日本版 ニュースリリース

シスコ、中堅・中小企業向けに高性能でシンプルかつ安全性の高い「シスコ ビジネス コミュニケーション ソリューション」を提供


シスコ、中堅・中小企業向けに高性能でシンプルかつ安全性の高い
「シスコ ビジネス コミュニケーション ソリューション」を提供

~音声・スイッチ製品、サポート、ファイナンスを盛り込んだ
「オール イン ワン」ソリューションを提供 ~

Sep. 21, 2005
No.2005052





インターネット向けネットワーキング機器ベンダーの最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金:22億2千万円、所在地:東京都港区赤坂2-14-27、以下「シスコ」)は、中堅・中小企業の高性能でシンプルかつ安全性の高いネットワーク ソリューションに対するニーズに応えるため、本日、企業のコスト削減、運用効率の向上、持続可能な競争優位の獲得を支援する製品、サポート、ファイナンスなどを組み合わせた「シスコ ビジネス コミュニケーション ソリューション」を発表しました。

シスコはまた、同ソリューションの一環として、中小企業向けの新しい「Cisco Catalyst Express 500シリーズ」スイッチファミリを発表したほか、XML対応、日本語表示が可能なIPフォンのラインアップを増やすなど、IPコミュニケーション製品ポートフォリオの拡充を行いました。これらはすべて、「シスコ ビジネス コミュニケーション ソリューション」の一環となるものです。

「中堅・中小企業が掲げる経営目標はさまざまですが、どの企業も、事業資産の保護機能の充実、24時間365日の常時稼働、運用コストの削減、生産性の向上、顧客対応の改善を求めていることに違いはありません。洞察力のある中堅・中小企業は、製品を購入するだけではニーズを満たすことはできないことに気づいています。つまり、サービス導入に伴って起こる製品や運用、ファイナンスなどに関して個別に煩わされることなく、ビジネスに集中できるような全包括的なソリューションを必要としているのです」と、Gartner社SMB調査部門担当副社長、ミカ・クラマー氏は述べています。

中小企業向けシスコ ビジネス コミュニケーション ソリューション
従業員数20~500人規模の企業を対象とした中小企業向け「シスコ ビジネス コミュニケーション ソリューション」では、新しい「Cisco Catalyst Express 500シリーズ」 スイッチ、ネットワーク管理ツールや、「Cisco CallManager Express」、「Cisco Unity Express」が搭載されたサービス統合型ルータ「Cisco Integrated Services Router(Cisco ISR)」を柱とするIPコミュニケーションソリューションをベースとしたアーキテクチャを提供します。

Cisco Catalyst Express 500シリーズ」スイッチ:コンバージド ネットワークを必要とする企業向けに設計されています。Fast EthernetとGigabit Ethernetを備えたワイヤスピードのレイヤ2スイッチである、「Catalyst Express 500 シリーズ」は、データ、音声、ワイヤレス通信に最適な、セキュアネットワークを構築できます。また、同シリーズには Power over Ethernet(PoE)対応の機種もあり、IP 通信や無線 LAN での構成の複雑化を軽減し、コストを抑えることができます。

Cisco Network Assistant 3.0」:PC ベースのネットワーク管理アプリケーションである「Cisco Network Assistant 3.0」は、シスコ製デバイスの管理と、ネットワークの設定を迅速かつ簡単に行うことができ、無線LANやIP コミュニケーションなどに最適な設定を、一瞬にして行うことができます。

Cisco CallManager Express」、「Cisco Unity Express」:シンプルでありながら、すべてが「Cisco ISR」に一体化された統合通信システムを実現するため、シスコは「Cisco CallManager Express」および「Cisco Unity Express」の最新バージョンをリリースしています。「Cisco CallManager Express 3.3」は、20~96人のユーザに対応可能な内蔵型の「MeetMe」会議機能を搭載するほか、呼のルーティングおよびキューイング機能を強化し、より高度なセキュリティ機能(VPN、IPS、ファイアウォール機能など)を提供します。また、「Cisco Unity Express 2.2」は、新しい自動音声応答機能と簡易コールセンタ(Basic ACD)機能を統合します。これらのソリューションが連携することにより、データと音声の統合サービスを低価格で実現することが可能となります。いずれも、今すぐご利用いただくことができるほか、SMARTNetサポートをご契約のお客様には無償でアップグレードしていただくことができます。



中堅企業向けシスコ ビジネス コミュニケーション ソリューション
従業員数500~3000人規模の企業を対象とした中堅企業向け「シスコ ビジネス コミュニケーション ソリューション」では、中堅企業向けの包括的なポートフォリオを強化し、「Cisco CallManager 4.1」を中心とした「Cisco Mobile Connect」、「Cisco Unity? 4.0(5)」、「Cisco IP Contact Center Express 4.0」、「Cisco IP Phone 7985G」、その他ネットワーク管理ツールなど、高性能でシンプルかつ安全性の高い新しいIPコミュニケーションアプリケーションを備えたアーキテクチャを提供します。

Cisco CallManager 4.1」:IPフォン、外線ゲートウェイ、ビデオ端末を制御し、アプリケーションインタフェースの公開により、既存IT資産と密接に連動するコミュニケーションシステムの構築を可能にするIPテレフォニーサーバです。また、IPフォンのTLS認証とSecure RTPによる音声通話の暗号化によるセキュリティ機能を実装し、なりすましと盗聴を防止します。

Cisco Mobile Connect」:あらゆるモバイルデバイス(携帯電話/PHSや無線IPフォンなど)とCisco IPフォンを連携させることで、一つの電話番号(シングルナンバー)を使って、迅速かつ場所を問わない連絡手段を提供します。またCisco Unity?を使って携帯電話/PHSと社内のボイスメールを統合(シングルメールボックス化)することができます。

Cisco Unity? 4.0(5)」:ボイスメール、FAX、電子メールを統合するユニファイドメッセージングシステムです。統合メッセージング、通話録音、自動音声応答などの機能を備えるほか、メッセージの着信をメールでモバイルデバイスに通知する着信通知機能や一斉同報機能を御利用いただけます。

Cisco IP Contact Center Express 4.0」:お客様指向のIPコンタクトセンターソリューションを提供します。300エージェントまで拡張可能であり、冗長構成による信頼の高いIPコンタクトセンターを構築可能です。

Cisco IP Phone 7985G」:ビデオ/電話機能を統合したデスクトップ向けビデオIPフォンです。簡単なボタン操作による多地点ビデオ会議の開催や転送/保留機能などを御利用いただけます。Catalyst LANスイッチと組合せた音声VLANの自動検出/設定機能を実装しています。CallManagerによる集中管理で管理コストを削減し、Cisco ISRによるWAN障害時のリカバリ機能(Servivable Remote Site Telephony : SRST)に対応しています。

「CiscoWorks IP Communications Operations Manager」、「CiscoWorks IP Communications Services Monitor」:シスコ IP コミュニケーション ポートフォリオ製品のプロビジョニング、モニタリング、リポーティングのための、強力で使いやすいWebブラウザベースのネットワーク管理ツールです。



シスコはこの他にも、統合型セキュリティ、高度なQuality of Service(QoS)、マルチキャストなどのインテリジェントなサービスを備えた新製品、「Cisco Catalyst 2960 シリーズ」スイッチを始め、スイッチ、ルータ、IPフォン、ワイヤレス、セキュリティのオプションを数多くご用意しています。

また、高度な技術サポートや各種ツールの利用、オペレーティング システムのアップデート、ハードウェアの交換パーツ配送などのサービスを24時間365日提供する「SMARTNet」サポートや、シスコ キャピタル社およびシスコのチャネル パートナーが提供する、柔軟性の高いリース オプションもご利用いただけます。

今回の発表により、これまで大企業を中心に導入が進んでいたIPコミュニケーション、セキュリティ、無線LAN、LANスイッチ、ルータ製品を企業規模を問わず中堅・中小企業へもアーキテクチャとして提供が可能となりました。「シスコ ビジネス コミュニケーション ソリューション」では、セキュアなインフラストラクチャ上でデータ・音声・ビデオを統合したインテリジェントで安定したシステムをより簡単に導入/運用を行えるシステムを実現します。さらに「Cisco CallManager」でUnicode(日本語)をサポートし、IPフォンのユーザインタフェースや管理画面などを漢字で表示するなど、日本市場の要求に対応した製品を順次展開していく予定です。

「シスコ ビジネスコミュニケーションソリューション」詳細はこちらよりご覧ください。
<http://www.cisco.com/jp/go/businesscommunications >

製品、販売時期及び販売参考価格

製品名 販売参考価格(税抜) 販売開始時期
Catalyst Express 500 シリーズ ¥99,000より (PoE対応モデル¥162,000より) 2005年度第4四半期 (予定)
Cisco Network Assistant 3.0 無償 (Webよりダウンロード可) 2005年度第4四半期 (予定)
Cisco CallManager Express 3.3 (IP Phone 24台までの構成) ¥503,000 (CCME&ISR2801、IP Phone含まず) 2005年8月1日 (販売中)
Cisco Unity Express 2.2 (12ユーザ構成) ¥267,000より 2005年8月2日 (販売中)
Cisco Mobile Connect (100ユーザ構成) ¥3,308,000 (MCS&Mobile Connect Software含む) 2005年10月1日
Cisco Unity 4.0(5) (50ユーザ構成) ¥1,869,000 (MCS&Unity Software含む) 2005年6月1日 (販売中)
Cisco IPCC Express 4.0 ¥2,428,000 (MCS, Standard Agent 10席含む )より 2005年10月1日
Cisco IP Phone 7941G ¥53,000 (本体) 2005年10月1日
Cisco IP Phone 7961G ¥69,000 (本体) 2005年10月1日
Cisco IP Phone 7985G ¥448,000 (本体) 2005年10月1日
CiscoWorks IP Communications Operations Monitor 1.0 未定 2005年度第4四半期 (予定)
CiscoWorks IP Communications Services Monitor 1.0 未定 2005年度第4四半期 (予定)
Catalyst 2960 シリーズ ¥198,000より 2005年度第4四半期(予定)
Cisco CallManager 4.1 (IP Phone 300ユーザまでの構成) ¥811,000 (CCM Software) 2005年3月1日(販売中)


シスコシステムズ株式会社について
シスコシステムズ株式会社は、米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコシステムズは、より安全で快適なインタネットネットワーキング環境の提供と、企業・団体・組織の生産性向上をお手伝いするために、基盤となるネットワークにインテリジェンスを組み込みネットワークの可能性を解放する、IIN(Intelligent Information Networks)を提唱していきます。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp >

*Cisco、Cisco SystemsおよびCisco Systemsのロゴマークは、米国およびその他の地域における、Cisco Systems Inc.及び関係会社の登録商標です。その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ