日本版 ニュースリリース

シスコシステムズ社、P-Cube, Inc.を買収


シスコシステムズ社、P-Cube, Inc.を買収

Aug 26, 2004
No.2004048





2004年8月23日、米カリフォルニア州サンノゼ発
世界最大手のネットワーク関連機器のプロバイダーであるシスコシステムズ社(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長兼CEO:ジョン チェンバーズ、以下:シスコ)は、本日、株式非公開会社であるP-Cube, Inc.(米カリフォルニア州サニーベール)の買収契約が正式に成立したことを発表しました。P-Cubeは、IPサービス制御プラットフォームの大手開発企業で、サービスプロバイダーは同社のプラットフォームを導入することにより、高い費用のかかるインフラストラクチャのアップグレードを行うことなく、加入者の特定、アプリケーションの分類、サービス パフォーマンスの向上、多様なIPサービスへの課金が可能になります。シスコは本買収により、Voice over IP、インタラクティブ ゲーム、ビデオ オン デマンド、ピア ツー ピアといった最先端のIPサービスを制御・管理するための新たな機能をサービス プロバイダーに提供すると同時に、他にはない製品を開発できるようになります。

買収契約の条件に基づき、シスコは約2億ドルを現金とオプションで支払います。買収は標準的な完了条件に基づいて行われ、シスコの2005年会計年度第1四半期中に完了する予定です。シスコは買収にあたって、1株あたり0.01ドルを超えない範囲で、取得した仕掛り中の研究開発費を一括計上することにしています。

「P-Cubeが提供するようなアプリケーションや加入者の特定に関する技術ソリューションは、コンテンツベースの新しいデータ サービスの差別化と制御を可能にするものです。シスコによるP-Cubeの買収は、シスコのサービス プロバイダーへのコミットメント、およびIPデータ ネットワークにサービス インテリジェンスを導入するための技術開発に継続的に取り組んでいることを強く示すものです。P-Cubeのテクノロジーは、シスコが提供するブロードバンド エッジの製品ポートフォリオを補完するものです。」と、シスコシステムズ社上級副社長兼ルーティング テクノロジー グループ担当ジェネラル マネージャのマイク・ボルピは述べています。

今日では、何百万人もの加入者が、有線・無線を含むさまざまなアクセス方法を使って多種多様なデータ サービスに接続しています。サービス プロバイダーは、新たなサービス インテリジェンスの導入によってのみ実現できる、ネットワーク インフラストラクチャの柔軟性の向上を必要としています。P-Cubeのサービス制御ソリューションは、既存のIP転送ネットワークに新たなインテリジェンスとアプリケーションレベルでの制御機能を追加し、サービス プロバイダーはアプリケーションやコンテンツベースのサービスを分析、制御、測定することが可能になります。

P-Cubeのテクノロジーは、アプリケーションを認識できるステートフルなディープ パケット インスペクションを行うと同時にリアルタイムなアプリケーション制御によりサービス品質を維持できます。また、同社のプラットフォームはプログラマブルである特性を持ち、必要とされる条件や顧客の需要の変化に応じて既存のインフラストラクチャを迅速に拡張することが可能です。

買収の完了後、P-Cubeチームはシスコの副社長兼ブロードバンド エッジおよびミッドレンジ ルーティング ビジネス ユニット担当ジェネラル マネージャを務めるパンカジュ パテルの下に配属されます。P-Cubeは1999年に創立され、118人の従業員を擁しています。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダーです。1984年米国カリフォルニア州サンノゼに設立されました。ルータ「Cisco」シリーズ、スイッチ「Catalyst」シリーズ等のハードウェアから、世界のデファクト・スタンダードとなっているネットワークOS「Cisco IOS」、IPテレフォニー、ワイヤレス、ストレージ、セキュリティ、ネットワークドホーム、オプティカル等アドバンスド・テクノロジー分野のソリューション・製品まで幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコシステムズは、企業・団体・組織の生産性向上をお手伝いするために、NVO(Networked Virtual Organization)を提唱しています。シスコ社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/>

*Cisco、Cisco Systems、Cisco SystemsのロゴマークおよびCisco IOSは、米国およびその他の地域における、Cisco Systems Inc.及び関係会社の登録商標です。その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。
**当資料は、2004年8月23日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳に、日本版独自の情報を付加したものです。米国で発表されたニュースリリースの内容は以下のWebサイトをご参照ください。
<http://newsroom.cisco.com/dlls/2004/corp_082304.html>

お問い合わせ