日本版 ニュースリリース

CTCとシスコ、LoronixのIPビデオ監視ソリューションで協業


伊藤忠テクノサイエンス株式会社
シスコシステムズ株式会社

CTCとシスコ、LoronixのIPビデオ監視ソリューションで協業

~ブロードバンド環境を活用した強固な監視セキュリティを実現~

June 24, 2003
No. 2003037



 伊藤忠テクノサイエンス株式会社(略称:CTC、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:後藤攻)とシスコシステムズ株式会社(略称:シスコ、本社:東京都港区、取締役社長:黒澤保樹)、米国Loronix社(ロロニクス、本社:コロラド州デュランゴ、社長:デビッド・レドウェル)は、IPネットワークによるビデオ監視ソリューション分野において、3社での協業をすることで合意しました。

 ソリューションとしては、重要施設内への不正侵入や店舗等での盗難防止といったセキュリティ対策の強化を図る金融機関、流通、運輸などのユーザに対して、Loronix社の「Loronix Video Managerシステム」とIPネットワーク技術を融合した最適なソリューションを提供する方針です。なお、「Loronix Video Managerシステム」および関連する周辺システムの販売やサービスを合わせたCTCの売上目標として、初年度10億円を目指します。

 「Loronix Video Managerシステム」は、監視カメラの管理・制御や異常を自動検知してアラート配信するソフトウェア群、監視カメラから取り込まれた映像のデジタル保管やシステム全体の管理を行うレコーダ⁄サーバ群、バックアップやアーカイブとして最大60テラバイトのデジタル映像データの長期保管や瞬時の検索を可能にするテープライブラリ、システム制御のための端末となるワークステーションによって構成されています。既に海外では、36ヶ国3,200箇所の監視拠点での導入実績を有しています。
 このシステムを中心に、ネットワークシステムやストレージシステムといった基盤システムを融合し、さらに基幹業務システムやモバイルシステムなどのエンタープライズシステムとの連携を可能にするのが、IPビデオ監視ソリューションです。

IPビデオ監視ソリューションの特長は以下の通りです。

  1. トータルソリューションを低価格、短期間で提供
     「Loronix Video Managerシステム」を中心に、IPネットワークシステムやストレージシステム、データベース、サーバ、さらに保守サポートといったサービスを統合したトータルソリューションとして一括で提供することが可能なため、低価格かつ短期間でのシステム構築を実現します。
     また、ブロードバンド環境が整備されたことにより、こうした大容量の映像データを瞬時に低コストで遠隔地に送信することが可能になりました。そのためユーザは運用コストを削減することが可能です。

  2. 各種インテリジェンス機能
     指定した範囲内の映像の変化を自動検知し、アラーム配信を行う「アクティビティ・ディテクション機能」、動いている人や物を自動追尾する「モーショントラック機能」、人や物に対し予め定義しておいた行動を自動検知する「ビヘイビアトラック機能」などのインテリジェンス機能を搭載しています。
     有人でのモニター監視の場合、人的コストの負担、誤認などの監視精度の問題がありました。「Loronix Video Managerシステム」では、これらの問題を解消することが可能です。

  3. 基盤システムとの連携が可能
     POSシステム等の業務システムやモバイル環境でのモニタリングを可能にするモバイルシステム、店舗内の顧客の導線分析を行うマーケティングシステムとの連携など、ユーザ毎に異なる様々なニーズに対応したエンタープライズソリューションを提供することが可能です。

 Loronix社と米国Cisco社は戦略パートナーとして、米国を始めとした他の国でも多くの分野にわたり実績があります。このように米国Cisco社は、IPネットワーク技術に「データ」「音声」「映像」などの付加価値を加えることによりソリューション展開の強化を図っています。
 一方CTCは、ブロードバンドを活用したソリューションの拡大を図っています。
 今回の協業は、こうした各社の戦略が合致したことにより実現しました。

<参考資料>

「Loronix Video Managerシステム」製品概要
 「Loronix Video Managerシステム」は、ソフトウェアとハードウェアの組み合わせで構成されており、撮影された映像のデジタル化、圧縮、記録、保管、管理を行います。また、各システムコンポーネントは、TCP⁄IPネットワークプロトコルで接続されています。システムの主なコンポーネントは以下の通りです。

  1. Loronix Video Managerソフトウェア
     ネットワークに接続された監視カメラを管理・制御するためのソフトウェアです。ライブで撮影されている映像や過去の監視映像の参照を行います。また、カメラの操作やアラート設定、映像検索なども行うことが可能です。

  2. レコーダ⁄サーバ
     レコーダは監視カメラが撮影した映像をデジタル化して保存します。また、指定した範囲内の映像の変化を自動検知するアクティビティ・ディテクション機能や動いている人あるいは物を自動追尾するモーショントラック機能、人あるいは物に対し予め定義した行動を自動検知するビヘイビアトラック機能といったインテリジェンス機能を搭載しています。

  3. テープライブラリ
     撮影した映像を自動的にテープに保存します。1テラバイトから最大60テラバイトまで収納することが可能です。このためバックアップ、アーカイブとして長期間保存し、かつ過去の映像を瞬時に検索することが可能です。

  4. ワークステーション(クライアント・ソフトウェア)
     システムの管理、ローカル⁄リモートからの映像の参照、システムのパフォーマンス監視、アラームの管理やカメラの制御を行います。

システム構成例

システム構成例

CTCのブロードバンド戦略における「Loronix Video Managerシステム」の位置付け
 CTCではブロードバンド戦略の第一フェーズとして、ネットワークインフラを利用したストリーミング配信ソリューションの提供を行ってまいりました。ストリーミング配信ソリューションでは、Real Networks、WindowsMedia、MPEG-2及びそれらを展開する際に不可欠なバックオフィスソリューションを提供し、今なお拡大を続けるマーケットに対応し続けています。今回、ブロードバンド戦略の第二フェーズとして、シスコとの協業によるIPネットワークを活用したIPビデオ監視ソリューションを市場に投入したことにより、ブロードバンドソリューションの一層のマーケット拡大を図ってまいります。

<CTCのブロードバンド戦略 ロードマップ> CTCのブロードバンド戦略 ロードマップ

シスコIPネットワークソリューション⁄マルチキャスト・セキュリティ・無線
 ブロードバンド化が進んだことにより「データ」「音声」「画像」「ストレージ」、これら4つの要素を統合する事が夢ではなく現実のものへと変わりつつあります。4つの独立したネットワークはIPデータ・ネットワーク上に統合されつつあるのです。音声は、VoIP技術によって、IPネットワーク上でパケットに変わろうとしています。
 IPビデオ技術は画像をPCやIPネットワーク上に取り込みます。ビデオ・オン・デマンド、会社イベント放送、ビデオ会議、そして今日何千社もの企業が利用するセキュリティ・カメラ・ビデオなどがあります。またiSCSIなどの技術によって、コンピュータシステムとストレージシステムは、その設置場所を問わずIPネットワーク上でつながるようになります。さらに、個々のネットワーク構築の必要性をなくすことによって、企業は多大なコスト削減とITインフラの簡素化を実現できるだけでなく、データや音声、画像など各種データの統合を可能にする新しいアプリケーションの世界が見えてくるのです。

<伊藤忠テクノサイエンス株式会社について>
 コンテンツ配信をはじめ様々なエンタープライズソリューションで豊富な実績を持つトータルソリューション・プロバイダです。米国を始めとする世界9ヶ国、約200社のIT先進企業との深いパートナーシップをもとにテレコム、金融、流通、製造といったあらゆる業種・業務のユーザ企業に最適なコンピュータシステムを提供します。
 システム導入後も、全国約80ヶ所のサポート拠点で、24時間365日対応の保守サービスが可能です。伊藤忠テクノサイエンス株式会社の詳細については<http://www.ctc-g.co.jp>をご覧ください。

<シスコシステムズ株式会社について>
 インターネット⁄イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダ米国Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。1992年に設立されました。シスコはネットワークの「エンド・ツー・エンド」の製品を提供しており、ルータ「Cisco」シリーズ、LANスイッチ「Catalyst」をはじめ、ATM、フレーム・リレー等のハードウェアから、世界のデファクトスタンダードとなっているルータ制御用ソフトウェア「Cisco IOS」やネットワーク新技術「VoIP」等を、幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコシステムズ株式会社の詳細については<http://www.cisco.com/jp/>をご覧ください。

<Loronix, Inc.について>

設立: 1987年
従業員数: 240人
President & CEO: David Ledwell
所在地: 820 Airport Road Durango, Colorado 81301, USA

Loronix社は、ネットワーク・デジタルビデオ管理システムにおいて36ヶ国以上に展開するリーディングカンパニーです。Loronixのソリューションは、キャプチャ、デジタイズ、圧縮、そして大量のデジタルビデオの保管を実現し、TCOの削減、ビデオの管理・制御を可能にします。詳細については、<http://www.loronix.com/>をご参照ください。