日本版 ニュースリリース

日本HP、シスコシステムズとネットワーク・セキュリティ分野で協業


日本HP、シスコシステムズとネットワーク・セキュリティ分野で協業

~HPがCisco NACプログラムに参加、検疫ソリューションの分野で
包括的な取り組みを実施 ~

Oct. 14, 2005
No.2005057





日本ヒューレット・パッカード株式会社(代表取締役社長:小田 晋吾、資本金:100億円、住所:東京都品川区2-2-24、以下「日本HP」)とインターネット向けネットワーキング機器ベンダーの最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金:22億2千万円、住所:東京都港区赤坂2-14-27、以下「シスコ」)は本日より、ネットワーク・セキュリティの分野に関して包括的な協業を開始します。両社は今後、それぞれの製品やソリューションの強みを生かし、互いに機能を補完しながら、高いセキュリティレベルを必要とする企業のお客様により強固で安全な総合的ネットワークソリューションを提供していきます。

この包括的な協業に伴う取り組みとして、日本HPはシスコのネットワーク アドミッション コントロール(Network Admission Control、以下「Cisco NAC」)プログラムに参加し、クライアントPCの認証・検疫ソリューション「HP Quarantine System」と「Cisco NACソリューション」の技術的連携を進めます。

今回の取り組みで目指す、技術的連携の具体的内容は以下のとおりです。

  • 「HP Quarantine System」(*1)のコンポーネントである「Qu Agent」と、「Cisco NACソリューション」(*2)の構成要素である「Cisco Trust Agent」との連携動作
  • 「Cisco NACソリューション」の提供するネットワーク全体のセキュリティポリシー適用と「HP Quarantine System」によるPCクライアントのコンプライアンス検査の組み合わせによる、より強固なセキュリティソリューションの展開


技術連携のメリット

「Cisco NAC ソリューション」と 「HP Quarantine System」 の連携によって、両社製品に共通の "検疫ポリシー"(ネットワークの検疫を行う基準) のもと "制御ポイント"(検疫ポリシーに基づいて検疫を実施する箇所) をルータや VPN 機器のアクセスコントロールや 802.1x 対応のスイッチポートとすることが可能となり、より強固な認証とネットワーク接続制御を提供し不正アクセスやウィルスの脅威から企業ネットワークを守ります。また、802.1x 非対応のスイッチが混在する環境や 802.1x未対応のクライアントが混在する環境においても連携動作が可能で、既存システムに対する親和性も高く、スムーズに導入することができます。
本技術提携は、既存ネットワークから将来のネットワークまで、変化する環境に柔軟に対応できる認証&検疫システムを実現します。

両社は今後連携動作の検証を行い、NAC対応のHP Quarantine Systemの新バージョンを2006年初めごろに出荷する予定です。
日本HPは、シスコのNACソリューションを支援し、2006年12月末までに50システムの納入を目指して本製品を販売します。

認証&検疫ソリューションに関する情報は以下のURLを参照してください。
<http://www.hp.com/jp/qu/ >

(*1) HP Quarantine System概要
HP Quarantine System は日本HPが開発した、認証&検疫ソリューションです。OS 関連のパッチ、IE 関連のパッチ、アンチウイルス定義ファイル、指定のレジストリ値、指定ファイルの有無など様々な項目を "検疫ポリシー" として定義し、クライアント PC が当該システムに登録されているか、 "検疫ポリシー" に適合しているかを検査してネットワークへの接続可否を判断します。接続不可と判断された PC には"制御ポイント" を DHCP として、検疫用の隔離された IP Address を付与することでユーザネットワークへの接続を制限します。(Quarantine:検疫・隔離の意)

(*2) Cisco NAC概要
Network Admission Control(NAC)は、シスコシステムズ社が主導するマルチパートナープログラムで、ネットワークへ接続される端末のセキュリティレベルを既存のネットワーク機器で確保する、シスコ主導の業界アライアンスをベースとしたセキュリティ ソリューションです。OSレベルやパッチ状況、アンチウィルスソフトをはじめとするクライアントセキュリティソフトの情報、資産管理的な要素を始め、NACに対応したアプリケーションの状態を監視・精査を可能にします。ポリシーに準拠した端末へのネットワークアクセス確保、基準値を満たさない端末の隔離と免疫作業をネットワークと融合することにより、企業ネットワーク全体の健全度の向上を図ります。ネットワークのインフラストラクチュアレベルからセキュリティを確立していくためのアプローチです。NAC に関する詳細はこちらになります。
<http://www.cisco.com/jp/go/nac/ >



日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)について
HPはコンシューマ、企業、各種機関等に世界規模でサービスを提供するテクノロジー・ソリューション・プロバイダとして、ITインフラストラクチャ、コンサルティング&インテグレーションサービスからPC、PDA、プリンタまで幅広い製品、サービスを提供しています。2005年7月31日締めの年間売上高は852億ドルでした。HP (NYSE, Nasdaq: HPQ) についての情報はhttp://www.hp.com/ をご覧ください。日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)はHPの日本法人です。
<http://www.hp.com/jp/ >

シスコシステムズ株式会社について
シスコシステムズ株式会社は、米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコシステムズは、より安全で快適なインタネットネットワーキング環境の提供と、企業・団体・組織の生産性向上をお手伝いするために、基盤となるネットワークにインテリジェンスを組み込みネットワークの可能性を解放する、IIN(Intelligent Information Networks)を提唱していきます。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp >

*文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ