日本版 ニュースリリース

シスコシステムズ Japan TAC Web(テクニカル・アシスタンス・センター)日本語での情報提供機能拡張により、Webでのテクニカルサポートを強化


シスコシステムズ Japan TAC Web(テクニカル・アシスタンス・センター)
日本語での情報提供機能拡張により、Webでのテクニカルサポートを強化

~e-Supportツールを日本語での提供を開始~

Oct 30, 2003
No. 2003059



 インターネット向けネットワーキング機器ベンダーの最大手であるシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金:22億2千万円、住所:東京都港区赤坂2-14-27、以下「シスコ」)は、日本Customer Advocacy のJapan TAC Web (<http://www.cisco.com/jp/go/tac>) にて、シスコ製品を導入、運用、保守する上で役立つ新たな機能の追加を発表しました。

 Japan TAC Webは、昨年(2002年6月)のサービス開始から、現在では、翻訳による約1,400の技術ドキュメントを日本語で提供しております(一部素材以外は基本的に無料提供)。今回、この情報提供に加え、膨大な量の英文技術ドキュメントをリアルタイムに日本語で提供するため、機械翻訳の機能も追加し、日本語での情報提供をさらに強化致しました。かつ、この機械翻訳技術を利用し、顧客やパートナーに好評なTAC Webのe-Supportツール(英語)を日本語で提供を開始致しました。数あるe-Supportツールの中で、この度は、第一弾として、Cisco IOSのエラーメッセージの解説や、エラーメッセージにおける推奨対処法または参考資料を提示するツールであるError Message Decoder(エラーメッセージデコーダ)を日本語で提供しました。

 このシスコのe-Supportは、今まで障害等が発生した場合、シスコのエンジニアに連絡が入り、障害解析し、対処法検討し、顧客やパートナーに連絡するプロセスでした。これがWeb活用することにより短縮することができます。これにより、顧客やパートナーが、Self Studyのコンセプトで自らネットワーク障害を対応することによる障害対応が迅速化となります。

 今後は、日本では、グローバルで好評な英語のe-Supportツールを順次日本語で提供し、更なるサポートサービスの強化に努めて参ります。また、これらの日本語での情報提供の強化により、言語によるグルーバルとの技術格差をなくし、日本の技術者の育成に少しでも貢献できることもシスコとしては目指しております。

 これらのシスコの取組は、e-Commerce、SCM、E-LearningなどビジネスプロセスにおけるIT利用により効果を発揮しており、同様にサポートサービスにおいても、シスコ Customer Advocacy(CA)部門では、e-Supportの促進により、利便性がよく効率的なサービスの提供することを目指しております。
     

TAC Web Tools 内容
2600/3600/3700 Memory Calculator 右記のシスコ製品に関して、ハードウェア及びソフトウェア構成によって必要メモリを算出するツール
Voice Codec Bandwidth Calculator 様々なコーデックやVoiceプロトコルにおいて、各々使用される回線帯域を計算するツール
SNMP Object Navigator SNMPオブジェクト識別子(OID)からオブジェクト名への変換機能や、オブジェクト名とオブジェクトのDescriptionの検索、また、IOSバージョンにより、どのMIBをサポートしているかの等の情報を提供するツール
Product Alert Tool このツールに登録するとシスコ製品に関するリライアビリティやネットワークセキュリティに関する問題、製品販売終了等の最新情報をe-mailで通知するツール
IP Subnet Calculator サブネットやアドレスの設計をサポートするツール
Bitswapping Tool イーサネットのMACアドレスをトークンリングのMACアドレスに変換するツール
Output Interpreter Showコマンドの出力を解析し、トラブルシューティング情報を提供するツール(エラーメッセージの解説やクラッシュの原因分析結果もレポートします)
Command Lookup Tool Cisco IOS、Catalyst、PIXコマンドの説明をコマンドリファレンスやコンフィグレーションガイドから検索するツール
Case Open Tool シスコTACの技術支援要請をWebから申請するツール
TAC Case Collection ハードウェア、ソフトウェア、設定、パフォーマンス等、TACエンジニアがサポートしてきた様々な質問や問題について、症状や質問とそれに対するソリューション情報を提供するツール
Bug Toolkit ソフトウェアのバグの検索、情報閲覧、特定バグの調査・修正状況などの最新ステータスのトラッキングなどを提供するツール
Software Advisor Cisco IOS、CatOSに関して、使用するハードウェアや機能から最適なソフトウェアを選定するための情報を提供するツール
Software Center ソフトウェア製品のダウンロードやリリース情報を提供するツール
Product Upgrade Tool サービス契約を結ばれたお客様が、ソフトウェア、ハードウェアのアップグレードをリクエストするためのツール
Network Professional Connection  製品やテクノロジーに関する様々なフォーラムを通して、各技術分野のエキスパートへ質問をしたり、過去の質疑応答を通して技術情報を共有するツール

Customer Advocacy Japan TAC Web内容についての詳細は、以下のWebサイトをご参照ください。<http://www.cisco.com/jp/go/tac>

シスコシステムズ株式会社について
 シスコシステムズ株式会社は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダ米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。ルータ「Cisco」シリーズ、スイッチ「Catalyst」シリーズ等のハードウェアから、世界のデファクト・スタンダードとなっているネットワークOS「Cisco IOS」、IPテレフォニー、ワイヤレス、ストレージ、セキュリティ、ネットワークドホーム、オプティカル等アドバンスド・テクノロジー分野のソリューション・製品まで幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコシステムズは、企業・団体・組織の生産性向上をお手伝いするために、NVO(Networked Virtual Organization)を提唱しています。シスコシステムズ株式会社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp/>

*Cisco、Cisco IOS、Cisco Systems、CatalystおよびCisco Systemsのロゴマークは、米国およびその他の地域における、Cisco Systems Inc.及び関係会社の登録商標です。その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。