日本版 ニュースリリース

日立製作所とシスコシステムズがネットワーク運用管理分野で技術提携


株式会社 日立製作所
シスコシステムズ株式会社

日立製作所とシスコシステムズがネットワーク運用管理分野で技術提携

~ネットワーク構築・運用を容易にするJP1/CiscoWorks連携プログラムを開発~

June 25, 2003
No. 2003039



 株式会社 日立製作所(取締役社長:庄山悦彦 以下、日立)とシスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹 以下、シスコ)は、ネットワークの構築及び運用を容易にするため、日立の統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」とシスコのネットワーク管理ソフトウェア「CiscoWorks」との連携プログラムを共同で開発しました。
 また、日立は、共同開発した連携プログラムを「JP1/Cm2/Extended Management for Network Devices」として商品化し、6月27日から販売開始します。

 近年、eビジネスの進展や、e-Japan構想の具体化など、ネットワークはますます重要になり、かつ複雑・大規模化しています。この変革の中、サーバーシステムを含めたトータルなネットワーク管理システムの構築と、継続的で低コストな保守・運用の重要性が高まっています。

 「Cisco AVVID (Architecture for Voice, Video and Integrated Data) パートナー製品」である、「JP1」のネットワーク管理基盤「JP1/Cm2/Network Node Manager」を、日立とシスコは、シスコの実機環境において、「CiscoWorks」との動作の整合性と機能連携を既に検証しています。

 今回、両社は、シスコが蓄積した「CiscoWorks」の管理ノウハウを活かして、日立のネットワーク管理基盤「JP1/Cm2/Network Node Manager」上で動作するプログラムを共同開発しました。また、日立は、シスコのネットワーク関連機器の状態や障害を最適に管理できる本プログラムを「JP1/Cm2/Extended Management for Network Devices」として商品化します。これにより、ネットワークインテグレータ、システムインテグレータは、「JP1/Cm2/Extended Management for Network Devices」を適用することで、先進的かつ優れたネットワークの統合管理システムを、容易に短期間で構築できます。

「JP1/Cm2/Extended Management for Network Devices」の概要

-シスコ機器のHigh Availability機能の監視
 ミッションクリティカルなアプリケーションを安全に処理する「Catalyst6500」の特長的な機能で、複数レベルのネットワーク回復機能を監視し保守容易性を向上させます。

  • Spanning Tree Protocolのroot/topology状態の監視
  • Hot Standby Routing Protocolのactive/standby/init状態の監視
  • Catalyst6500搭載の二重化されたスーパーバイザモジュールの状態監視
  • 二重化電源の状態監視
-ネットワーク障害検知機能
 一般的に必要とされている障害監視機能を、「CiscoWorks」の監視属性値を持って最適な運用監視が可能です。  
  • Catalyst SwitchのPortリンク状態の監視(監視対象Portの自動選択)
  • Ethernet Channel Portのリンク状態の監視  
  • ブロードキャストストームの閾値監視(シスコ推奨の閾値)  
  • トラフィック使用率の閾値監視(シスコ推奨の閾値)  
  • 筐体、モジュールの異常終了・復旧の監視  

 日立は、幕張メッセ(日本コンベンションセンター)で7月2日~4日に行われるNetWorld+Interop 2003 TokyoのCisco AVVID Pavilionにて、「JP1/Cm2/Extended Management for Network Devices」を出展する予定です。

新製品の価格・出荷時期

製品名 標準価格 稼働環境 出荷時期
JP1/Cm2/Extended Management for Network Devices 50万円 Windows®2000、HP-UX、Solaris 2003年7月31日

商品名称等に関する表示

  • Cisco、Cisco Systems、およびCiscoロゴは米国およびその他の国におけるCisco Systems,Inc.の商標または登録商標です。
  • HP-UXは、米国Hewlett-Packard Companyのオペレーティングシステムの名称です。
  • Ethernetは、米国Xerox Corp.の商品名称です。
  • Solarisは、米国Sun Microsystems, Inc.の登録商標です。
  • Windowsは、米国およびその他の国における米国Microsoft Corporationの登録商標です。
  • Windows®の正式名称は、Microsoft® Windows® Operating Systemです。
  • その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

問い合わせ先

シスコシステムズ株式会社
パブリックリレーショングループ [担当:前田、松田、安孫子、石川、大沢]
電話 : 03-5549-6500
E-Mail : press-jp@cisco.com

報道関係問い合わせ先

シスコシステムズ株式会社
パブリックリレーショングループ [担当:前田、松田、安孫子、石川、大沢]
電話 : 03-5549-6500
E-Mail : press-jp@cisco.com