日本版 ニュースリリース

シスコシステムズ、Riverhead Networks 社の買収を発表


シスコシステムズ、Riverhead Networks 社の買収を発表

~セキュリティ ポートフォリオに分散型サービス妨害への保護を追加~

Mar 24, 2004
No.2004013





2004 年 3 月 22 日、米カリフォルニア州サンノゼ(SAN JOSE, Calif.)発
 世界最大手のネットワーク関連機器のプロバイダーであるシスコシステムズ社(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長兼 CEO:ジョン チェンバーズ、以下:シスコ)は、株式非公開企業 Riverhead Networks(本社:カリフォルニア州クパチーノ、以下「Riverhead」)の買収に関する最終契約を締結した、と発表しました。Riverhead Networks は、分散型サービス妨害(「DDoS」)に代表される、ネットワークへの脅威からエンタープライズやサービス プロバーダーを防御する、セキュリティ技術の大手デベロッパーです。

 ノーマルなトラフィックのパターンや、ふるまい、プロトコル コンプライアンスに関する既知の情報と実際のトラフィックとの比較対照を可能にする、Riverhead の技術により、すでに認識されているセキュリティ攻撃だけでなく、未知のものも含めた各種の攻撃を、素早く、正確に発見し、軽減することができます。Riverhead の買収により、プロアクティブな自己防衛型かつ自己回復型ネットワークを配備し、ネットワーク インフラストラクチャ自体に最新のセキュリティを装備することを目指す、シスコの「自己防衛型ネットワーク戦略(Self Defending Network Strategy)」がさらに強化されることになります。今回の買収の結果、シスコのセキュリティ ソリューションによって、エンド ツー エンドによる、マルチレイヤの統合型セキュリティ防御機能が実現されるようになりますので、ネットワークの弾力性を最大化させるという1 つの目標が達成されることになります。

 この契約の条件に従い、シスコは未所有の Riverhead の全発行済み株式の対価として現金およそ US3,900 万ドルを支払い、さらに Riverhead 社の未行使のストック オプションはシスコのストック オプションに転換されます。Riverhead の買収は通常の法手続きに従って進められ、シスコの 2004 会計年度第 3 四半期中に終了する見込みです。

 「今回の買収により、セキュリティと他のインテリジェントなサービスをネットワーク インフラストラクチャにシームレスに統合させた、安全で、インテリジェントなグローバル ネットワークを構築するという、シスコの戦略がさらに前進することになります。Riverhead の技術が加わることにより、エンタープライズやサービス プロバイダーのお客様が高い性能と拡張性を備えた、安全かつ柔軟なインテリジェント ネットワークを構築するのを支援する、シスコの製品ポートフォリオがさらに充実したものとなります」と、シスコ、上級副社長兼インターネット スイッチング & サービスグループ、ジェネラルマネージャ ルカ・カフィエロ(Luca Cafiero)は述べています。

 DDoS 攻撃は、ネットワークやデータセンターのリソースの可用性に対する脅威の代表的なものであり、エンタープライズやサービス プロバイダーに深刻な影響を与える場合があります。Riverhead が提供する革新的なソリューションでは、日々の取引処理に影響を与えずに悪質なトラフィックが検知、ブロックされるため、オンラインの業務を巧妙なアタックから保護することができます。攻撃を素早く検知し、軽減することにより、企業はつねにオンラインで活動でき、お客様にサービスを確実に、中断なく提供できるようになるのです。

 Riverhead の技術を取り入れることにより、シスコが提供するエンド ツー エンドセキュリティでのインライン保護に新たなレイヤが追加され、シスコの統合セキュリティ ソリューションがさらに充実したものとなります。Riverhead の技術により、ネットワークにおけるトラフィックのふるまいに基づく保護が実現いたしますので、シスコの「脅威防御システム(Threat Defense System)」もさらに発展いたします。このネットワークベースの脅威防止ソリューションは、エンドポイントで脅威を防止するためのシスコ製品「CSA(Cisco Security Agent)」に実装されている、ふるまいそのものへの防御を補完するものであり、ネットワークでの悪質なふるまいに基づいて攻撃を排除することができます。

 買収の完了後、Riverhead は、上級副社長のルカ カフィエロの直属として、シスコのインターネット スイッチング ビジネス ユニットの 1 部門となり、同社の製品はシスコの販売チャネルを通じて販売されます。Riverhead は、2000 年に設立され、44 人の社員を有しています。

シスコシステムズ社について
 Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダーです。1984年米国カリフォルニア州サンノゼに設立されました。ルータ「Cisco」シリーズ、スイッチ「Catalyst」シリーズ等のハードウェアから、世界のデファクト・スタンダードとなっているネットワークOS「Cisco IOS」、IPテレフォニー、ワイヤレス、ストレージ、セキュリティ、ネットワークドホーム、オプティカル等アドバンスド・テクノロジー分野のソリューション・製品まで幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコシステムズは、企業・団体・組織の生産性向上をお手伝いするために、NVO(Networked Virtual Organization)を提唱しています。シスコ社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。 <http://www.cisco.com/>

*Cisco、Cisco IOS、Cisco Systems、CatalystおよびCisco Systemsのロゴマークは、米国およびその他の地域における、Cisco Systems Inc.及び関係会社の登録商標です。その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。
**当資料は、2004年3月22日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳に、日本版独自の情報を付加したものです。米国で発表されたニュースリリースの内容は以下のWebサイトをご参照ください。
<http://newsroom.cisco.com/dlls/2004/corp_032204.html?CMP=ILC-001>

お問い合わせ