日本版 ニュースリリース

シスコシステムズ グローバル「ISO9001:2000」認証を取得


シスコシステムズ グローバル「ISO9001:2000」認証を取得

~セールス、サービス、サポート ~

Jan 26, 2004
No.2004002





 インターネット向けネットワーキング機器ベンダーの最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金:22億2千万円、住所:東京都港区赤坂2-14-27、以下「シスコ」)は、このたび品質マネジメントシステムの国際規格である 「ISO9001:2000」の認証を取得いたしました。これはCisco Systems Inc.の世界戦略として、ワールドワイドの拠点でISO9001取得を目指した一環として計画されたもので、日本でも米国本社(サンノゼ)、ヨーロッパ(イギリス、フランス)等に並びセールス、サービス, サポートにおいて取得したものです。

 「ISO9001:2000」取得の目的は、シスコの製品/サービスの水準を高く保つために、セールス、サービス, サポートで第三者機関での外部審査を経て、ビジネスシステムを測定し、お客様に責任のあるコミットメントを提供しようというものです。そのため日本法人であるシスコシステムズ株式会社も世界基準に合わせて、ISO9001取得を目指したものです。

 「Plan(計画・立案)」-「Do(実行)」-「Check(検討)」-「Act(見直し)」のマネジメントサイクルに基づいて、継続的な経営管理を通じて、顧客満足に繋がるビジネスシステムの確立、経営スタイルの実践を目指しています。

 Cisco Systems Inc.は1993年、国際的にISO9001品質マネジメントシステムの認証を取得した、主要なマルチプロトコルインターネット製品のサプライヤーです。ISO9000は、広範囲に渡る品質マネジメントシステムの標準に遵守しており、世界規模でシスコ製品のサポート、デザイン、開発、製造、サービスの各過程を確実なものにしています。

 グローバル「ISO9001:2000」取得について、「グローバルマーケットでリーダーシップを維持すると同時に、高い顧客満足を提供するコミットメントの一つとして、ISO9001の認証を継続して取得することに焦点を置いています。また、グローバルな認証を取得することにより、お客様はワールドワイドでシスコの高水準な品質マネジメントを確信できると考えています」と米シスコ、社長兼CEO(最高経営責任者)ジョン チェンバーズは述べています。

シスコシステムズ株式会社について
 シスコシステムズ株式会社は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダ米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。ルータ 「Cisco」シリーズ、スイッチ「Catalyst」シリーズ等のハードウェアから、世界のデファクト・スタンダードとなっているネットワークOS「Cisco IOS」、IPテレフォニー、ワイヤレス、ストレージ、セキュリティ、ネットワークドホーム、オプティカル等アドバンスド・テクノロジー分野のソリューション・製品まで幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコシステムズは、企業・団体・組織の生産性向上をお手伝いするために、NVO(Networked Virtual Organization)を提唱しています。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。<http://www.cisco.com/jp>

*Cisco、Cisco IOS、Cisco Systems、CatalystおよびCisco Systemsのロゴマークは、米国およびその他の地域における、Cisco Systems Inc.及び関係会社の登録商標です。その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ