日本版 ニュースリリース

シスコシステムズ、Meetinghouse買収を発表


シスコシステムズ、Meetinghouse買収を発表

Jul. 07, 2006
No. 2006018





2006年7月6日、米カリフォルニア州サンノゼ発
シスコシステムズ (以下シスコ) は本日、米ニューハンプシャー州ポーツマスの株式非公開企業Meetinghouse Data Communications, Inc. (以下Meetinghouse) を買収することで正式合意したと発表しました。

Meetinghouseでは、アクセス許可を持つユーザおよびホストデバイスだけが有線/無線メディアを介して企業のネットワーク上にあるリソースにアクセスできるよう制限することが可能な、802.1Xに準拠したクライアントサイドのサプリカント セキュリティ ソフトウェアを提供しています。同社のAEGIS SecureConnect製品群がシスコのセキュリティ ポートフォリオに加わることによって、すべての機能を1つに統合した有線/無線クライアントを提供できるようになり、その結果、お客様側では多種多様なホスト デバイスおよびオペレーティング システムのセキュリティ管理が簡素化され、運用コストの削減が可能になります。

「企業ネットワークにおける機密情報への不正アクセスが増加するなか、堅牢で管理が容易なクライアントベースのセキュリティ ソリューションによる接続保護を求める声が、ますます高まっています。Meetinghouseのソフトウェア サプリカントは、ネットワーク アドミッション コントロール (NAC: Network Admission Control) に基づく『Cisco Self Defending Network構想』や『Cisco Compatible Extensions (CCX) プログラム』といったシスコの既存のイニシアティブに違和感なくなじむセキュリティ製品です」とシスコのワイヤレス ネットワーキング ビジネスユニット (WNBU) 担当副社長兼ゼネラルマネージャのブレット・ギャロウェイは述べています。

契約条件に基づき、シスコは約4,370万ドルを現金および引受オプションで支払うことになっています。Meetinghouseの買収は、関連する規制当局の承認を含む標準的な完了条件に従い、2006年10月28日を期末とするシスコの2007年会計年度第1四半期中に完了する見通しです。

Meetinghouseは米ニューハンプシャー州ポーツマスにて1988年に設立され、現在77名の社員を擁しています。

買収が完了した時点で、Meetinghouseのチームと製品はWNBUに統合され、ギャロウェイの指揮下に置かれる予定です。

シスコシステムズ株式会社について
シスコシステムズ株式会社は、米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコシステムズは、より安全で快適なインタネットネットワーキング環境の提供と、企業・団体・組織の生産性向上をお手伝いするために、基盤となるネットワークにインテリジェンスを組み込みネットワークの可能性を解放する、IIN(Intelligent Information Networks)を提唱していきます。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp >

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsのロゴマークは、米国およびその他の地域における、Cisco Systems Inc.及び関係会社の登録商標です。その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。
** 当資料は、2006年7月6日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。 <http://newsroom.cisco.com/dlls/2006/corp_070606.html >

お問い合わせ