日本版 ニュースリリース

NGNを構築する次世代ハイエンドルータを販売開始


NGNを構築する次世代ハイエンドルータを販売開始

~戦略提携により、ルーティングポートフォリオを拡充~

May. 25, 2006
No.2006014





富士通株式会社(代表取締役社長:黒川 博昭、本社:東京都港区、以下富士通)とシスコシステムズ(社長兼CEO:ジョン・チェンバーズ、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下シスコ)は、共同ブランドのハイエンドルータ「Fujitsu and Cisco XR12400」シリーズ(4モデル)を5月25日より、日本国内向けに販売します。同製品は、2004年12月6日に発表した両社の戦略提携によって実現した最新の製品となるもので、2005年5月より提供しております「Fujitsu and Cisco CRS-1」と同様、次世代OS「Cisco IOS XR」を搭載しています。

「Fujitsu and Cisco XR12400」シリーズは、セキュアな仮想化、システムの常時稼動、マルチサービスの拡張性を実現し、スロットあたり毎秒2.5ギガビットから10ギガビットまで対応できるインテリジェントなルーティングソリューションを提供することにより、次世代IPネットワークやMPLS(Multiprotocol Label Switching) (注1) ネットワークの構築を可能にします。 あわせて、「Fujitsu and Cisco CRS-1」では、マルチシェルフシステムの追加による機能強化を行うことにより、今後予想されるトラフィックの増大に応じたネットワークの拡張を可能にします。 これにより両社は、日本の通信事業者向けに、豊富なラインナップの中から最適な機種をご提案することができます。

【今回の強化ポイント】

1. 「Fujitsu and Cisco XR12400シリーズ(4モデル)」を提供
「Fujitsu and Cisco CRS-1」と同様、次世代OS「Cisco IOS XR」を搭載し、高性能、高信頼性と優れた柔軟性および拡張性を備えています。スイッチング容量は、80ギガビットから320ギガビットまでをカバーする4モデルがあり、スロットあたり10ギガビットまで対応しています。さらに、今後「Fujitsu and Cisco XR12000シリーズ」の各モデルを提供し、スロットあたり数10ギガビットまで対応いたします。

2. 「Fujitsu and Cisco CRS-1」の機能強化
「Fujitsu and Cisco CRS-1」にマルチシェルフシステムを追加することにより、スイッチング容量毎秒2.5テラビットが実現可能となります。将来的には2~72台のラインカードシェルフと1~8台のファブリックシェルフで構成され、スイッチング容量を最大で毎秒92テラビットまで増強できます。

3. 次世代ハイエンドルータ向けOS「Cisco IOS XR」の機能強化
「Fujitsu and Cisco XR12400シリーズ(4モデル)」、および「Fujitsu and Cisco CRS-1」に搭載される「Cisco IOS XR」の最新リリースは、GMPLS(注2)機能や、装置のハイスケーラビリティを提供するSDR(Secure Domain Router)機能(注3)のサポートを実現しました。
富士通とシスコは日本のハイレベルなキャリアグレードに対応するため、「Cisco IOS XR」の共同開発を進めてまいりました。本リリースにおいて、SLA(注4)確保に欠かせないトラフィック状況の分析機能など、日本の通信事業者のご要望にお応えしました。

【販売価格、および出荷時期】

商品名 販売価格(税別) 出荷予定時期
Fujitsu and Cisco XR12400シリーズ
(4スロットシャーシと「Cisco IOS XR」)
844万4000円 2006年10月

【NGNを支える富士通とシスコ両社の取組み】
富士通とシスコでは日本における共同マーケティング活動により、お客様の要望にお応えしたソリューションをご提供するとともに、両社共同で実施している品質管理活動や、万一の障害時における迅速な対応についても引き続き強化してまいります。 また、富士通では、最先端技術とノウハウやリソースを組み合わせたトップレベルのサービスをご提供できるよう人材育成に努め、富士通グループにおいて現在60名を超えるCCIE(注5)取得者を有するに至りました。富士通では、ネットワーク社会を支える通信キャリア業界に対し、高い技術力を背景に信頼性の高い安定したサービスをご提供いたします。

【商標について】
記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

【注釈】
(注1) MPLS( Multiprotocol Label Switching)
大規模なIPネットワークで、高速かつ安全にパケットを転送するための技術。データの宛先を指定する「ラベル」をIPパケトに付加することにより、転送を高速化し、セキュリティを確保することが可能になる。

(注2)GMPLS(Generalized Multiprotocol Label Switching)
MPLSを、TDM(時分割多重)やスイッチング(SONET/SDH)、波長スイッチング(Lambda)、物理ポートスイッチング(Fiber)など、ネットワークのあらゆるレイヤに拡張した技術。通常のMPLSは、IPパケットの識別に固定長のラベルを用いるが、GMPLSでは、これらのラベルを光レイヤにも用いることができ、複数のレイヤでデータとラベル情報を転送することができるため、大容量データの通信やネットワーク制御の統合が可能になる。

(注3) SDR(Secure Domain Router)
1台のルータを複数の独立したルータに分割する機能。SDRは1台のルータを分割したものが、それぞれにリソースが割り当てられているため、高可用性を実現できる。SDRに分割するには、専用のルートプロセッサとラインカードが必要となる。

(注4)SLA(Service Level Agreement)
通信サービスの事業者と利用者において、提供されるべきサービス品質および守られるべき水準についての合意内容。

(注5)CCIE(Cisco Certified Internetwork Expert):シスコの定める最も高い技術認定資格。


お問い合わせ