日本版 ニュースリリース

シスコ、ビデオ テレフォニー ソリューションの大幅な機能拡張を発表


シスコ、ビデオ テレフォニー ソリューションの大幅な機能拡張を発表

~Cisco IP コミュニケーション ポートフォリオの拡大により、お客様の生産性と
セキュリティを飛躍的に向上させ、システムの移行を円滑に推進 ~

Mar 23, 2004
No.2004011





 インターネット向けネットワーキング機器ベンダーの最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金:22億2千万円、住所:東京都港区赤坂2-14-27、以下「シスコ」)は、3月23日、ボイス、ビデオ、データの統合ネットワークの利点をフルに活用した、IP コミュニケーション システム対応の有用な製品とソリューションを発表しました。これにより、リッチメディア環境を実現することが可能になります。

 今回の発表は、Cisco AVVID(Architecture for Voice, Video and Integrated Data)を活用した、新ビデオ テレフォニー システムと、会議およびセキュリティ機能の大幅な拡張、生産性の向上をさらに容易に実現するIPエンド端末が中心となっています。これらの新たなソリューションは、企業組織において通信の有効性やビジネスの弾力性、セキュリティを大幅に向上させる原動力となるものです。

ビデオ テレフォニーにより各オフィスの生産性を効率的に向上


 数々の実績を誇る、シスコのIPテレフォニーの核である呼制御サーバ「Cisco CallManager リリース 4.0」の導入により、「Cisco VT(ビデオ テレフォニー)Advantageリリース 1.0」と名付けられた、新しいデスクトップ型の生産性を向上させるソリューションが利用できるようになりました。「Cisco VT Advantage(アドバンテージ)」により、リアルタイムでの一対一(パーソン ツー パーソン)のビデオ セッションを電話通話に透過的に付加することができます。「Cisco VT Advantage」に「Cisco CallManager 4.0」を組み合わせることにより、ユーザーは、シスコのIP フォンと同等の機能である保留、転送、会議機能を利用して、即座に対面型(フェース ツー フェース)のビデオ コールを費用効率良く実現できます。「Cisco VT Advantage」ではIPの柔軟性によって、これまでほとんどの会議システムで実現不可能であった、放送のような品質の動画と音声が配信されます。

 すでに19カ国で事業を行っている、世界屈指の規模のモバイル通信企業である Orange Group 傘下の Orange Caribbean では、「CallManager 4.0」と「Cisco VT Advantage」を利用して、グアドループ島、マルチニク島、ドミニカ島、フランス領ギニア、ドミニカ共和国の各島を結んだ通信を行っています。 移動することなく顔が見えることでより良い意思決定が迅速にでき、出張費もすでに大幅に削減されているという結果を頂いています。次のステップは、この技術での経験を、彼らの統合 サービス ポートフォリオを通じてお客様にも波及させることであると述べています。

「Cisco VT Advantage」の活用方法

 「Cisco VT Advantage」は、新しいものでも、既存のものでも、複数のデスクトップ型あるいは据え付け型(ルームベース)のビデオ会議システムで使用できます。このソリューションは、シスコ IP フォンとそれを補助するPCを統合させ、ユーザーにリッチメディアのビデオ テレフォニーを提供するものです。「Cisco VT Advantage」アプリケーション ソフトウェアと Cisco ユニバーサル シリアル バス(USB)によるカメラを組み合わせれば、パーソナル コンピュータを使ったビデオ テレフォニーを実現できます。「Cisco CallManager 4.0」を使用することにより、シスコの他の AVVID パートナーのソリューションや H.323 ビデオ エンドポイント との統合も可能になり、お客様は既存のビデオ投資を保護することができます。

システム セキュリティの向上

 「Cisco CallManager 4.0」のさまざまなセキュリティ機能が新たに向上したことは、シスコのインテリジェントな自己防衛型ネットワークの機能にも反映され、CiscoのIPコミュニケーション システムの防御が一段と充実するほか、ビジネスの弾力性も改善されるようになります。新たな業界標準である電子認証によってネットワーク デバイスの確認ができるため、不認可のシステム ユーザーの侵入を防止できます。また、スタンダードベースの新たな暗号化技術が「Cisco CallManager 4.0」に付加されているため、音声通信においてエンド ツー エンドのプライバシーが確保されるようになります。

新たな移行と相互運用オプション

「Cisco CallManager 4.0」では、Q.SIG や SIP(Session Initiation Protocol)シグナリングを新たに基本機能としてサポートしますので、Cisco IPコミュニケーション システムは、過去のシステムとも、未来のシステムとも相互運用させることができます。構内交換機(PBX)システム用の世界的なシグナリング規格である Q.SIG により、世界中の「Cisco CallManager 4.0」ご利用のお客様は、既存のPBX 機器や財務システムと相互運用できるようになります。

SIP もサポートしているため、「Cisco CallManager 4.0」の利用により、「Cisco BTS 10200 ソフトスイッチ」、シスコおよびサードパーティーの SIP プロキシ サーバなど、さまざまな現在および将来の通信システムとも相互運用が可能になっていきます。H.323 による音声と動画の相互運用と組み合わされた、さまざまな追加機能により、シスコのIP コミュニケーション と既存の音声および動画の通信機器との統合を簡単に行うことができます。

「Cisco IP Communicator」の活用

 「Cisco IP Communicator(コミュニケータ)」は、パーソナル コンピュータを通して拡張テレフォニー機能を提供するソフトウェア ベースのアプリケーションであり、現在のVoIPで利用できる最新のテクノロジーおよび拡張機能を搭載しています。これにより、コンピュータにIP Phone機能が搭載され、出張先やオフィスなど、企業ネットワークにアクセスできるあらゆる場所で高品質な音声コールを利用することができます。

 「Cisco IP Communicator」は、出張中の補助的な電話、在宅勤務者用、またはオフィスでの利用に対応し、「Cisco IP Communicator」はリモートで内線電話として利用できるだけでなく、オフィス内で使用する電話と同じサービスを利用することができます。

 「Cisco CallManager」システムに「Cisco IP Communicator」を登録すると、呼の切り換えや転送、3者間通話(会議)機能など、シスコ IP フォンのすべての機能を搭載でき、システム管理者は、他のシスコ IP フォンのように「Cisco IP Communicator」を設定して、IP フォンの管理を大幅に簡略化することもできます。このソリューションでは、革新的で生産性の高いXML(Extensible Markup Language)ベースのアプリケーションを表示することもできます。8本の電話回線(または回線の組み合わせとテレフォニー機能への直接アクセス)への利用が可能です。

「Cisco Color IP Phone 7970G」

 「Cisco IP Phone 7970G」は、特に流通(リテール)、接客業、教育、政府機関といった部門で働く人々のために、モビリティとコラボレーションを実現する先進的なアプリケーションの数々を包括的にサポートしています。この IP Phoneの高解像度カラー タッチスクリーンを通じて、マルチメディア サービスとの接続、交信を速く、易しく、直感的にできる、ハイインパクトなカラー グラフィック アプリケーションを利用することができます。

新しい「Cisco IP Phone 7970G」には、魅力的で斬新な生産性アプリケーションの使用に適した、高いレベルの柔軟性が備わっています。これにより企業のユーザーが、できる限り多くの情報をIP フォンで収集してからビジネス上の意思決定を下すことができるようになります。

販売時期と価格について

 「Cisco CallManager 4.0」ソフトウェア、「Cisco VT Advantage、「Cisco IP Communicator」は、2004年第2四半期(暦年)出荷予定しております。価格は「Cisco CallManager 4.0」は、811,000円から、「Cisco VT Advantage」は、USBカメラ、ソフトウェア、ラインセスを含め参考価格28,000円、「Cisco IP Communicator」は、ライセンスを含め参考価格35,000円を予定しています。

 「Cisco IP Phone 7970G」は、2003年12月から出荷開始されており、希望小売価格104,000円、「Cisco IP Conference Station 7936G」は、2004年2月から出荷開始されており、希望小売価格194,000円です。

これら製品に関する詳しい情報は、以下の Webサイトをご参照下さい。
<http://newsroom.cisco.com/dlls/2004/hd_021804.html>



シスコシステムズ株式会社について
 シスコシステムズ株式会社は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダ米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。ルータ「Cisco」シリーズ、スイッチ「Catalyst」シリーズ等のハードウェアから、世界のデファクト・スタンダードとなっているネットワークOS「Cisco IOS」、IPテレフォニー、ワイヤレス、ストレージ、セキュリティ、ネットワークドホーム、オプティカル等アドバンスド・テクノロジー分野のソリューション・製品まで幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコシステムズは、企業・団体・組織の生産性向上をお手伝いするために、NVO(Networked Virtual Organization)を提唱しています。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。 <http://www.cisco.com/jp>

*Cisco、Cisco IOS、Cisco Systems、CatalystおよびCisco Systemsのロゴマークは、米国およびその他の地域における、Cisco Systems Inc.及び関係会社の登録商標です。その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ