日本版 ニュースリリース

シスコシステムズ 中大規模IPコンタクトセンター向け製品「Cisco IPCC Enterprise Edition 5.0」の販売を開始


シスコシステムズ 中大規模IPコンタクトセンター向け製品
「Cisco IPCC Enterprise Edition 5.0」の販売を開始

~さまざま通信メディアを利用してマルチチャネル コンタクトセンターを実現~

Dec 09, 2003
No.2003070





 インターネット向けネットワーキング機器ベンダーの最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金:22億2千万円、住所:東京都港区赤坂2-14-27、以下「シスコ」)は、中大規模IPコンタクトセンター向けソフトウェア製品の最新版「Cisco IPCC Enterprise Edition 5.0」を、本年 12月 9日より販売開始することを発表しました。

 「Cisco IPCC Enterprise Edition 5.0」では、インテリジェントなコール ルーティング エンジンであるCisco Intelligent Contact Management (ICM) の機能が強化され、新たに追加されたオプション機能を利用する事により、電話の他に、Eメール、Webなどさまざまメディアを使用しての顧客対応が可能な、マルチチャネル コンタクトセンターを実現することができます。また、電話のアウトバウンド業務を行うためのオプション機能も用意され、コンタクトセンターに求められる様々な要件に柔軟に対応することが可能となりました。

Eメールでの問合せを効率良く処理する Cisco E-Mail Manager Option(日本語対応)
 Cisco E-Mail Manager Optionを利用することにより、企業のコンタクトセンターへ寄せられるEメールでの問い合せに効率良く対応することができます。
 各コンタクトセンターの運用方針、業務内容に基いて定義されたキーワードをシステムに登録すると、Cisco E-Mail Manager Optionのサーバーソフトウェアは、受信したEメールの表題、本文を解析し、キーワードの出現頻度に応じて自動的にEメールの分類を行い、更に、Cisco ICMのインテリジェント ルーティング機能と連動することによって最適のエージェントへ配信します。

顧客との対話にWebを利用し、迅速で的確な対応を可能とする Cisco Web Collaboration Option
 Cisco Web Collaboration Optionの「Webページ共有」機能を利用すると、顧客とコンタクトセンターのエージェントが電話での会話を進めながら、同時にインターネット上の同じWebページを参照することが可能となります。このことにより、エージェントは対話の中でWebページ上の情報を有効に利用し、顧客に対して的確な情報伝達を行うことができます。
 その他、Webページ上から顧客が指定した電話番号へ、コンタクトセンター側から自動的に折り返し電話をする機能なども備えています。

アウトバウンド業務を実現する Cisco Outbound Option
 Cisco Outbound Optionは、IPネットワークを介してCisco ICM、CallManagerと連携し、アウトバウンド業務を行います。また、ひとつのコンタクトセンターでインバウンド業務、アウトバウンド業務を組み合わせたブレンディング運用を行うこともできます。 Cisco Outbound Optionのダイアル発信機能は、プレディクティブ、プログレッシブ、そして、プレビューの3種類のダイアリングモードをサポートし、業務内容に応じて本格的なアウトバウンド キャンペーンの実行を可能とします。

 「Cisco IPCC Enterprise Edition 5.0」では、Cisco ICMにより電話、Eメール、Webを使用した通信を一元的に管理するため、ある一人の顧客が問い合せのたびに異なる通信手段を利用しても、常に一貫した対応を行うことができます。

 更に、IPコンバージェンスの利点を活かし、自社のIPネットワークに接続された拠点であれば、どこからでも顧客対応業務に当たることが可能となり、コンタクトセンターから社内のエキスパートへのエスカレーションもスムーズに行うことができます。また、コンタクトセンターからデータベースシステムやCRMシステムなどIPネットワーク上のコンピュータリソースを有効に活用することが可能となります。

販売時期と価格について
 「Cisco IPCC Enterprise Edition 5.0」 12月9日販売開始

<ご参考価格>
・Cisco IPCC Enterprise Edition 5.0 バンドルライセンス
(Cisco ICMサーバーソフトウェア、エージェント用クライアントソフトウェア 24席、
スーパーバイザー用クライアントソフトウェア 1席、レポーティングシステム、他)
・Cisco E-Mail Manager Option (クライアント1席あたり)
・Cisco Web Collaboration Option (クライアント1席あたり)
・Cisco Outbound Option (クライアント1席あたり)


5,213,000円


119,000円
119,000円
179,000円

シスコシステムズ株式会社について
 シスコシステムズ株式会社は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダ米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。ルータ「Cisco」シリーズ、スイッチ「Catalyst」シリーズ等のハードウェアから、世界のデファクト・スタンダードとなっているネットワークOS「Cisco IOS」、IPテレフォニー、ワイヤレス、ストレージ、セキュリティ、ネットワークドホーム、オプティカル等アドバンスド・テクノロジー分野のソリューション・製品まで幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコシステムズは、企業・団体・組織の生産性向上をお手伝いするために、NVO(Networked Virtual Organization)を提唱しています。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。<http://www.cisco.com/jp>

*Cisco、Cisco IOS、Cisco Systems、CatalystおよびCisco Systemsのロゴマークは、米国およびその他の地域における、Cisco Systems Inc.及び関係会社の登録商標です。その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。