットワークの再構築を実施しました。 導入にあたっては、ワンクリックで電話をかけたり、かかってきた電話機の履歴を確認したり、電話にテキストのメッセージを残すなど、従来の電話機では実現できなかった機能により業務プロセスの合理化が実現できることと、インフラ統合によるコスト削減が見込めることからシスコ製品を推すコンソーシアムの採用を決定しました。

システムは、本社と多摩のデータセンターに呼制御サーバ「Cisco Unified CallManager」をそれぞれ設置し、二重化しています。コアスイッチにはCisco Catalyst 4948を採用、端末には、Cisco Unified IP Phone 7961Gを1250台、Cisco Unified IP Phone 7970Gを50台、Cisco Unified IP Phone 7912Gを100台の計1400台を導入し、本社ネットワークにおけるデータと音声の統合を実現しました。

今回ダイエーが期待したワークスタイルを変革するためのアプリケーションとして選んだのが、今回のシステム設計・構築を担当したユニアデックスの「IPフォンナビゲーター」です。これを使うことで、PCの画面上から電話をかけたい相手を検索し、ワンクリックで電話をかけたり、メモ機能を利用して外出/休暇中などプレゼンスを登録することが可能です。 また、不在時に、相手のCisco Unified IP Phoneのディスプレイ上に簡単なテキストによるメッセージを残せるようになりました。これにより、eメールによる連絡や、紙による伝言メモなどが不要となり、業務の効率化を実現しました。

さらに、少人数の電話会議には、IPフォンを活用、LANがつながるところならどこでも電話会議ができるので、地方の事務所や、店舗との会議を気軽に行うことが可能になります。同社は、今回本社に1400台のIPフォンを導入し、これらの機能を活用していくことにより、本社の生産性向上を一気に推進します。

今後は、地方の事務所および店舗に、順次ボイス ゲートウェイを設置し、まずは既存PBXを残しながら拠点間のIP化を推進し、拠点間の通信費削減を目指します。そのうえで、今回のシステム導入による生産性向上の効果測定を行いながら、順次地方の事務所や店舗にも展開を図っていきます。将来的には、IPフォンを店舗の情報端末に活用を検討するなど、より一層のワークスタイル変革に活用していく予定です。

シスコシステムズ株式会社について
シスコシステムズ株式会社は、米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコシステムズは、より安全で快適なインタネットネットワーキング環境の提供と、企業・団体・組織の生産性向上をお手伝いするために、基盤となるネットワークにインテリジェンスを組み込みネットワークの可能性を解放する、IIN(Intelligent Information Networks)を提唱していきます。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp >

*Cisco、Cisco SystemsおよびCisco Systemsのロゴマークは、米国およびその他の地域における、Cisco Systems Inc.及び関係会社の登録商標です。その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ