日本版 ニュースリリース

シスコ、NTTコミュニケーションズ企業向けIP電話サービスで接続


シスコ、NTTコミュニケーションズ企業向けIP電話サービスで接続

~エンド・ツー・エンドのIP接続で通話コストの削減と業務効率の向上を実現~

Oct. 18, 2005
No.2005058





インターネット向けネットワーキング機器ベンダーの最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金:22億2千万円、住所:東京都港区赤坂2-14-27、以下「シスコ」)は、10月19日より、シスコの企業向けIPコミュニケーションシステム(呼制御サーバ)である「Cisco CallManager」、及び中小オフィス向け統合型IPコミュニケーションシステムである「Cisco CallManager Express」とNTTコミュニケーションズ株式会社(代表取締役社長:和才 博美、資本金:2,116億5千万円、住所:東京都千代田区内幸町1-1-6、以下「NTT Com」)の提供する企業向けIP電話サービス「.Phone IP Centrex」(注1)の接続を開始することを発表します。

今回、NTT Comの「.Phone IP Centrex」と「Cisco CallManager」をシームレスにIP接続するのが、Cisco IOSに統合されたセッション ボーダー コントローラ「Cisco Multiservice IP-to-IP Gateway(以下「IPIPGW」)になります。IPIPGW機能を分散配置することにより、事業拠点ごとに「.Phone IP Centrex」を接続することが可能となります。
一方、「Cisco CallManager Express」では、Ciscoルータ(Cisco 2600/3700シリーズ、及びサービス統合型ルータのCisco ISR(Integrated Services Router)2800/3800シリーズ)にIPテレフォニー機能を搭載しており、ルータインタフェースで専用装置を必要とせずに「.Phone IP Centrex」への接続が可能となります。
IPIPGWは、Cisco IOS機能の一つであるため、Ciscoルータが提供するルーティング機能やセキュリティ機能とオペレーションの統合を実現すると共に専用機器ではないため投資コストを抑えることが可能です。

また本ソリューションの提供により、お客様はIP電話による通話コストの削減を実現すると同時に、シスコの提供する「Cisco IP Communicator(ソフトフォン)」や「Cisco Unity」などのIPコミュニケーションアプリケーションと連携し、業務の効率化を推進することが可能となります。

Cisco Multiservice IP-to-IP Gateway

販売開始時期 : 2005年10月19日
価格 : 1,319,000円 (本体+IOS+IPIPGWライセンス込)
Cisco ISR 2811 (最大200セッション)の場合
製品詳細 : <http://www.cisco.com/jp/product/hs/iptel/mipg/prodlit/mipg_ds.shtml>

(注1)「.Phone IP Centrex」は、NTTコミュニケーションズが提供するIPセントレックス型の企業向けIP電話サービスです。「.Phone IP Centrex」サービスの概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.ntt.com/centrex/index.html>

シスコシステムズ株式会社について
シスコシステムズ株式会社は、米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコシステムズは、より安全で快適なインタネットネットワーキング環境の提供と、企業・団体・組織の生産性向上をお手伝いするために、基盤となるネットワークにインテリジェンスを組み込みネットワークの可能性を解放する、IIN(Intelligent Information Networks)を提唱していきます。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

*Cisco、Cisco SystemsおよびCisco Systemsのロゴマークは、米国およびその他の地域における、Cisco Systems Inc.及び関係会社の登録商標です。その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ