日本版 ニュースリリース

シスコとCTC、三越の電子タグ実証実験にタッチパネルIPコミュニケーションを提供


シスコとCTC、三越の電子タグ実証実験に タッチパネルIPコミュニケーションを提供

~IPフォンを店舗の情報端末として活用~

Jan. 31, 2006
No.2006001





伊藤忠テクノサイエンス株式会社(代表取締役社長:奥田 陽一、資本金:217億6,300万円、住所:東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル、以下「CTC」)と、インターネット向けネットワーキング機器ベンダーの最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金:22億2千万円、住所:東京都港区赤坂2-14-27、以下「シスコ」)は、2006年1月31日から2週間、株式会社三越(本社:東京都中央区 代表取締役社長:石塚 邦雄、以下「三越」)で行われる三越銀座店2階の自主編集売場「ニューヨークランウェイ」での、電子タグを活用した未来型店舗サービス実現のための電子タグ実証実験に参加することを発表します。

三越の電子タグ実証実験
三越では、経済産業省の平成17年度電子タグ実証実験「日本版フューチャーストア・プロジェクト」(未来型店舗サービスのための電子タグ実証実験)(注1)として、プレミアムジーンズ約5000着に電子タグを取り付け、スマートシェルフ(電子タグを読み取るリーダーを設置した商品陳列棚)を利用したお客様自身による在庫確認の実証実験(「顧客視点のスマートシェルフ」)を行います。 また、同時にフィッティングルームでのサイズ検索(「インテリジェントフィッティグルーム」)、店頭タッチパネルによる希望条件にあった商品の提案(「e-リコメンデーション」)、アクティブタグ(自己発振型電子タグ)と携帯電話を組み合わせたコンシェルジュサービス(「次世代型顧客管理システム」)などの実証実験も実施し、電子タグを活用した未来型の店舗サービスの可能性を検証します。

これら実証実験の中で、シスコとCTCは、「インテリジェントフィッティングルーム」のシステム構築を担当しました。

「インテリジェントフィッティングルーム」について
「インテリジェントフィッティングルーム」とは、お客様が試着室に持ち込んだジーンズの別サイズの在庫を、お客様自身が試着室内で確認できる仕組みであり、IPフォンを情報端末に利用した商品検索システムです。利用するお客様の満足度の向上と販売員の接客時間の短縮による生産性の向上が図れます。

システム構成は、試着室にアプリケーションを搭載したIPフォン「Cisco IP Phone 7970G」とICタグリーダーを設置し、そこから「Cisco Catalyst 3560シリーズ」、PoE スイッチを経由してサーバルームのアプリケーションサーバと呼制御サーバ「Cisco CallManager」に接続します。さらに、データセンターにある商品マスタや在庫マスタなどのシステムから在庫情報をリアルタイムで呼び出し電話機の液晶パネルに表示します。なお、今回のIPフォンアプリケーションは、米国LiteScape Technologies社が開発しています。

<インテリジェントフィッティングルーム システム構成>

お客様は持ち込んだ商品についたICタグをリーダーで読み取ります。すると、IPフォンの液晶パネルに該当商品のサイズ一覧が表示されるので、そのなかから求めるサイズをタッチすると、在庫の有無がわかるしくみになっています。

<在庫問合せ画面>

「インテリジェントフィッティングルーム」で期待されるメリット

顧客満足度向上
お客様が自分で素早く在庫検索ができるので、店員が売場や倉庫まで調べに行く間の待ち時間を減らすことが可能です。 今回の実験では音声機能は使いませんが、音声機能を利用すれば、電話で連絡をし、在庫があるものに関してはすぐに店員に持ってきてもらうことが可能になり、お客様の待ち時間の短縮など、より一層サービスの向上が可能となります。

省スペースでの設置が可能
従来のタッチパネルPCと比較すると、省スペースでの設置が可能です。特に、試着室という限られたスペースでは、その小ささは大きなメリットです。また、イーサケーブルで給電するため、電源工事が不要な点も導入時の投資の抑制を可能にします。

今回の取組みは、「IPフォン」を「情報端末」として活用した画期的な事例です。どこの店舗にも設置されている電話機にシスコのIPフォンを利用し、社内システムと連携させることで、セキュリティを保ちながら来店情報や購買履歴など顧客情報の管理も可能となります。

三越では、実験の効果を確認後、1~2年後を目処に実導入を検討しています。

(注1)
株式会社三越で行われる電子タグ実証実験では、経済産業省平成17年度電子タグ実証実験を含め、以下の5つの実験を同時に実施いたします。各実験には、三越に加え、下記の企業が参加しています。

(1)「顧客視点のスマートシェルフ」
(経済産業省 平成17年度電子タグ実証実験「日本版フューチャーストア・プロジェクト」)
富士通株式会社、富士通関西中部ネットテック株式会社、株式会社富士通研究所、富士通サポートアンドサービス株式会社、株式会社富士通四国システムズ、株式会社富士通総研、富士通フロンテック株式会社

(2)「インテリジェントフィッティングルーム」
富士通株式会社、シスコシステムズ株式会社、伊藤忠テクノサイエンス株式会社

(3)「e-リコメンデーション」
NTTコムウェア株式会社

(4)「次世代型顧客管理システム」
富士通株式会社、富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社、株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ

(5)「次世代型SCMシステム」
富士通株式会社、東京納品代行株式会社、浪速運送株式会社、株式会社富士通四国システムズ

伊藤忠テクノサイエンス株式会社(CTC)について
CTCは、通信・放送、金融、製造、流通など多岐にわたる業種・業務のお客様企業にシステムのコンサルティングから設計・開発、運用・保守サポートまで一貫したサービスを提供するトータルソリューションプロバイダです。特に安定性・堅牢性が求められる大規模なネットワークシステムの構築に強みを持ち、全国約100ヶ所のサポート拠点から保守サービスも提供しています。米国をはじめとする世界9ヶ国、約200社のベンダーパートナー企業との強いパートナーシップをもとに、お客様に最適なシステムをご提供します。<http://www.ctc-g.co.jp >

シスコシステムズ株式会社について
シスコシステムズ株式会社は、米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコシステムズは、より安全で快適なインタネットネットワーキング環境の提供と、企業・団体・組織の生産性向上をお手伝いするために、基盤となるネットワークにインテリジェンスを組み込みネットワークの可能性を解放する、IIN (Intelligent Information Networks)を提唱していきます。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp >

* Cisco、Cisco SystemsおよびCisco Systemsのロゴマークは、米国およびその他の地域における、 Cisco Systems Inc. 及び関係会社の登録商標です。その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ