日本版 ニュースリリース

シスコシステムズ 「Cisco3200」モバイルアクセスルータの国内販売を開始


シスコシステムズ 「Cisco3200」モバイルアクセスルータの国内販売を開始

~モバイルIP技術により高速移動中の最適無線システム選択とシームレスな通信を実現~

Dec 04, 2003
No.2003069





 インターネット向けネットワーキング機器ベンダーの最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金:22億2千万円、住所:東京都港区赤坂2-14-27、以下「シスコ」)は、小型組み込みルータ「Cisco3200」モバイルアクセスルータの国内での販売を、12月5日から開始いたします。

 すでに北米、ヨーロッパにおいて、鉄道、航空、パブリックセイフティ、官公庁、公共サービス、防衛の分野においてシスコモバイルIPネットワークとあわせて幅広く導入され稼動しています。国内におきましても同様の分野での利用形態を見込んでおり、鉄道、航空分野ではモバイルアクセスルータを鉄道車両、航空機に組み込み、移動中の乗客へのインターネットアクセスサービス、車内・機内での情報提供サービスや業務への利用が可能になります。またパブリックセイフティ、防災の分野では警察、消防、救急、医療、官公庁、自治体、電力、ガスなどの公共サービスの緊急車両、業務車両にモバイルルータを組み込み、現場の画像、音声情報などを迅速に共有することが可能になります。

■「Cisco3200」モバイルアクセスルータの特徴
 モバイルアクセスルータは車両などへの組み込みを想定して開発され、小型化、軽量化が図られています。また既存のシスコルータと同様にCisco IOSにより動作し、Multicast、IPv6、QoS、セキュリティ機能など従来シスコルータで利用している、豊富なネットワーク機能の利用が可能です。

 モバイルアクセスルータはシスコモバイルIPネットワークと連携してネットワークごと移動するネットワークモビリティ機能を提供します。またモバイルアクセスルータ自身がモバイルIP機能をサポートするため、接続するさまざまなIP機器(IP監視カメラ、IP電話、PC、PDA、サーバなど)にモバイルIPクライアントなどの特別なソフトウェアのインストールは一切必要とせずに移動しながらシームレスな通信が可能になります。たとえば車両に搭載したモバイルアクセスルータに通常使用しているIP電話、PC、IPカメラを現場で接続してモバイルIPネットワークを経由して迅速に複数の拠点と画像、音声、データの共有を行うというような利用が可能になります。

■モバイルアクセスルータの利用形態
○鉄道、航空での利用
 鉄道、航空業界ではユーザへのサービス向上の1つとして駅、空港など公共エリアでのインターネットアクセス機能の整備を進めています。さらに現在、駅、空港から離れ移動中にも駅、空港と同等のインターネットアクセスサービスをシームレスに提供する検討が加速しています。このように移動する機内、車内で多くのお客様にインターネットアクセスのサービスを提供する、あるいは移動しながら業務用にインターネットを利用するために、モバイルアクセスルータを車両、航空機に組んだ次世代鉄道、航空システムの提供が開始されます。

 モバイルアクセスルータが組み込まれた車内、機内でインターネットを利用する場合はモバイルアクセスルータのモバイルIP機能によりユーザが持ち込んだPC、PDAあるいは業務用アプリケーションにモバイルIPクライアントなど追加的なソフトウェアを必要としません。また高速移動中に最適な無線アクセスシステムを選択する機能により複数の無線システムを利用してインターネットアクセスを提供する場合にも柔軟に対応可能です。

○災害情報サポートシステムでの利用
 総務省四国総合通信局が開催する「災害情報サポートシステムに関する調査研究会」 が実施する12月3-5日の松山市内での公開実験では、モバイルアクセスルータを防災 指揮車、救急車両、その他関係機関の車両に搭載しモバイルIPネットワークを経由し て災害現場からの動画情報、音声、ビデオ会議、車輌位置確認などを現場の車両間、 および現場車両と災害対策本部間で迅速に共有するデモを行います。

 モバイルアクセスルータは移動中に最適な無線アクセスシステムを選択する機能をサ ポートしており、災害時には現場の状況に応じて最適な通信を確保するとともに、移 動中に接続する無線システムが切り替わった場合でもモバイルIP技術により、現場からの動画情報などすべてのアプリケーションはシームレスに継続します。

 今回の公開実験において構築する、モバイルアクセスルータおよびモバイルIPネット ワークをベースとした災害情報サポートシステムは災害時の情報共有のシステムとして大きな効果をもたらすことを実証いたします。

参考:総務省四国総合通信局が発表した公開実験開始の報道資料
http://www.shikoku-bt.go.jp/news/2003press/200311/2003111801.htm

シスコシステムズ株式会社について
 シスコシステムズ株式会社は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダ米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。ルータ「Cisco」シリーズ、スイッチ「Catalyst」シリーズ等のハードウェアから、世界のデファクト・スタンダードとなっているネットワークOS「Cisco IOS」、IPテレフォニー、ワイヤレス、ストレージ、セキュリティ、ネットワークドホーム、オプティカル等アドバンスド・テクノロジー分野のソリューション・製品まで幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコシステムズは、企業・団体・組織の生産性向上をお手伝いするために、NVO(Networked Virtual Organization)を提唱しています。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。<http://www.cisco.com/jp>

*Cisco、Cisco IOS、Cisco Systems、CatalystおよびCisco Systemsのロゴマークは、米国およびその他の地域における、Cisco Systems Inc.及び関係会社の登録商標です。その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。