日本版 ニュースリリース

IPコミュニケーション ビジネスパートナープログラムを開始


IPコミュニケーション ビジネスパートナープログラムを開始

~中堅・中小企業におけるIPコミュニケーションを推進~

Nov. 29, 2004
No.2004064





日本IBM(本社・東京都港区、社長・大歳卓麻)とシスコシステムズ株式会社(本社・東京都港区、社長・黒澤保樹、以下シスコ)は、12月1日、中堅・中小企業向けのパッケージソリューション「IPコミュニケーションオフィスパック」(以下IPCオフィスパック)の販売を推進するため、「IPコミュニケーションビジネスパートナープログラム」(以下IPCビジネスパートナープログラム)の提供を開始します。

IPCビジネスパートナープログラムは当初、10社が参加し、参加されるビジネス・パートナーに対し、以下の支援プログラムをご提供します。

研修
IPCオフィスパックの教育や販売手法などに関する研修

営業支援
提案書やデモンストレーション・ツールなどの提供
デモンストレーション施設の提供

マーケティング活動
共同セミナーの開催、テレマーケティングなどの実施

技術支援
IPCオフィスパックの提案・導入における技術相談

今回のIPCビジネスパートナープログラム開始にあたり、今後、大阪・東京にてビジネス・パートナー向けセミナーを開催いたします。なお、IBMとシスコは、今後もIPCオフィスパックを拡販するため、共同マーケティング、共同プロモーションなどを展開していきます。またお客様には、ビジネスの生産性向上ツールとしてIPコミュニケーションを活用いただくために、音声とコミュニケーション・ツールの連携など、言葉では分かりにくい部分を実際にシスコ社内の施設で体験いただけます。

IPコミュニケーションパートナープログラムの詳細・お申し込みについては以下URLをご参照ください。
http://ibm-cisco.cmarket.jp/

IBMについて
IBMは世界最大のIT企業であり、企業の技術革新を支援する上で80年以上にわたってリーダーシップを発揮してきました。IBMの詳細についてはhttp://www.ibm.comをご覧ください。

シスコシステムズ株式会社について
シスコシステムズ株式会社は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダー米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。ルータ「Cisco」シリーズ、スイッチ「Catalyst」シリーズ等のハードウェアから、世界のデファクト・スタンダードとなっているネットワークOS「Cisco IOS」、IPテレフォニー、ワイヤレス、ストレージ、セキュリティ、ネットワークドホーム、オプティカル等アドバンスド・テクノロジー分野のソリューション・製品まで幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコシステムズは、企業・団体・組織の生産性向上をお手伝いするために、NVO(Networked Virtual Organization)を提唱しています。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

*IBMは、IBMCorporationの米国およびその他の国における商標。パートナーという言葉は、シスコと他社またはIBMと他社との提携関係を意味するものではありません。
** Cisco、Cisco SystemsおよびCisco Systemsのロゴマークは、米国およびその他の地域における、 Cisco Systems Inc. 及び関係会社の登録商標です。その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ